フォルスクラブとマルチとでは何が違うのか

フォルスクラブは何をしているところなのか?
フォルスクラブはインターネットを利用して資格の教材などのサービスを提供している会社です。ですから、最近のビジネススタイルになっているという事が言えるのかもしれません。既存の書籍などによる教材販売では無いので、ネット配信というようなサービスをイメージすると分かりやすいかもしれません。資格だけではなく、様々な教育関係の情報も発信しているので、これからさらに成長していく事も考えられる会社という事になるでしょう。

 

 

マルチはどんな事をするのか?
その一方でマルチと言うのは、特に決まった商品やサービスがあるわけではなく、連鎖販売で商品やサービスを売りつけるという事をマルチと呼んでいる事が多いという事が言えます。マルチというと違法な販売行為と考えている人も少なくはありませんが、マルチそのものは違法でも何でもありません。連鎖販売というような言葉もありますが、別に組織で連鎖させて商品やサービスを販売するという事は日本は元より世界中で行われている一般的な販売方法といって良いでしょう。ほとんどの人がイメージしているマルチは会員が自分の下に会員を作って無理やりノルマなどを作って強制的に販売させているというような事をイメージしていますが、そのような事をいうわけではありません。

 

 

フォルスクラブはマルチ商法なのか?
フォルスクラブはマルチ商法はしていません。マルチというものとは全く違う普通のビジネススタイルだといってもいいかもしれません。インターネットでサービスを利用する会員を募集して、サービスを利用する場合には会員になってから利用するというだけの事ですから、至極全うで最近ではよくある方法という事も言えるでしょう。マルチは会員が会員を勧誘するという事が行われることが多いので、こうしたものとは違うという事が言えます。

 

 

フォルスクラブは何故マルチと間違われることが多いのか?
これは勘違いをしている人が多いからという事が考えられる。日本はマルチと言うと悪いビジネスだというイメージが出来上がっていて、これはマルチ商法で過去にとんでもない詐欺を働いた会社があったという過去があるからだと考えられます。この場合でも詐欺が一番問題なのですが、その時の報道でマルチ商法が悪徳商法のような言い方がなされてたので、これが違法でとんでもないビジネスだという認識が出来てしまったという事が考えられます。フォルスクラブは会員制をとっているので、この会員制という言葉を聞いた瞬間にマルチをイメージしてしまうという事があるのかもしれません。ですから、フォルスクラブは過去の悪い会社せいでこうした悪徳商法と間違えられやすいという事になっていると考えられます。フォルスクラブ自体のビジネスは特に何も問題はなくて、むしろこれからのスタンダードになるかもしれない新しいビジネススタイルだという事が言えるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です