フォルスクラブタブレットでマルチタッチの練習をしよう

パソコンのキーボード入力をする際に
ほとんどの人は両手で打ち込むと思います。
指一本で打ち込んでいたら
通常の5~10倍以上全て打ち込むのに時間が掛かり、
到底仕事どころではなくなってしまいます。
ただ、スマートフォンやタブレットとなると
指一本で入力するという人は、
多いのではないでしょうか?
外付けのキーワードを使用しているのであれば
パソコンと同様に
両手で打ち込むかと思いますが、
そうでないと両手で打ち込むことは極めて稀だと思います。
スマホは画面が小さいのでそもそも両手打ちは難しく、
タブレット端末は速度が追い付かずに結局のところ
指一本で打ち込むことになります。
(タブレットの性能が高ければサクサク進みますが)

 

シングルタッチ、いわゆる、指一本でタイピングする利点は、
打ち間違えが少ないということが挙げられます。
単に時間を掛けているからかもしれませんが、
入力する文字によっては
非常に打ち間違いやすいものがあるのです。
そのひとつがフォルスクラブです。
私のパソコン歴は長いのですが、
どうしてもたびたび「フォルスクブラ」と
打ち間違えてしまいます。
「ふぉるすkらぶ」というのも多いですが、
これは一目で気付くので分かりやすいです。

 

フォルスクラブタブレットは
マルチタッチが可能な程に性能が高く作られているので、
キーボード操作する場合は
非常に打ち間違えが多くなると思います。
ちょっと設定をいじる必要はありますが、
タブレットだってキーボードモードにすることは可能です。
普通のパソコンのキーボード操作に慣れていますと、
タブレットで触る感覚に慣れていなく、
度々打ち間違いをしてしまうと思います。
仮に、フォルスクラブタブレットが
マルチタッチに対応していなかったら、
スムーズなタイピングが反応しなくなり、
指一本(もしくはタッチペン)で操作することになりますので、
打ち間違えはある程度防げると思います。
ただし、その分時間が掛かるということなので、
あまり解決しているとは言えません。

 

タイプミスを防ぐには、慣れしかありません。
フォルスクラブタブレットでマルチタッチ操作に慣れるしか、
方法はありません。
そもそも、パソコンのキーボードは共通規格ではありません。
メーカーによって、
CtrlやFnのボタンのサイズが違うことは多々あります。
会社で普通にタイピングが出来ても、
家でのパソコンでは上手く操作できないことは多々あります。
肌触りや、ボタンを押す強度も異なり、なかなか手ごわいです。
タブレットでしたら、肌触りや強度はどれも共通なので、
フォルスクラブタブレットでマルチタッチに慣れていれば、
どのタブレットでもスムーズに
操作できるようになるかもしれませんよ。

 

ちょっと余談ですが、タブレットやスマホに初めて触る方は、
どれくらいの強さや指面積で
触ればいいか分からないと思います。
うちの母がスマホをタンタンと叩いていて(触るですらない)、
「これ動かないんだけど」とよく騒いでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です