上場企業の社員を目指してフォルスクラブを使ってお勉強

上場企業をはじめとする、就活の足きりラインのひとつにコミュニケーション能力というのがあります。

一次面接ではこの会話能力を見ていると言っても過言ではありません。

二次面接や社長面接では、会社に対する想いや努力のポイント、保持している資格などを見ていると思います。

上場企業でしたら、自社の株の動向についても訊かれるかもしれませんね。

とりあえず、体育会系の運動部で汗を流していたら、コミュニケーション能力は普通に鍛えられますよ。

 

問題は保持している資格にあると言えます。

想いや努力のポイントは一朝一夕でいくらでも誤魔化すことが可能ですが、資格に関してはどうしようもありません。

行政書士やFP2級と言った資格は一週間やそこら勉強しただけでは取ることが出来ないほど難解です

数ヶ月前からこれらの資格取得のために準備した方が良いと言えます。

 

そうした資格の勉強が出来るとフォルスクラブは人気です。

評判の資格を手に入れれば、上場企業の就活対策もバッチシだと言えます。

またフォルスクラブは英語の勉強に最適です。

上場企業の就活でも、英語技能はかなり審査のポイントになると思います。

トイック900点オーバーでしたら、自信を持ってアピールしても大丈夫です。

800点程度でしたら、上場企業ではちょっと力不足かもしれませんね。

 

フォルスクラブでしっかりと英語の勉強をすれば、トイックでかなり良い点を取れると思いますよ。

フォルスクラブは、単語をひたすら覚えるためのアプリから、ノベルゲームのように読み進めていくもの、ホームドラマを観るもの、実践的な問題を解くものまで、多種多様に揃っています。

色々な方法で英語を学べるため、飽きずにフォルスクラブをプレイすることが可能です。

 

就活に向けて準備した方が良い項目はたくさんあります。

ひとつの企業に入るなら、出来れば3年以上は時間を掛けたいところです。

就活の解禁日を政府は発表していますが、情報収集や資格取得に関しては大学に入った頃からスタートした方が良いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です