フォルスクラブはねずみ講ではありません

●フォルスクラブはなぜ、ねずみ講の噂がちらほらするのだろうか
フォルスクラブはインターネットを舞台に小中高生向けの受験や学力向上を目的にした動画を中心にしたコンテンツを提供している会社です。会員になると勧誘しなければならないとの誤解が生まれてしまい、いまだにねずみ講ではないかとの根拠のない噂が流れているようです。ねずみ講とは無限連鎖講との呼び名もあり、会員を増やすことに階層上部に上納金が納入される形状の組織で、破綻が必然で上位メンバーだけが収益を集めることが出来るに過ぎないため法律上禁止されています。この点、フォルスクラブは殿年代の人々にも適合した内容をコンテンツ提供しているので家族単位で入会することが珍しくありません。もちろん実際に利用した人がメリットの高さに他の人に勧めることはありますが、別に勧誘義務を負っているわけではないのです。事実上驚異的なスペースでメンバーが増えているので、ねずみ講の噂がたちましたが、結局根拠のないことがお分かりいただけたことでしょう。


●ねずみ講とは対極の位置にあるフォルスクラブのコンテンツ
フォルスクラブを利用の中心層は、中高生などの受験勉強を控えた年代です。受験では知識を駆使して問題を解く姿勢が求められるので、暗記の重要性が高いのは事実です。現場で思考を要求される問題であっても、それを解くための基礎的知識は覚えるほか無いからです。問題を特にあたって当然の前提となっている知識は暗記するほかありません。このような時に有効なのは繰り返し学習です。フォルスクラブはいつでも苦手な科目も繰り返し学習できるので、自分のペースで理解できるまで学習することが可能です。理解できた知識は意識せずとも活用できるので、応用問題にもとり組む意欲も生まれます。この点も人気をあつめる理由と言えます。


●フォルスクラブが苦手な英語の会話やリスニングにも時間をかけることが出来る
日本人の実践的英語力の貧困さが叫ばれて久しいですが、受験面でもこの点の問題意識されていて、リスニングや英会話の問題が出題されるのがデフォルトになってきました。フォルスクラブではスマートフォンで英語のコンテンツを利用できますが、苦手意識を持ちやすいリスニングも繰り返し学習をいつでも行えます。リスニングは慣れが大事なので日常的に繰り返すことの有用性が高いのは間違いないでしょう。ねずみ講とみまがうばかりにメンバーが増えているのは、昨今の受験事情の変化を反映しているとも考えられるのです。


●ねずみ講に見間違えるほどの勢いで、普及が進むフォルスクラブの人気の理由
フォルスクラブ代表の吉田社長は、都市部と地方との教育環境の不平等を正し、教育機会の均等を実現するために、全国レベルでも先駆けてeラーニングを学習方法に導入した実績を持っています。地方在住では情報格差や交通アクセスなど個人の才能では埋められない差が存在しています。このような現在日本が抱える問題に切り込んだ教育スタイルを現実に構築したので、ねずみ講に勘違いされるほどの勢いを見せているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です