フォルスクラブの株を買うことができない理由

【フォルスクラブはそもそもサービスの名前】

フォルスクラブの株を買いたいと思っても、これは無理なことです。
なぜ、無理なのかというとフォルスクラブはそもそも会社組織ではなくサービス名ですから、株の概念が存在しないのです。
サービスを提供している会社の株を買うことはできたとしても、サービス自体には株も何も存在をしていないのでフォルスクラブの株を買うことはできません。
フォルスクラブという名前を聞くと、サッカークラブのように何かしらの組織のように思えますからそのような名前の会社が存在をしていて株を買うことができるのではと思ってしまうものですが、あくまでもサービスの名前であり会社のような組織はないので買うことができないのです。

【運営している会社の株は買えるか】

フォルスクラブの株を買うことはできなくても、運営をしている会社の株であれば買うことができるのかと考える人もいるのではないでしょうか。
しかし、これも現実的には難しいものとなってしまいます。
なぜなら、フォルスクラブを運営しているイーラーニング研究所は株式市場で取引をされていないので、気軽に購入をすることができません。“株”式会社イーラーニング研究所ですが、その株は未公開株なのです。
市場で公開をされている銘柄は、売り手も買い手も簡単に見つけることができるので自由に売買をすることができますが、 イーラーニング研究所のように公開されていない銘柄ではそれができません。
それでも欲しければ売ってくれる人を探して、直接売ってもらうしか方法はないのです。

【売ってくれる人を見つけるのは難しい】

フォルスクラブの仕組みに興味を持った資本家が運営である、イーラーニング研究所に投資をしたいと持ちかければそれはそこまで話が難しくないと言えます。
ところが一般人が投資をしたいと思ったからといって、株を売ってくれる可能性は極めて低いと考えられます。
個人であってもある程度まとまった金額を投資するのであればともかくとして、会社の経営に影響が出ない程度の金額であればまず売ってもらうことはできないでしょう。
また、影響が出るほどの金額だとそれはそれで経営に支障が出るので、やはり売ってもらうことができない可能性が高く、イーラーニング研究所の株を買うのは売ってくれる人を見つけることが極めて困難であるため非現実的なことになります。

【買うことができても売れない】

フォルスクラブに魅力を感じてイーラーニング研究所の株を買いたいと思い、買うことができるところまで行ったとしても、次の問題は売ることができないところです。
市場で公開をされていない銘柄は売りたいと思っても、買ってくれる人を自ら探して見つけて売るしかありません。
簡単に売買をすることができない株を欲しい人を探すのは売ってくれる人を見つけることぐらいに難しいものですから、買うことができても今度は売るのに苦労をしてしまうことになります。
一生持ち続けるつもりであればともかく、いざとなった時に換金ができない株の価値は低いので、そのような面からもフォルスクラブの株は買えないと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です