ねずみとフォルスクラブの人気を比較

日本人は今も昔もねずみを人気者として扱っています。
干支でもねずみは人気ナンバーワンです。
10万ボルトが得意な黄色い電気ねずみや、
千葉県にある夢の国など、ねずみの人気は留まることを知りません。
ではそうしたものはフォルスクラブよりも人気なのでしょうか。
今回はそのあたりを徹底検証したいと思います。

まず、黄色い電気ねずみの人気は世界レベルです。
8月の中旬に横浜みなとみらいエリアで、それが大量発生しました。
どれほどの人たちが集まったか分かりませんが、
昨年は142万人集まり、前年を上回る人々が集ったと言われています。
集まりすぎて、苦情も殺到したほどです。
来年は首都圏で分散して開催して欲しいという声もあります。
では、フォルスクラブの会員数はどれくらいなのでしょうか?
142万人もプレイヤーはいるのでしょうか?
このあたりの正確な情報は会社側でないと分からないでしょう。

千葉県にある夢の国の人気も見てみましょう。
ここの年間来場者数は、昨年は3000万4000人でした。
下4桁はともかく、かなりキリが良い数字ですね。
ただしこの人数にはリピーターも居る筈です。
1日あたり8万人ちょいの方がココを訪れているようです。
フォルスクラブも1日あたりの利用者数なら
8万人に手が届くと思われます。
ネットワーク上を主戦場にすれば、
フォルスクラブも夢の国に勝てるかもしれませんね。

もちろん、ほかにもねずみは到るところで人気です。
ハムスターをペットとして飼っている方はかなり居ると思われます。
流石に統計データは見つかりませんでしたが、
犬、猫、うさぎ、インコに次ぐ人気のペットの筈です。
フェレットやチンチラも人気ですよね。
ペットとして飼う事はできませんが、
ねずみ目最大の大きさを誇るカピバラも動物園で人気です。
厳密には飼えますが、飼育が大変なのでやめた方が良いです。
通販のお値段は70万円くらいになります。
日本全国にある動物園やペットショップの来場者数と比較したら、
フォルスクラブでは太刀打ちできないかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です