「フォルスクラブ」タグアーカイブ

口コミに挙がっているeラーニングの問題点をフォルスクラブは改善しないといけない

今、eラーニングを手掛ける企業の多くが、社会人を対象にサービスを展開しています。

その理由は、社会人は時間に追われているため、塾に通うことが難しいからです。

毎日、就業時間に仕事が終わるとは限らず、休日に仕事が急にやってくることもあります。

仮に、塾や電車が24時間利用できるのでしたら、大人も塾に通って勉強することが可能ですが、塾や交通機関の経営的にそれは無理な相談だと言えます。

 

eラーニングはいつでもどこでも出来るものとして人気を得ていますが、そのメリットが逆にデメリットになることもあります。

時間が自由になりすぎると、「明日でいいや」とサボる方がいるため、効率良く学ぶことが出来ないとされています。

口コミによると、8割の方がeラーニングで勉強できなかったと言われています。

口コミによる統計なので、日本国全体の統計ではありませんが、eラーニングは今の日本人には合わない勉強スタイルなのかもしれません。

 

eラーニングを手掛ける多くの企業が社会人を対象としている中、株式会社イー・ラーニング研究所が提供しているフォルスクラブは、児童や学生も対象にしています。

その理由はいくつかありますが、ひとつは教育費用にあると言えます。

少子化が進んでいるとはいえ、兄弟姉妹が多い家庭は決して少なくありません。

それぞれに平等に教育を課すとなると、教育費は非常に膨大な額になります。

塾に行かせたり、家庭教師を雇うとなると尚更です。

口コミでも、大変だという意見を多数目にします。

それに対し、フォルスクラブは家族が多くても、均一の料金で全員利用することが出来ます。

最大で5人までですが、兄弟姉妹の多い家庭には、フォルスクラブは最適だと思います。

 

ただし、どんなに安かろうとも、本人にやる気が無ければ意味はありません。

子供に勉強道具を与えても、それで勉強するかは本人次第です。

家族全員に提供するフォルスクラブですが、今後の課題は、それで全員がきちんとやってくれるような仕組みを考えることかもしれませんね。

口コミで浮き彫りになった問題点を改善するためにフォルスクラブが取るべき道

今のeラーニングの多くが、大人を対象としたものです。

英会話やプログラミング言語、資格取得のための勉強といったものがほとんどになります。

口コミでも、この会社のeラーニングは役に立った、といった声をよく目にします。

子供を対象としたeラーニングが少ない理由のひとつに、主体性というものがあります。

全てではありませんが、多くの子供が「勉強をやらされて」います。

自分から「勉強したい」と訴える子供は、今の日本では少数派と言えます。

少なくとも、勉強するより遊んでいたいと思っている子供が大多数を占めている筈です。

子供は口コミ自体しませんので、そうした統計データが取りにくいのですが、きっとそのような傾向が見られると思います。

 

一方で、大人にはそうしたものがありません。

動機は色々とあるかもしれませんが、自ら進んで勉強する方がほとんどだと思います。

そして、eラーニングは塾や家庭教師と違って、サボりやすい環境だと言えます。

それゆえ、主体性の低い子供には、eラーニングはあまり適さないのだと考えられています。

もちろん、全ての大人の方がサボらないとも限りません。

口コミによると、8割もの人がeラーニングで勉強に身が入らなかったと言われています。

塾の様なところに通って、勉強をサボらないように見張る人員は、大人の方にも必要なのかもしれませんね。

 

フォルスクラブは家族全員と同時に契約を結び、家族全員に教材を提供するeラーニングですが、これもまた、何かしらの対策を講じないと、子供が利用してくれないかもしれません。

例えば、親が子供のログイン時間や、習熟具合を確認できるのがいいかもしれません。

フォルスクラブの教材の中には、「○○の分野は100点中90点」といった具合に、一覧で確認することが出来ます。

通知表の様に、親が子供の成績を確認することが出来れば、親としても安心ですよね。

または、親は直接、子供がフォルスクラブをしている姿を見た方がいいかもしれませんね。

パソコンを置く部屋を居間にして、勉強している姿が見られるようにするのはいかがでしょうか。

フォルスクラブにねずみのキャラクターはできないのか?

日本人の約7割が千葉県浦安市にあるテーマパークに行ったことがあるというデータがあります。

そのテーマパークのメインキャラクターと言えばオスとメスのネズミのキャラクターですが、何時行ってもなかなか写真を撮るのが難しいと言われています。

テーマパークではここ以外でネズミのメインキャラクターを見かけることはなかなかないですが、ゲームや通信教育ではどうでしょうか?

 

フォルスクラブにあるコンテンツの中には子供用のものがあり、動物をメインとするものもいくつかありますが、ネズミをメインにしたものは無さそうです。

詳しい理由は分かりませんが、仮にメインにしたとしても千葉県浦安市にあるテーマパークのキャラクターと比較すると、インパクトが薄れてしまうというのが原因ではないかと思えますね。

ネズミ駆除をベースとしたコンテンツであればメインキャラクターになることができますが、退治されるという立場になるのであまりポジティブな感じにはならなそうです。

仮にコラボができるのであればメインキャラクターとして扱われ、また老若男女に人気のキャラクターということもあって、より多くのユーザーを獲得できると言えそうです。

 

キャラクターはコンテンツや企業にとってとても重要なものと言えます。

そのキャラクターのグッズも売れているものもあるので、フォルスクラブもネズミのキャラクターを新たに生み出して人気になればユーザーも増え、そのキャラクターのグッズが商品化されるかもしれませんね。

長友佑都をフォルスクラブの広告に起用!

企業にとって、広告は何よりも重要な宣伝媒体です。

どんなに良い商品やサービスを作っても宣伝をしなければ、何時まで経ってもその商品・サービスを知ってもらえません。

また、有名な人を広告に起用することで、その商品・サービスを老若男女問わずに知ってもらえるメリットがあります。

フォルスクラブを運営している株式会社イーラーニング研究所も、有名人を広告に起用しています。

 

株式会社イーラーニング研究所ではサッカー日本代表の長友佑都選手を広告に起用しています。

長友佑都選手と言えば、日本はもとよりセリエAのインテルでプレイしている世界的なサッカー選手として有名です。

世界的スーパースターを広告に起用するのは、並大抵なことでは難しいと言えます。

お金はもとより、何よりも会社やサービスの信頼性が無ければ引き受けてはくれないので、株式会社イーラーニング研究所とフォルスクラブは一定の信頼を得ていると推測できます。

また、有名人を広告に起用することで、コラボしたコンテンツが配信される可能性もあるので、長友選手のファンを新たなユーザーに取り込むことができ、他社との差別化も図ることができると思います。

 

公式HPではまだ宣伝は始まっていませんが、株式会社イーラーニング研究所のfacebookでは長友佑都選手の宣伝が始まっています。

これだけの大物を起用するということは、近いうちに電車の中吊り広告や駅構内の広告、更にはテレビ・ラジオのCMもできるかもしれませんね。

eラーニングでも増えつつあるMLM

MLMという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

MLMとはMulti Level Marketing(マルチ・レベル・マーケティング)の略で、商品の購入者を“販売員” として起用し、その販売員は他の人を販売員として起用して商品を売る仕組みです。

正しい方法でやることによってお互いwin-winの商売になるのですが、強引な勧誘を行なう人も中にはいるようで、そのことが問題視されているようです。

 

フォルスクラブを運営している株式会社イーラーニング研究所といったeラーニングを取り扱っている企業(イーラーニング研究所はどうかは不明ですが)も、このMLMを採用している所もありますが、どのような方法で行なわれるのでしょうか?

 

eラーニングの場合、販売員を代理店として他の人を勧誘することになります。

契約してもらうことで料金の数パーセントをマージンとしてもらうことができ、販売員は利益を得ることができます。

MLMを採用している多くの企業は、株式会社イーラーニング研究所のフォルスクラブのように良質なサービスを提供していますが、中には粗悪なサービスを提供したり、最悪サービスそのものを提供しないという企業も残念ながらあるようです。

これを防ぐ手段としては前回に述べたことと同じく、口コミや公式HPを見て自身で信用性を判断して自分の身を守るというのが唯一の手段と言えるでしょう。

 

正しい方法かつ良質なサービスを提供することで、ネガティブなイメージが持たれやすいMLMも良いイメージとなるのではないでしょうか?

正しいeラーニングの選び方

株式会社イーラーニング研究所のフォルスクラブなど、多くの企業からeラーニングを用いた通信教育サービスが出ていますが、少なからず詐欺事例も残念ながら出ているようです。

利用する側としては、悪質な業者に騙されないようによく注意して選定する必要がありますが、以下の点に注意することでこういった被害を少しでも回避できると思います。

 

①口コミを見る

この方法が一番手軽な方法かと思います。

口コミの中には本当に使用した感想を書いているものもあれば、使用していないにも関わらず流言・風説を書き込んでいるものとまさに様々です。

また、口コミサイトも一つだけでなく数多くありますので、この中から本当の情報を自分自身の目でしっかりと吟味するのが何よりも大切になってきます。

 

②公式HPを見る

公式HPも信頼度を図る上でとても重要となってきます。

公式HPが無い(eラーニングにおいては、ほとんどあり得ませんが)ものは、まず不審に思った方が良いかと思います。

また、フォルスクラブの公式HPのようにしっかりと造り込んであればあるほど資金も潤沢にあると推測でき、サービスにおいても安心できると言えるでしょう。

 

一概にどこの会社が信用できるか否かを一言で言うのは難しいものです。

しかし、自身の目でしっかりと判断して正しいサービスを選ぶことで、eラーニングにおける詐欺などの被害を少しでも減らすことができ、より良いeラーニングライフを送ることができることでしょう。

皆さんのeラーニングのサービスを選ぶ一つの基準としていただけると幸いです。

フォルスクラブの優位性の評判

現代の通信教育の定番になりつつあるeラーニングサービス。

日本では2001年に打ち出されたe-Japan構想によって幅広い層に注目されるようになり、今では様々な業者から多種多様なeラーニングによる教育システムが出されています。

 

株式会社イーラーニング研究所という企業から出されている“フォルスクラブ”もeラーニングによる教育システムの一つですが、他の企業の教育システムにはない点が評判となっているようです。

そのいくつかをここで紹介したいと思います。

 

①家族全員で使える

多くの企業では子供用、資格取得用と用途によってサービスが分けられており、学びたい場合はそれぞれ申し込まなければなりません。

しかし、フォルスクラブの場合、子供用から資格を取得したい大人用まで、多種多様なコンテンツが用意されているため、家族全員で使用することが可能となっていて、そのことが評判に繋がっているようです。

 

②ネット環境さえあれば使用できる

フォルスクラブに限らず、eラーニングの強みと言えばネット環境さえあれば、何時でも何処でも学べるというのが大きな強みと言えます。

しかし、フォルスクラブの場合、PCのみならずスマホやタブレット端末(コンテンツによって異なる場合あり)でも学ぶことができ、通勤・通学中などちょっとした時間でも利用できるのが大きなメリットとなっています。

 

まだまだフォルスクラブにはここには書ききれない様々なメリットがありますので、興味の沸いた方は一度公式HPを見てみてはいかがでしょうか?