マルチな活躍の福士蒼汰がフォルスクラブを紹介

デビューしてすぐに仮面ライダーシリーズの「仮面ライダーフォーゼ」に出演し、数多くの女性を魅了してきた福士蒼汰さんですが、その後もドラマにバラエティーにとマルチな活躍を続けています。そんな福士蒼汰のマルチな才能を物語るのは特技が英会話であると言うこと。第9回ローマ国際映画祭では英語スピーチを疲労しているほどのレベルです。そんなマルチタレントの横顔を持つ福士蒼汰さんは、フォルスクラブのイメージキャラクターに就任されています。そこで今回は福士蒼汰さんにフォルスクラブの幼児向けコンテンツを御紹介して頂きましょう。


●福士蒼汰も驚く、フォルスクラブの繰り返すフィードバック方式で、マルチな分野を開花させることが出来る
フォルスクラブでは徹底的に繰り返すことが重視されています。僕、福士蒼汰も英検2級を持っているのですが、苦手な部分は繰り返すほか無いので、この方法は的を射ていると言えるでしょう。各単元ごとに確実に理解を積み上げながら、学習を進めるので、理解が不十分なまま積み残すと言うことが無いように配慮されてるのは感銘を受けるところです。いくら先を急いでもダメで、自分の立ち居地を確認しながら歩みを進めると言うのは、勉強でも俳優業でも変わらない部分があります。このあたりは自分で気付くほか無いのですが、年端も行かない子供さんにそれを求めるのは無理でしょう。自分のペースで学習を継続できるので、飽きを覚えたり無理を品印象が無いのでモチベーションを維持できるのも魅力的です。僕自身はマルチなタレントとの自覚はありませんが、結局は小さな努力の積み重ねが、数年先に開花するものです。


●マルチな才能を伸ばすには、ステップアップとステップダウン方式が大切と、福士蒼汰も納得の学習法
繰り返し学習しても自ずと、記憶力には限界があるものです。ある程度学習が進んでからでは、どこで躓いたのか分からなくなることも珍しくないのです。勉強では先を向くだけではなく、時には振り返る姿勢も必要です。そこでフォルスクラブでは単元や学年をまたいで勉強する分野を、学習しなおすことが出来るそうです。これは僕も裨益されること頻りで、時にはこれまでの自分の歩みを見直すことも大切だ考えています。


●自分の学習履歴を自ら確認できる
フォルクスクラブではこれまでの学習履歴を確認できるシステムを採用しているそうです。幅広い分野を勉強することになっても、苦手分野を確認できればマルチに成績のボトムアップを実現することが出来そうです。苦手科目をあぶりだせるのは大きなポイントといえるでしょう。


●重点的に苦手分野も克服することで、マルチな領域でより可能性を高まる
苦手な分野をなくしていくことはとても重要なことで、難題を解決する力を日々の学習のなかで身につけることは将来必ず役立ちます。僕も俳優福士蒼汰として芸の幅を広げる為には、敢えて新たなジャンルや苦手なテイストの作品からも逃げないことを心がけています。フォルスクラブの幼児向けコンテンツで、お子様のマルチな才能を開花させて上げて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です