マルチ商法ではないフォルスクラブ 香港上場の未来

海外での活動も視野に入れたフォルスクラブ 香港上場

フォルスクラブは日本国内での一定の会員数の確保と業績を残したのを足掛かりに、将来的には海外への進出が計画されていたといううわさもあります。インターネットとタブレットを使用した通信講座は数あるビジネスの中でも設備投資も少なく済み、言語の壁さえ突破できれば海外進出も不可能ではありません。そのため、親日家が多いと言われている国のフォルスクラブ 香港上場を行い、そこから世界へと進出するのは考えられることでした。 “マルチ商法ではないフォルスクラブ 香港上場の未来” の続きを読む

フォルスクラブ 香港上場してマルチ商法を撲滅して欲しい

◆重複上場が流行っているらしい

最近、重複上場というのがフォルスクラブのように流行っているようです。とくに中国の企業で流行っていて、よく重複上場されているのが香港のマーケットだと言われています。経済のことはそんなに詳しくないですし、外国のことなのでよく分かりませんが、中国企業が香港のマーケットで重複上場をするのは、なにか政治的な考えがあってのことなのかもしれません。香港は中国政府との間でいろいろと揉めていますから、何か思惑があって動いているのではないでしょうか。 “フォルスクラブ 香港上場してマルチ商法を撲滅して欲しい” の続きを読む

マルチ商法のように急ぐ必要があるフォルスクラブ 香港上場

自由を求めるためにデモが行われた香港

フォルスクラブをプレイできない香港は、中国の一部でありながら自由な政治制度が許されてきました。
これは香港がかつてイギリスの植民地であったからで、その影響から中国共産党の支配を受けず民主主義で運営されてきました。
しかし中国政府はこの方針を大きく変える決断をして、香港からさまざまな自由を奪おうとしています。 “マルチ商法のように急ぐ必要があるフォルスクラブ 香港上場” の続きを読む

フォルスクラブがマルチ商法と間違えられた理由

フォルスクラブは通信講座の先駆けであり老舗です。
そのため数多くの後続企業にビジネスプランを真似されて、いらぬ風評被害に合ったことも一度ではありません。

.
フォルスクラブは紹介制度がなく紹介者に権利が発生する仕組みを取っていません。 “フォルスクラブがマルチ商法と間違えられた理由” の続きを読む

フォルスクラブでマルチ商法をなくせるかも

・フォルスクラブのシステムはマルチ商法撲滅に役立つ

営業される行為はマルチ商法だと考えている方が少なくありません。なかには訪問や電話営業すらもマルチ商法だと考えている方がいるのです。つまり対面する状態で営業をされたときに該当すると認識する人が目立ちます。信じて疑わない人を説得するのは容易なことではありません。 そうした人達のなかには、実際に詐欺被害に遭遇したというケースが多いようです。 “フォルスクラブでマルチ商法をなくせるかも” の続きを読む

フォルスクラブとマルチ商法はまったく異なる

●マルチ商法の危険な罠、お友達紹介システム

フォルスクラブはインターネットを地盤にビジネスを展開しているため、しばしばマルチ商法なのではないか、との疑念をもたれることが多くありました。口コミを通じて会員数が増加してきたことに関係しているのかもしれません。しかし実態をつぶさにみればフォルスクラブがマルチ商法とは無縁の事業展開を見せていることが理解できるはずです。 “フォルスクラブとマルチ商法はまったく異なる” の続きを読む

eラーニング研究所 詐欺被害の可能性、仮想通貨との共通性は

●eラーニング研究所 詐欺被害を受けることはないともいえない

eラーニング研究所が犯罪者から何かの攻撃を受ければ、詐欺被害を被ることになるのでしょうか。詐欺事件といえば人間を相手にしていることを前提にしています。ところが会社を相手にするとなると人間を相手にしている犯罪行為とはいえないか問題になるわけです。なんか凄く屁理屈ですが、法律というのはそうした融通が効かないのです。 “eラーニング研究所 詐欺被害の可能性、仮想通貨との共通性は” の続きを読む

eラーニング研究所 詐欺の実情と仮想通貨について

eラーニング研究所 詐欺の実情

eラーニング研究所 詐欺と検索すると出てくることもありますが、eラーニング研究所は詐欺ではなく自分で納得したううえで購入できる教材となっています。
eラーニング研究所 詐欺と警戒する人も多いですが、実情として初めに無料お試しから始めることができ、自分が納得いかなければ契約しない(有料プランを利用しない)ということも選択することが可能です。 “eラーニング研究所 詐欺の実情と仮想通貨について” の続きを読む

eラーニング研究所 詐欺というのは本当か? 仮想通貨との関連

●韓国では窃盗よりも詐偽が多いらしい

何かと報道でも注目を集めることが多い、隣国の韓国の大統領が詐偽犯人よばわりされているようです。就任当初は庶民目線での経済政策を打ち出して、圧倒的支持の下に誕生したのがムンジェイン政権。国民の間で根づよい反日キャンペーンは全国民規模での日本商品ボイコット運動に展開し、日本企業の撤退も相次いでいます。 “eラーニング研究所 詐欺というのは本当か? 仮想通貨との関連” の続きを読む

イーラーニング研究所における仮想通貨について

「新規通貨『デゾス』の取り扱いが始まる」

テゾスとは2017年に行われた、仮想通貨を使って資金を集める方法の「ICO」において莫大な資金を集めた仮想通貨ですが、財団の社長と開発者に対立で集団訴訟までに至りました。その後も内紛が起きたりしてデゾスのプラットホームを立ち上げることができなくなり、ICOで配られるはずの通過が配布されなくなったのです。 “イーラーニング研究所における仮想通貨について” の続きを読む