口コミに挙がっているeラーニングの問題点をフォルスクラブは改善しないといけない

今、eラーニングを手掛ける企業の多くが、社会人を対象にサービスを展開しています。

その理由は、社会人は時間に追われているため、塾に通うことが難しいからです。

毎日、就業時間に仕事が終わるとは限らず、休日に仕事が急にやってくることもあります。

仮に、塾や電車が24時間利用できるのでしたら、大人も塾に通って勉強することが可能ですが、塾や交通機関の経営的にそれは無理な相談だと言えます。

 

eラーニングはいつでもどこでも出来るものとして人気を得ていますが、そのメリットが逆にデメリットになることもあります。

時間が自由になりすぎると、「明日でいいや」とサボる方がいるため、効率良く学ぶことが出来ないとされています。

口コミによると、8割の方がeラーニングで勉強できなかったと言われています。

口コミによる統計なので、日本国全体の統計ではありませんが、eラーニングは今の日本人には合わない勉強スタイルなのかもしれません。

 

eラーニングを手掛ける多くの企業が社会人を対象としている中、株式会社イー・ラーニング研究所が提供しているフォルスクラブは、児童や学生も対象にしています。

その理由はいくつかありますが、ひとつは教育費用にあると言えます。

少子化が進んでいるとはいえ、兄弟姉妹が多い家庭は決して少なくありません。

それぞれに平等に教育を課すとなると、教育費は非常に膨大な額になります。

塾に行かせたり、家庭教師を雇うとなると尚更です。

口コミでも、大変だという意見を多数目にします。

それに対し、フォルスクラブは家族が多くても、均一の料金で全員利用することが出来ます。

最大で5人までですが、兄弟姉妹の多い家庭には、フォルスクラブは最適だと思います。

 

ただし、どんなに安かろうとも、本人にやる気が無ければ意味はありません。

子供に勉強道具を与えても、それで勉強するかは本人次第です。

家族全員に提供するフォルスクラブですが、今後の課題は、それで全員がきちんとやってくれるような仕組みを考えることかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です