eラーニングでも増えつつあるMLM

MLMという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

MLMとはMulti Level Marketing(マルチ・レベル・マーケティング)の略で、商品の購入者を“販売員” として起用し、その販売員は他の人を販売員として起用して商品を売る仕組みです。

正しい方法でやることによってお互いwin-winの商売になるのですが、強引な勧誘を行なう人も中にはいるようで、そのことが問題視されているようです。

 

フォルスクラブを運営している株式会社イーラーニング研究所といったeラーニングを取り扱っている企業(イーラーニング研究所はどうかは不明ですが)も、このMLMを採用している所もありますが、どのような方法で行なわれるのでしょうか?

 

eラーニングの場合、販売員を代理店として他の人を勧誘することになります。

契約してもらうことで料金の数パーセントをマージンとしてもらうことができ、販売員は利益を得ることができます。

MLMを採用している多くの企業は、株式会社イーラーニング研究所のフォルスクラブのように良質なサービスを提供していますが、中には粗悪なサービスを提供したり、最悪サービスそのものを提供しないという企業も残念ながらあるようです。

これを防ぐ手段としては前回に述べたことと同じく、口コミや公式HPを見て自身で信用性を判断して自分の身を守るというのが唯一の手段と言えるでしょう。

 

正しい方法かつ良質なサービスを提供することで、ネガティブなイメージが持たれやすいMLMも良いイメージとなるのではないでしょうか?

正しいeラーニングの選び方

株式会社イーラーニング研究所のフォルスクラブなど、多くの企業からeラーニングを用いた通信教育サービスが出ていますが、少なからず詐欺事例も残念ながら出ているようです。

利用する側としては、悪質な業者に騙されないようによく注意して選定する必要がありますが、以下の点に注意することでこういった被害を少しでも回避できると思います。

 

①口コミを見る

この方法が一番手軽な方法かと思います。

口コミの中には本当に使用した感想を書いているものもあれば、使用していないにも関わらず流言・風説を書き込んでいるものとまさに様々です。

また、口コミサイトも一つだけでなく数多くありますので、この中から本当の情報を自分自身の目でしっかりと吟味するのが何よりも大切になってきます。

 

②公式HPを見る

公式HPも信頼度を図る上でとても重要となってきます。

公式HPが無い(eラーニングにおいては、ほとんどあり得ませんが)ものは、まず不審に思った方が良いかと思います。

また、フォルスクラブの公式HPのようにしっかりと造り込んであればあるほど資金も潤沢にあると推測でき、サービスにおいても安心できると言えるでしょう。

 

一概にどこの会社が信用できるか否かを一言で言うのは難しいものです。

しかし、自身の目でしっかりと判断して正しいサービスを選ぶことで、eラーニングにおける詐欺などの被害を少しでも減らすことができ、より良いeラーニングライフを送ることができることでしょう。

皆さんのeラーニングのサービスを選ぶ一つの基準としていただけると幸いです。

フォルスクラブの優位性の評判

現代の通信教育の定番になりつつあるeラーニングサービス。

日本では2001年に打ち出されたe-Japan構想によって幅広い層に注目されるようになり、今では様々な業者から多種多様なeラーニングによる教育システムが出されています。

 

株式会社イーラーニング研究所という企業から出されている“フォルスクラブ”もeラーニングによる教育システムの一つですが、他の企業の教育システムにはない点が評判となっているようです。

そのいくつかをここで紹介したいと思います。

 

①家族全員で使える

多くの企業では子供用、資格取得用と用途によってサービスが分けられており、学びたい場合はそれぞれ申し込まなければなりません。

しかし、フォルスクラブの場合、子供用から資格を取得したい大人用まで、多種多様なコンテンツが用意されているため、家族全員で使用することが可能となっていて、そのことが評判に繋がっているようです。

 

②ネット環境さえあれば使用できる

フォルスクラブに限らず、eラーニングの強みと言えばネット環境さえあれば、何時でも何処でも学べるというのが大きな強みと言えます。

しかし、フォルスクラブの場合、PCのみならずスマホやタブレット端末(コンテンツによって異なる場合あり)でも学ぶことができ、通勤・通学中などちょっとした時間でも利用できるのが大きなメリットとなっています。

 

まだまだフォルスクラブにはここには書ききれない様々なメリットがありますので、興味の沸いた方は一度公式HPを見てみてはいかがでしょうか?