イーラーニング研究所はタブレットを配る

様々な社会貢献活動を行っているイーラーニング研究所。

様々な児童福祉施設や教育機関に無料でタブレットを配る活動を2008年から続けています。

自社製造のタブレットなので、使い心地は保証済みです。

1個5万円相当のタブレットを、ひとつの施設に対して大体3つくらい配っていると思います。

 

2008年からイーラーニング研究所はこの活動を続けており、しかも月に3回もやる盛況っぷりです。

正直、そんなに5万円相当のタブレットを配って、予算の方は大丈夫なのでしょうか。

他のところで稼いでいるから、大丈夫なのかもしれませんね。

 

そのタブレットの特徴ですが、オリジナル教育コンテンツが20種類以上備わっています。

色々なアプリが揃っていますので、飽きずに学べますね。

もちろん、別なことに使っても大丈夫です。

ネットサーフィンとかも良いかもしれませんね。

 

イーラーニング研究所が寄付活動を行ってきた理由は、教育格差を無くすことを目標としているからです。

教育理念でも「すべての人に教育を届ける」を掲げており、満足に塾に通えない子供たちにタブレットを配るのは、企業方針として当然のことかもしれませんね。

お金が無い方でも満足いく教育を受けられるように、イーラーニング研究所は今日もどこかで寄贈活動をしているのかもしれません。

 

他にも、イーラーニング研究所はスマイル・エコ・プログラムにも参加しています。

こちらは端的に言えば、寄付活動になります。

世界の恵まれない子たちに、教育やお薬をお届けするために、いくらかの募金活動を行っているのです。

教育を受けられない子は、発展途上国に数えきれないほど居ますので、そうした子どもたちを救済すべく、イーラーニング研究所は様々な活動を通して、社会貢献しているのです。

 

そのうち、海外にもタブレットをプレゼントするかもしれませんね。

まだ日本でしか対応できませんが、今後の活動内容によっては、世界でも十分使えるものを提供するようになるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です