イーラーニング研究所のイグモンの維持費について

筆者はイーラーニング研究所のイグモンのアクティブプレイヤーです。
週に通算で1時間くらいしかプレイしていませんが、
それでも毎日欠かさずログインしています。
ログインボーナス欲しさに、
アプリをインストールしてからずっとログインし続けています。
ところでこのイーラーニング研究所のイグモンの維持費は
どうなっているのでしょうか?
筆者はこれがスゴク気になっています。

このアプリは、基本プレイ無料の課金制のゲームです。
筆者はプレイしたことがありませんが、
艦これやパズドラみたいな課金システムだと思います。
お金を払ってガチャを回して、強力なモンスターを獲得すると思います。
あと、APを回復するのにもリアルマネーが関わると思います。
イーラーニング研究所のイグモンも同様に、
知恵のかけらを購入してガチャを回し、
かつAPの回復や全滅からの復帰にも、知恵のかけらを消費します。
その代わり、自然回復でもAPは貯まりますし、
知恵のかけらはログインボーナスおよび、
ゲーム中のミッションをクリアすると貰えます。
他の課金ゲームでも同様に、
そうやって無課金でも楽しめる工夫が備わっているのだと思います。

さて、一番気になることとして、
イーラーニング研究所のイグモンに課金する人は居るのでしょうか?
課金する人が居ないということは、
マンションで言ったら空室状態に近いと言えます。
こんな状態で不動産経営は果たして出来るものなのでしょうか?

とりあえず、リフォームをそんなにしなければ、
マンションが空室状態でも維持できるかもしれません。
具体的には、既存で提供しているシステムを
放置するといったやり方です。
もっと言えば、季節のイベントを一切やらずに、
今の完成された状態のまま提供し続けるというものです。
むしろ、普通の市販されているゲームはすべてこういうやり方です。
スマホゲームは、更新が容易なのが魅力ですが、
無理して新しくする必要はないのです。
英語という言語は十数年経つ程度では変わるものではありません。
その気になれば、イーラーニング研究所のイグモンは
数十年このままでも大丈夫ということになります。

とは言うものの、イーラーニング研究所のイグモンのサーバーを
存在させるだけでもお金は掛かりますので、
やはり赤字状態が続いているのかもしれません。
それとも筆者が無課金なだけで、
実はそれなりに課金しているプレイヤーが居るのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です