イーラーニング研究所が詐欺ではないこれだけの事実

 

イーラーニング研究所の役割は、教育を提供し人間を成長させること
その国の発展は、教育のレベルによって大きく変わってくるところです。例えば日本が明治維新後に大きく発展したのは、江戸時代から庶民を寺小屋で教育させているからにほかなりません。当時の子供でも、今の高校生が行うような数学の内容まで学習していたとの資料がありました。このことからもわかるように、その国の発展は教育のインフラを整えるかどうかで変わってくることになります。個人単位で見た時には、教育がしっかりほどこされた子供はそれなりに裕福になっており、貧困を味わうことは基本的ありません。そこに目を付けたイーラーニング研究所は、国の発展と人々の成長を願いインターネットを通じて教育を提供するにいたります。

 


イーラーニング研究所が、着々と台頭してきた理由とは何か
イーラーニング研究所は、単に教育教材を販売している会社ではありません。また、従来からある予備校や学習塾とも少し形が異なりなります。イーラーニング研究所の一番の特徴は、インターネットを通じて教育多くの人に広めることです。一昔前は、パソコンを購入するのに20万円以上かかりましたので、一家に一台パソコンがあるわけではありませんでした。ところが学校教育自体もパソコンを積極的に導入し、パソコンそのものの金額も安くなってきたことから、今や一家に1台どころか2台所有している家も少なくありません。そこに注目したイーラーニング研究所は、多くの人たちにインターネットを通じて勉強してもらおうと、設備を整えてきました。うまく時代の波に乗ることができて、今やインターネットの教育はイーラーニング研究所をなしに語ることができないほどになっています。ですが、知名度が高くなっていくと、その分あらぬうわさがインターネットを通じて飛び交っていきます。その一つが、イーラーニング研究所は詐欺ではないかと言う物です。

 


そもそも、詐欺とはどのような行為のことを言うのか知っておこう
安易に詐欺といいますが、詐欺は刑法の中で規定されている犯罪の一つになっています。よく間違えて使いやすいのは、希望にそわない結果が出たから、これは詐欺なのではないかと言うものです。例えば、インターネットの教育で成績が伸びるのではないかと期待していた学生が、実際に勉強してみて成績が伸びない場合に詐欺だったと言うようなことがあります。実際の詐欺とは、提供している商品やサービスを利用しだけども結果が出ないことではなく、詐害行為が必要になります。つまり、業者側が相手をだます意図を持ち、お金を支払わせてだます行為が必要です。

 


イーラーニング研究所は、詐欺ではない理由
この点についてイーラーニング研究所を見ても、確かに学習をした希望している成績をとることができないこともありますが、これはどの教育においても同じです。イーラーニング研究所でも十分なフォローを行っていますが、成績保証などをしているわけではありませんので使う人の能力の問題でどのように伸ばすかが変わってきます。そもそも学習した成果が出なかったことに対して詐欺と認定してしまえば、教育業界全体が斜陽になってしまうでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です