フォルスクラブのサポートサービスと同じことをしている企業を探せ

フォルスクラブのサポートサービスは便利ですよね。
電話一本で、日常のあらゆるトラブルを解決してくれます。
では、こうしたサービスと似たようなことをしている企業は
他にあるのでしょうか?
むしろありすぎて紹介しきれないと言えそうです。

会社の業種:ガス会社
会社名:東京ガス
サービス名:生活まわり駆けつけサービス
料金:月額423円(条件により無料)

フォルスクラブのサポートサービスと同様、窓ガラスの破損、
紛失した鍵の開錠、水回りのトラブルを解決します。
そして、出張費と30分以内の作業費が無料となり、
特殊作業代と交換費は有償となります。
ちなみにフォルスクラブは1時間まで無料です。
条件次第で無料になりますが、
電気契約もしないといけませんので、ちょっと面倒です。

会社の業種:不動産会社
会社名:相鉄不動産販売
サービス名:くらしーど24
料金:無料(ただし1年間のみ)

こちらもフォルスクラブと同様、水回り、鍵、電気設備、
ガス、ガラスなどのトラブルを解決します。
加えて、自転車のパンク、室内の扉の調整、手話通訳、
外国語のサポート(タイ語も可能)まで対応します。
なお正確には、このサービスを提供しているのは
シード・コーポレーションで、
相鉄不動産販売はそこと提携しているカタチになります。

会社の業種:なんでも屋
会社名:お助け本舗
サービス名:特になし
料金:作業内容により異なる(作業費1スタッフ1時間に付き3,240円+
出張費1スタッフ2,160円+別途費用)

なんでも屋も比較検討してみましょう。
お掃除、庭掃除、エアコンの取り外し、インターネットの接続、
子どもの夏休みの自由研究を手伝って欲しいなどなど、
その名の通りなんでもやります。
フォルスクラブに出来ないことも、
こちらでは何でも対応してくれますが、費用の高さがネックとなります。

会社の業種:なんでも屋(水道トラブル限定)
会社名:水のトラブルサポートセンター
サービス名:特になし
料金:5,000~8,000円くらい
(特殊作業は1万5,000円ほど掛かることもある)

トイレ、キッチン、お風呂場、洗面所など、
各種水道トラブルに対応します。
ただしこれくらい全てフォルスクラブで可能です。
上記料金は出張費・技術料を含めた値段になりますので、
フォルスクラブに依頼すれば、
0~3,000円くらいで水道トラブルを解決してくれますよ。

イーラーニング研究所の学ログで分かること

学校の口コミサイトは多いです。
グーグルで「学校 口コミ」と入力すると、
244件ものサイトが見つかります。
半数近くは口コミでも何でもないサイトがヒットするため、
実際は100ちょいしか口コミサイトが見つからないのが実情です。
そしてその100ちょいでも、
日本に存在する全ての口コミサイトを紹介しきれていないのです。
ネット検索というものは、そこまで万能ではないのです。

イーラーニング研究所も学校の口コミサイトを作っています。
ただし「学校 口コミ」というキーワードでは、
検索結果として表示されることはありません。
「クチコミ」にしても同じです。
「学ログ」という固有名称でないと、
イーラーニング研究所の学校の口コミサイトは見つからないのです。
なお、「学ログ」と入力したら、
検索結果の上位5つはイーラーニング研究所の
サイト関係が占めています。
(6~8番目は、弱虫ペダルのpixivでした)

学校関係の口コミサイトですが、
比較することだけは出来ないと筆者は考えています。
そもそも比較するには、2つ以上を体験しないといけません。
転校でもしない限り、
2つ以上の学校を経験することは出来ないでしょう。
それゆえ、こうした口コミサイトで表示されている☆ランクは
全くと言っていいほど意味がありません。
その代わり、事実を淡々と語っているものは非常に役に立ちます。
「授業参観の時に、プロジェクターを使っていた」という情報は
かなり有益だと思いますよ。
駅から近いとか、通学時間帯の車の交通量とか、
裏道があるとかも分かるかもしれません。

これから自分、およびご自身のお子さんが通う
学校の情報が知りたい方は、
イーラーニング研究所の学ログを眺めてみるのはいかがでしょうか?

イーラーニング研究所のスマホ学習資格講座の収入源

イーラーニング研究所のスマホ学習資格講座の収入源は
どうなっているのでしょうか?
こちらもイグモンと同様に基本プレイ無料になっていますが、
こちらは課金要素がありません。
基本プレイ無料どころか、完全無料な学習アプリになります。

イーラーニング研究所は企業である以上、
何かしらの金儲けをしないといけません。
スマホで学べる資格対策講座は完全無料ですが、
どこかにお金儲けのシステムが隠れている筈です。
推測ですが、筆者が考えるに、
広告をそのアプリに載せている可能性が高いです。

広告ですが、あからさまに商品を宣伝することはありません。
例えばヤフーを見ると、右側あたりに何かしらの広告が出ますよね。
筆者だと、良く見ているサイトの影響で、
塾などの教育系のものが表示されます。
ただしイーラーニング研究所はそうしたものをしていないと思います。

その根拠ですが、2016年10月5日の
イーラーニング研究所のニュースにて、
求人サイトとの連携を始めたと記載されていました。
つまり、資格対策講座でその資格の勉強をすると、
「この資格があれば、以下の企業に就職できます」
と教えてくれるというものです。
そしてイーラーニング研究所は広告料として、
その求人サイトや紹介する企業からお金を貰っているのだと、
筆者は推測します。

今回、割と推測で記事を書いて、
「普通にインストールすれば分かるだろ」ということですが、
筆者のスマホはイグモンで既に容量がいっぱいいっぱいで
資格対策講座を新たにインストールすることが出来ません。
既に95%くらい埋まっていて、
ツイッターの更新すら出来ないくらい筆者のスマホは
アプリゲームだらけなのです。
イーラーニング研究所の新しいアプリをするには、
タブレットか何かを購入する必要があると言えます。