電気がないとフォルスクラブも仮想通貨もできない?

フォルスクラブはオンライン学習講座ですので、電気がなくなったらフォルスクラブもできなくなります。電気がなくなったら、フォルスクラブにおいて2つの問題が起きます。インターネットが繋がらないというのが1つです。インターネットは電子の回線ですので、世界から電気が消えたら回線は繋がらなくなります。もう1つ、パソコンの電源が入らないという問題もあります。 スマートフォンも充電できなくなりますよね。仮想通貨には紙のウォレットがありますので、仮想通貨の保管では問題ありません。しかし、送金はオンラインでなければならないので、仮想通貨を取引したり送金したりすることはできないです。

フォルスクラブのほうは被害が小さくてすむ?

電気がなくなっても、フォルスクラブはあまり被害はありません。フォルスクラブの入会金1万円、月額料金6千円がもったいないというだけです。フォルスクラブは信頼がある企業が運営しているので、後で返金などしてくれる可能性も高いです。仮想通貨のほうは大きな被害が出るかもしれません。保有していた仮想通貨の金額が小さいなら、それほどの被害ではありませんが、大金を保有していたら大変なことになります。例えば、1億円分のビットコインを持っていたら、それが使えなくなるので大きな損失です。電気が復活したらまた使えるようになりますが、一生電気が復活しなかったら価値がゼロになってしまいます。

もしも世界がそんなふうになったら、どうやって生きていけばいい?

もしも世界から電気が失われたら、夜は寝るしかなくなるかもしれません。明るい昼だけに人は活動するようになるでしょう。夜でも部屋で暗い中、一人で筋トレをすることくらいはできます。人によっては「電気がないことで健康的になれた」などと前向きに考えられるかもしれません。多額の仮想通貨を保有していた人はしばらくはショックで立ち直れないでしょう。でも、銀行口座も電気がないと金が引き出せないですよね。ATMからお金を引き出すこともできなくなります。ネットバンクはその名の通りネットでの取引がメインなので、ネットバンクに預けていたお金は引き出せなくなる可能性が高いです。

電気が世界から消えたら明日の命すら危ういのか?

世界から電気が消えたとき、一番怖いのは人かもしれません。1億円分の仮想通貨を持っていたのに、価値がゼロになった人は、パニックになって犯罪に走る可能性があります。ネットバンクに10億円を預けていたのに、その記録が消えた人なども同様です。予測していなかったことが起きると、人はパニックになってなにをするかわからなくなります。暴動が起きて、犯罪が多発するようになり、明日の命も危ういですね。そう考えると、電気のありがたみがよくわかります。フォルスクラブも仮想通貨もできなくなる人生というタイトルでしたが、命すら危ういという結論になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です