社員研修用の教材としても評判の良いフォルスクラブ

家族全員が同時にログインできるフォルスクラブは高い評判を得ています。

しかし、フォルスクラブ以外にも、世界には数多くの評判高いeラーニングがあります。

 

そうしたeラーニングを調べていくと、傾向というのが見えてきます。

塾や学校などで導入しているものではなく、eラーニングという教材を単品で売る場合、その多くが「社員研修用」です。

逆に言えば、社員研修用のeラーニングの需要が高いことを意味します。

製品を売る側の企業からしても、一軒一軒、各家庭を回って営業するよりも、大勢の従業員を抱える企業に売り込みにいけば、利益も上げやすいと言えるかもしれません。

また、学校の勉強系の教材は、その学年を過ぎれば不要になります。

しかし、社員研修でしたら、毎年新しい人材が次々と入ってきますので、ほぼ恒久的に使い続けることが可能なのです。

 

eラーニングの口コミでは未だに「時間がない」という声を耳にします。

eラーニングは忙しい社会人に最適な勉強ツールですが、忙しすぎて、する暇が無いのが現状のようです。

しかし、業務時間を割いてeラーニングが出来るなら別です。

仕事の一環になりますので、時間を十分に取ることが出来ます。

 

実はフォルスクラブも社員研修用として使うことが出来ます。

問題集の中身は自分で作る必要がありますが、それを社員全員に提供することが可能です。

実際、世に数多く出回っている評判なeラーニングの中には、自分で内容を作るといったものもあります。

また、社員研修にも色々なものがあります。

一般的には、マナー研修が多いかもしれませんが、業務を遂行する上での技術研修にこそ、こうしたeラーニングは最適です。

評判高いeラーニングの中には、医療研修用というのもありました。

 

学生向けのeラーニングをあまり見かけないのは、製造している企業がそれ単品を提供していないからになります。

塾で提供するオプションのひとつとして提供している場合が多いです。

フォルスクラブのように、教室を持たない勉強法は少しレアなのかもしれませんね。

フォルスクラブが評判になっているのは家族全員が使えるから

オンライン型の学習教材には色々なものがあります。

インターネットで調べると、評判のある会社の教材がいくつも見つかります。

そして、その多くが似たような内容になります。

実際に体験すれば、良し悪しは分かるかもしれませんが、やる前からそれを判断するのは難しいです。

評判を調べるのも良いかもしれませんが、ネットのそうした声はあまり参考になりません。

体験者全員が正直に回答してくれれば参考にすることは出来ますが、評判というものは極少数の方が答え、かつ、決して真実とも限りません。

100%嘘とも言いませんが、脚色や一部抜粋であることがほとんどです。

また、個人の感想に過ぎませんので、万人に通用するとも限りません。

 

そんな中、フォルスクラブは確たる特徴を持つオンライン型学習教材です。

それは、1つの契約で家族全員(5人まで)が使えるというものです。

一般的な通信教材は1人を対象にしたものです。

中学3年生のお子さんがいたら、その子の学習内容に合わせた教材を提供するのが普通です。

中学3年生のお子さんに大学受験用の学習アプリを提供しても、何の意味もありません。

その点、フォルスクラブは家族全員を対象にし、高校受験から大学受験、さらには、幼児向け、大人向けビジネス資格などなど、あらゆる年齢を対応したものが用意されています。

一般的な通信教材でも、1つのアカウントを2人で共有して使うことはありますが、提供するコンテンツが対応しているとは限りません。

教材というものは、1学年ズレるだけであまり意味を為さないものなのです。

フォルスクラブは小学生から高校生までの全ての学年に対応し、かつ、幼児と大人の方が満足できる充実のコンテンツを用意しています。

 

こうした特徴を持つフォルスクラブだからこそ評判になっています。

「成績が上がった」という声はよく聞くかもしれませんが、それを100%鵜呑みにする方は居ないと思います。

仮にそれが真実だとしたら、今頃日本国民のすべてがその教材を使っていることになります。

オンライン型の通信教材は、自分のスタイルに合ったものを選ぶのが良いと思いますよ。

評判なチャット英会話をする前にフォルスクラブで勉強しよう

スカイプを使ったオンライン英会話が評判になっています。

テレビ電話は通信料が非常に膨大になるため、気軽に利用することが出来ませんが、スカイプは基本無料で利用できるため、これを使ったチャット英会話が今流行りつつあるのです。

英会話は相手が居て初めて成立しますので、テキストを読んだり、動画を見るよりも、実践的だと言えます。

 

では、テキストや動画が不必要かというと、決してそうではありません。

フォルスクラブはそうした勉強スタイルですが、これは英会話をする上で絶対に欠かせないものになります。

そもそも、英会話をするには最低限の英語力が必要です。

極端な話、英語で自己紹介が出来るレベルでないと、何一つ会話が成立しません。

そうした最低限の知識を身に付けるのにフォルスクラブはとても役に立ちます。

もちろん、フォルスクラブは応用的な問題も取り扱っていますので、そうした勉強にも最適です。

 

ネットで探せば、評判なチャット英会話がいくつも見つかります。

そして、会社ごとに特徴があります。

講師にも色々あり、日本語を話せる方から、英語オンリーの人も居ます。

初心者の方は、まずは、日本語が話せる講師から始めた方が良いですよ。

例え、TOEICで800点を取っていようとも、いざ会話を始めようとしたら、言葉が詰まってしまうものです。

英語オンリーの講師は、慣れてから始めることをオススメします。

 

また、チャット英会話とは違いますが、英語喫茶の数も増えつつあります。

普通の喫茶店とは全く異なり、英語で雑談するだけの集会場みたいなものです。

何も知らない人が間違って入ってこないように、店の入口がそうとは分からないようになっている所が多いので、もし利用したいと考えていましたら、ネットなどで評判な英語喫茶を探してみてください。

 

英語を喋られるようになるには、実践しかありません。

しかし、いきなり実践をしても、何一つできずに終わることが多いです。

まずは基礎をフォルスクラブで学んでその後に評判なチャット英会話に挑戦するようにしてみてください。

諸外国のeラーニングの評判とフォルスクラブの利便性

日本であまり実感できないのは、国境の概念です。

島国になりますので、歩いて隣の国に行くことが出来ません。

一方、大陸にある他の国々は徒歩で隣国に行くことも出来ます。

国境のほとんどが川や山脈になりますので、厳密には徒歩では行けませんが、日本に比べたら移動しやすいと言えます。

しかし、そう簡単には国を行き来することは出来ません。

パスポートによって入出国がしっかりと管理されています。

また、国の治安や評判によっては入国が禁止されることもあります。

滞在可能日数も国ごとに異なり、日本人は世界的に評判が良いのでかなり永く他国で滞在することが出来ますが、中には僅か数日の来訪しか許されない国もあるのです。

 

こうした背景があることから、諸外国ではeラーニングが流行っています。

評判の方はかなり良いみたいです。

人がその国に行く場合、様々な手続きおよび移動コストが掛かりますが、テレビ会議でしたら通信料だけで済みます。

放送大学のような通信講座を取り入れている大学は、世界各国で増えつつあるのです。

日本も少しずつ通信教育が増えつつありますが、諸外国ほどのスピードで需要は増えていません。

それはやはり、人と人との繋がりを大切にしたいという考えが根強いからかもしれません。

パソコンに向かって喋ることに抵抗を覚えている方は、まだまだ多いのです。

または、諸外国と違って近隣に移動しやすいからかもしれません。

東京や大阪は世界トップレベルの人口密度ですが、逆にそれが功を為していると言えるのかもしれません。

 

しかし、都市部だけで生活していては知識が偏ってしまうのも事実です。

もっとグローバルに視野を広げて、様々なところから知識を吸収する必要があります。

それゆえ、eラーニングの輪は着々と広がりつつあるのです。

フォルスクラブもそんなeラーニングのひとつで、小中学生の勉強から、大学受験、資格取得まで様々な通信教育を提供しています。

日本のみの配信ですが、フォルスクラブは場所を問わずにどこでも利用することが出来ます。

ユビキタス社会の申し子として、フォルスクラブの評判は割と好調のようです。

 

eラーニングが登場した頃と比べると、通信教育を提供している大学は大分増えてきました。

主に文系(教養系)の学科が多いですが、少しずつ理系の分野も増えつつあります。

フォルスクラブの利用者も少しずつ増えていますので、そのうち、こうしたデジタルな学習方法がアナログに取って代わるかもしれませんね。

アメリカのeラーニングの評判とフォルスクラブの有用性

eラーニングという概念が登場したのは1892年まで遡ります。

当時はコンピューターなどの電子機器はなく、郵便を使った通信教育でした。

こうしたアナログな方法ですが、当時の人達からしたら、かなり評判だったみたいです。

コンピューターを使うようになったのは1960年代になります。

衛星通信を使って、遠くの地に情報を発信することができるようになりました。

そして、1980年代にパソコンとインターネットが普及し始め、現在のeラーニングのようなことが行われるようになりました。

 

eラーニングが本格的に普及し始めたのは2000年頃のアメリカの高等教育(日本の大学に相当)です。

フォルスクラブの活動もそれぐらいの年代になります。

eラーニングの利点はいくつかありますが、その一つが通学の省略です。

日本の学生は大学から徒歩圏内のアパートを借りたり、実家から電車に2時間乗って毎日通学していますが、アメリカの学生の中には毎日通学することが出来ない人も居ます。

アメリカの国土は日本の約25倍もあり、交通費の方も大きくなると思います。

そもそも、学割という概念があるのかどうかも分かりません。

特に、アメリカの学生の半数は有職者です。

働きながら大学に通っています。

毎日8時間働いて、その後大学に行くことになっても、往復の通学時間が4時間も掛かるようではヘトヘトになってしまいます。

それ以前に講義の時間に間に合うとも限りません。

交通費と移動時間を節約することが出来るとしてeラーニングは評判を呼び、多くの方が使うようになりました。

 

そんなeラーニングですが、最初は失敗続きでした。

営利団体が作るeラーニングは成功しましたが、大学などの非営利団体が手掛けるeラーニングは当時、上手くいかなかったそうです。

評判が芳しくなく、利用者が集まりませんでした。

単純に利益を上げることができず、結局、2年程度で取りやめました。

今はその失敗を糧に様々な対策を講じ、実に95%もの人たちが何かしらの形でeラーニングのお世話になっています。

実際、修士課程の3分の1はeラーニングの講義とも言われています。

学生の人たちの意識も変わり、当初は半数の人がeラーニングに否定的でしたが、今ではほぼ全ての方が肯定的に捉えています。

 

日本の大学も非営利団体になりますので、当時のアメリカの様にあまりeラーニングは乗り気ではありません。

しかし、そうした傾向も少しずつ変わりつつあります。

web配信の講義資料やメールを使った学生間の討論など、eラーニングを使った教育は少しずつ増えています。

 

一方で、フォルスクラブのような営利団体のeラーニングは高い評判を得ています。

使用者の意識の問題かもしれませんが、対面型の授業よりもフォルスクラブは利用しやすいそうです。

それはやはり交通費や移動コストが理由かもしれませんね。

ついでに言うと日本では、中年の方は大学に行くことを恥ずかしがるそうです。

英会話塾でも「この歳で・・・」という意見が多いとのこと。

相手に見られることなく、気兼ねなく学習できるフォルスクラブが多くの方に評判なのも、納得と言えます。

口コミに挙がっているeラーニングの問題点をフォルスクラブは改善しないといけない

今、eラーニングを手掛ける企業の多くが、社会人を対象にサービスを展開しています。

その理由は、社会人は時間に追われているため、塾に通うことが難しいからです。

毎日、就業時間に仕事が終わるとは限らず、休日に仕事が急にやってくることもあります。

仮に、塾や電車が24時間利用できるのでしたら、大人も塾に通って勉強することが可能ですが、塾や交通機関の経営的にそれは無理な相談だと言えます。

 

eラーニングはいつでもどこでも出来るものとして人気を得ていますが、そのメリットが逆にデメリットになることもあります。

時間が自由になりすぎると、「明日でいいや」とサボる方がいるため、効率良く学ぶことが出来ないとされています。

口コミによると、8割の方がeラーニングで勉強できなかったと言われています。

口コミによる統計なので、日本国全体の統計ではありませんが、eラーニングは今の日本人には合わない勉強スタイルなのかもしれません。

 

eラーニングを手掛ける多くの企業が社会人を対象としている中、株式会社イー・ラーニング研究所が提供しているフォルスクラブは、児童や学生も対象にしています。

その理由はいくつかありますが、ひとつは教育費用にあると言えます。

少子化が進んでいるとはいえ、兄弟姉妹が多い家庭は決して少なくありません。

それぞれに平等に教育を課すとなると、教育費は非常に膨大な額になります。

塾に行かせたり、家庭教師を雇うとなると尚更です。

口コミでも、大変だという意見を多数目にします。

それに対し、フォルスクラブは家族が多くても、均一の料金で全員利用することが出来ます。

最大で5人までですが、兄弟姉妹の多い家庭には、フォルスクラブは最適だと思います。

 

ただし、どんなに安かろうとも、本人にやる気が無ければ意味はありません。

子供に勉強道具を与えても、それで勉強するかは本人次第です。

家族全員に提供するフォルスクラブですが、今後の課題は、それで全員がきちんとやってくれるような仕組みを考えることかもしれませんね。

口コミで浮き彫りになった問題点を改善するためにフォルスクラブが取るべき道

今のeラーニングの多くが、大人を対象としたものです。

英会話やプログラミング言語、資格取得のための勉強といったものがほとんどになります。

口コミでも、この会社のeラーニングは役に立った、といった声をよく目にします。

子供を対象としたeラーニングが少ない理由のひとつに、主体性というものがあります。

全てではありませんが、多くの子供が「勉強をやらされて」います。

自分から「勉強したい」と訴える子供は、今の日本では少数派と言えます。

少なくとも、勉強するより遊んでいたいと思っている子供が大多数を占めている筈です。

子供は口コミ自体しませんので、そうした統計データが取りにくいのですが、きっとそのような傾向が見られると思います。

 

一方で、大人にはそうしたものがありません。

動機は色々とあるかもしれませんが、自ら進んで勉強する方がほとんどだと思います。

そして、eラーニングは塾や家庭教師と違って、サボりやすい環境だと言えます。

それゆえ、主体性の低い子供には、eラーニングはあまり適さないのだと考えられています。

もちろん、全ての大人の方がサボらないとも限りません。

口コミによると、8割もの人がeラーニングで勉強に身が入らなかったと言われています。

塾の様なところに通って、勉強をサボらないように見張る人員は、大人の方にも必要なのかもしれませんね。

 

フォルスクラブは家族全員と同時に契約を結び、家族全員に教材を提供するeラーニングですが、これもまた、何かしらの対策を講じないと、子供が利用してくれないかもしれません。

例えば、親が子供のログイン時間や、習熟具合を確認できるのがいいかもしれません。

フォルスクラブの教材の中には、「○○の分野は100点中90点」といった具合に、一覧で確認することが出来ます。

通知表の様に、親が子供の成績を確認することが出来れば、親としても安心ですよね。

または、親は直接、子供がフォルスクラブをしている姿を見た方がいいかもしれませんね。

パソコンを置く部屋を居間にして、勉強している姿が見られるようにするのはいかがでしょうか。

フォルスクラブにねずみのキャラクターはできないのか?

日本人の約7割が千葉県浦安市にあるテーマパークに行ったことがあるというデータがあります。

そのテーマパークのメインキャラクターと言えばオスとメスのネズミのキャラクターですが、何時行ってもなかなか写真を撮るのが難しいと言われています。

テーマパークではここ以外でネズミのメインキャラクターを見かけることはなかなかないですが、ゲームや通信教育ではどうでしょうか?

 

フォルスクラブにあるコンテンツの中には子供用のものがあり、動物をメインとするものもいくつかありますが、ネズミをメインにしたものは無さそうです。

詳しい理由は分かりませんが、仮にメインにしたとしても千葉県浦安市にあるテーマパークのキャラクターと比較すると、インパクトが薄れてしまうというのが原因ではないかと思えますね。

ネズミ駆除をベースとしたコンテンツであればメインキャラクターになることができますが、退治されるという立場になるのであまりポジティブな感じにはならなそうです。

仮にコラボができるのであればメインキャラクターとして扱われ、また老若男女に人気のキャラクターということもあって、より多くのユーザーを獲得できると言えそうです。

 

キャラクターはコンテンツや企業にとってとても重要なものと言えます。

そのキャラクターのグッズも売れているものもあるので、フォルスクラブもネズミのキャラクターを新たに生み出して人気になればユーザーも増え、そのキャラクターのグッズが商品化されるかもしれませんね。

長友佑都をフォルスクラブの広告に起用!

企業にとって、広告は何よりも重要な宣伝媒体です。

どんなに良い商品やサービスを作っても宣伝をしなければ、何時まで経ってもその商品・サービスを知ってもらえません。

また、有名な人を広告に起用することで、その商品・サービスを老若男女問わずに知ってもらえるメリットがあります。

フォルスクラブを運営している株式会社イーラーニング研究所も、有名人を広告に起用しています。

 

株式会社イーラーニング研究所ではサッカー日本代表の長友佑都選手を広告に起用しています。

長友佑都選手と言えば、日本はもとよりセリエAのインテルでプレイしている世界的なサッカー選手として有名です。

世界的スーパースターを広告に起用するのは、並大抵なことでは難しいと言えます。

お金はもとより、何よりも会社やサービスの信頼性が無ければ引き受けてはくれないので、株式会社イーラーニング研究所とフォルスクラブは一定の信頼を得ていると推測できます。

また、有名人を広告に起用することで、コラボしたコンテンツが配信される可能性もあるので、長友選手のファンを新たなユーザーに取り込むことができ、他社との差別化も図ることができると思います。

 

公式HPではまだ宣伝は始まっていませんが、株式会社イーラーニング研究所のfacebookでは長友佑都選手の宣伝が始まっています。

これだけの大物を起用するということは、近いうちに電車の中吊り広告や駅構内の広告、更にはテレビ・ラジオのCMもできるかもしれませんね。

eラーニングでも増えつつあるMLM

MLMという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

MLMとはMulti Level Marketing(マルチ・レベル・マーケティング)の略で、商品の購入者を“販売員” として起用し、その販売員は他の人を販売員として起用して商品を売る仕組みです。

正しい方法でやることによってお互いwin-winの商売になるのですが、強引な勧誘を行なう人も中にはいるようで、そのことが問題視されているようです。

 

フォルスクラブを運営している株式会社イーラーニング研究所といったeラーニングを取り扱っている企業(イーラーニング研究所はどうかは不明ですが)も、このMLMを採用している所もありますが、どのような方法で行なわれるのでしょうか?

 

eラーニングの場合、販売員を代理店として他の人を勧誘することになります。

契約してもらうことで料金の数パーセントをマージンとしてもらうことができ、販売員は利益を得ることができます。

MLMを採用している多くの企業は、株式会社イーラーニング研究所のフォルスクラブのように良質なサービスを提供していますが、中には粗悪なサービスを提供したり、最悪サービスそのものを提供しないという企業も残念ながらあるようです。

これを防ぐ手段としては前回に述べたことと同じく、口コミや公式HPを見て自身で信用性を判断して自分の身を守るというのが唯一の手段と言えるでしょう。

 

正しい方法かつ良質なサービスを提供することで、ネガティブなイメージが持たれやすいMLMも良いイメージとなるのではないでしょうか?