「イーラーニング研究所」カテゴリーアーカイブ

イーラーニング研究所のイグモンの維持費について

筆者はイーラーニング研究所のイグモンのアクティブプレイヤーです。
週に通算で1時間くらいしかプレイしていませんが、
それでも毎日欠かさずログインしています。
ログインボーナス欲しさに、
アプリをインストールしてからずっとログインし続けています。
ところでこのイーラーニング研究所のイグモンの維持費は
どうなっているのでしょうか?
筆者はこれがスゴク気になっています。

このアプリは、基本プレイ無料の課金制のゲームです。
筆者はプレイしたことがありませんが、
艦これやパズドラみたいな課金システムだと思います。
お金を払ってガチャを回して、強力なモンスターを獲得すると思います。
あと、APを回復するのにもリアルマネーが関わると思います。
イーラーニング研究所のイグモンも同様に、
知恵のかけらを購入してガチャを回し、
かつAPの回復や全滅からの復帰にも、知恵のかけらを消費します。
その代わり、自然回復でもAPは貯まりますし、
知恵のかけらはログインボーナスおよび、
ゲーム中のミッションをクリアすると貰えます。
他の課金ゲームでも同様に、
そうやって無課金でも楽しめる工夫が備わっているのだと思います。

さて、一番気になることとして、
イーラーニング研究所のイグモンに課金する人は居るのでしょうか?
課金する人が居ないということは、
マンションで言ったら空室状態に近いと言えます。
こんな状態で不動産経営は果たして出来るものなのでしょうか?

とりあえず、リフォームをそんなにしなければ、
マンションが空室状態でも維持できるかもしれません。
具体的には、既存で提供しているシステムを
放置するといったやり方です。
もっと言えば、季節のイベントを一切やらずに、
今の完成された状態のまま提供し続けるというものです。
むしろ、普通の市販されているゲームはすべてこういうやり方です。
スマホゲームは、更新が容易なのが魅力ですが、
無理して新しくする必要はないのです。
英語という言語は十数年経つ程度では変わるものではありません。
その気になれば、イーラーニング研究所のイグモンは
数十年このままでも大丈夫ということになります。

とは言うものの、イーラーニング研究所のイグモンのサーバーを
存在させるだけでもお金は掛かりますので、
やはり赤字状態が続いているのかもしれません。
それとも筆者が無課金なだけで、
実はそれなりに課金しているプレイヤーが居るのかもしれませんね。

イーラーニング研究所で勉強すればFP3級は軽く合格できる

過去問はとても重要です。

試験内容によって重要度は変化しますが、FP3級に至ってはほとんど過去問から出題されます。

簡単に言えば、「範囲が狭い」「応用の余地がない」ということです。

過去問を延々とやるだけで、合格ラインに達することがほとんどと言われています。

 

イーラーニング研究所のスマホアプリを使えばFP3級の勉強が可能です。

記憶定着モードと試験モードの2つがあり、目的に合わせて勉強することが出来ます。

そして出題される内容は毎年似たようなものばかりです。

過去5年分の試験をやれば、何回も同じ問題が登場することに気が付くと思います。

また、一般常識に近い問題もよく登場します。

さすがに無勉強ではテストを突破できませんが、テキストで勉強する際は、普通に二択問題を解けることが多いと思いますよ。

 

FP3級に合格するだけでしたら、とても簡単です。

イーラーニング研究所のスマホアプリだけで合格することが可能です。

ただし、FP2級を目指したり、実務でFPの知識を使うなら、かなり本格的に勉強しないといけません。

FP3級の合格ラインは6割ほどですが、実務で使うなら確実に10割の知識を身に付けたいところです。

イーラーニング研究所のスマホアプリで勉強するだけでなく、色々な参考書を読み解く必要があります。

きんざいのテキストとかオススメですよ。

 

銀行員が実務で使うなら10割の知識が必要ですが、自分で資産運用(株とか)するなら、大雑把に覚えるだけで十分です。

別にテストではありませんので、分からない用語が出たり、計算が必要になったら、資料を引っ張って調べればOKです。

イーラーニング研究所のスマホアプリで触りだけ知識を身に付けて、何となく覚えるだけでも、それなりに有用ですよ。

上松恵理子はイーラーニング研究所の顧問です

上松恵理子が誰かと思ったら、どうやら顧問の方のようでした。

イーラーニング研究所の公式サイトでは書籍が4つ紹介されていて、うち3つは社長のものです。

そして1つは上松恵理子で、一体誰なのかと悩みましたが、イーラーニング研究所の顧問というオチでした。

 

上松恵理子のその書籍ですが、タイトルは「小学校にプログラミングがやってきた!超入門編」になります。

プログラミングの需要は年々高まってきており、一般市民でもプログラミングをするのが当たり前になる時代になりつつあります。

それゆえ、小学校でもプログラミングの授業が導入されるとのこと。

2020年からスタートすると言われています。

そして、この書籍は4ヶ月前に発刊されました。

割と新しめの書籍になりますので、最新の世論の情報が詰まっていると言えそうです。

イーラーニング研究所もかなり強く薦めていますよ。

 

その中身ですが、教師が小学生にどうやってプログラミングを教えればいいのか、といったことが書かれています。

要は指導指南書のようなものですね。

教師が読むための本で、子供に楽しくプログラミングを教えるテクニックが書きこまれています。

こうした情報はネットから調べることが出来ませんので、上松恵理子のこの書籍はかなり有用と言えそうです。

小学校の教師に関わらず、興味がある方は是非、読んでみてください。

 

イーラーニング研究所もプログラミングの重要性は重々承知している筈です。

と言うより、事業の大半はプログラミングかもしれません。

新しい教材を作成する際は、資料集めも大変ですが、そのデータを入力するにはプログラミングが必須です。

パソコンに詳しくないとイーラーニング研究所の仕事は務まらないのです。

イーラーニング研究所はタブレットを配る

様々な社会貢献活動を行っているイーラーニング研究所。

様々な児童福祉施設や教育機関に無料でタブレットを配る活動を2008年から続けています。

自社製造のタブレットなので、使い心地は保証済みです。

1個5万円相当のタブレットを、ひとつの施設に対して大体3つくらい配っていると思います。

 

2008年からイーラーニング研究所はこの活動を続けており、しかも月に3回もやる盛況っぷりです。

正直、そんなに5万円相当のタブレットを配って、予算の方は大丈夫なのでしょうか。

他のところで稼いでいるから、大丈夫なのかもしれませんね。

 

そのタブレットの特徴ですが、オリジナル教育コンテンツが20種類以上備わっています。

色々なアプリが揃っていますので、飽きずに学べますね。

もちろん、別なことに使っても大丈夫です。

ネットサーフィンとかも良いかもしれませんね。

 

イーラーニング研究所が寄付活動を行ってきた理由は、教育格差を無くすことを目標としているからです。

教育理念でも「すべての人に教育を届ける」を掲げており、満足に塾に通えない子供たちにタブレットを配るのは、企業方針として当然のことかもしれませんね。

お金が無い方でも満足いく教育を受けられるように、イーラーニング研究所は今日もどこかで寄贈活動をしているのかもしれません。

 

他にも、イーラーニング研究所はスマイル・エコ・プログラムにも参加しています。

こちらは端的に言えば、寄付活動になります。

世界の恵まれない子たちに、教育やお薬をお届けするために、いくらかの募金活動を行っているのです。

教育を受けられない子は、発展途上国に数えきれないほど居ますので、そうした子どもたちを救済すべく、イーラーニング研究所は様々な活動を通して、社会貢献しているのです。

 

そのうち、海外にもタブレットをプレゼントするかもしれませんね。

まだ日本でしか対応できませんが、今後の活動内容によっては、世界でも十分使えるものを提供するようになるかもしれませんよ。

資格の勉強でしたら株式会社イーラーニング研究所で

資格の勉強なら株式会社イーラーニング研究所が提供している資格対策講座はいかがでしょうか。

スマホやタブレットを使って、計9つの資格を取れると評判になっています。

 

9つの資格が取れますが、基本的には1つずつ受講していく形になります。

2つのことを同時にやっても良いですが、それぞれの資格はかなり難解なので、たとえ1つに絞っても合格率は決して高くありません。

FP3級だけは60~70%程度の合格率ですが、宅建は15~18%程度、行政書士は5~10%程度(でも去年は13%)になります。

資格の勉強は、可能な限り1つに絞った方が合格率がアップすると思います。

 

株式会社イーラーニング研究所のこのアプリを使えば、基本情報技術者試験の合格も夢ではありません。

こちらも合格率20~30%と、それなりに難関です。

基本情報技術者はあまり耳慣れない言葉ですが、ITエンジニアのキャリアアップには欠かせない資格となります。

上司となるには、プログラミングができる以外にも、部下に正しい指導をしないといけません。

また、情報戦略の予測・分析・評価や、提案活動も積極的に求められます。

そうしたスキルを持つ証明として、基本情報技術者という資格があるのです。

IT系の企業で働くなら、株式会社イーラーニング研究所で基本情報技術者試験の勉強をするのはいかがでしょうか。

 

今は資格の有無で就職が決まったり、昇進が決まったりします。

業務に関わる有用な資格をたくさん取って、自己を高めてください。

株式会社イーラーニング研究所の学ログはいかがでしょうか

株式会社イーラーニング研究所の学ログをご存知でしょうか。

全国約8万件もの幼稚園~大学までの教育施設が記載されており、それぞれの学校の口コミや評価が投稿されている口コミサイトになります。

実際に通っている方、もしくは通った方の意見が多数記載されており、学校選びの参考になると評判です。

特に会員登録は必要なく、誰でも気軽に口コミを閲覧することが出来ますよ。

口コミを投稿するには会員登録が必要ですが、特に料金は発生しませんので、誰でも気軽に始められます。

 

株式会社イーラーニング研究所の学ログが最も活用されるのは、幼稚園や保育園でしょうか。

近年、この2つの施設は加速度的に数を増やしていると言えます。

保育士に対する補助金制度も次々と登場しており、働き手も増えていると言えます。

特に都心では「待機児童」が問題視されています。

保育園の数がどんどん増えていけば、待機児童0は夢ではありません。

新しく出来たばかりの保育園や幼稚園だとあまり口コミが集まりませんが、設立数年のところでしたら、株式会社イーラーニング研究所の学ログにて口コミが投稿されているかもしれませんよ。

 

口コミなので、書かれている内容は個人の主観が大いに混ざっていますが、どんなイベントがあるかの確認には最適だと言えそうです。

給食当番や、お泊り保育があるとか、裸足で室内をドタバタしたりと、色々な情報が口コミで分かります。

気になる方は是非、株式会社イーラーニング研究所の学ログをご確認ください。

株式会社イーラーニング研究所の学デジはいかがでしょうか

株式会社イーラーニング研究所が提供している「学デジ(マナデジ)」をご存知でしょうか。

eラーニング教材のポータルサイトで、英会話やパソコンスキルなど、様々な資格の勉強のための教材を探すことが出来ます。

 

学デジには色々な教材が紹介されています。

TOEICの勉強といったメジャーなものはもちろん、ブリザーブドフラワーアレンジメントや第一級陸上無線技術士など、非常にマニアックなものまで取り揃えられています。

中国人社員のための日本式ビジネスマナー講座といったものまであり、カユイところに手が届くと、株式会社イーラーニング研究所の学デジは評判になっています。

 

学デジで紹介されている商品の値段はピンキリです。

TOEICやブリザーブドフラワーアレンジメント、第一級陸上無線技術士の教材は数万円も掛かりますが、ワードの基礎知識が学べる教材は数千円で買えます。

ワード模擬試験の教材もあり、パソコン初心者には嬉しいと言えます。

 

また、オフィスで活躍する教材が揃っているのも、株式会社イーラーニング研究所の学デジの魅力と言えます。

文章力マスター講座は多くの方に受講して欲しいところです。

日本語というものは非常に難解で、接続詞が抜けていたり、修飾語の位置が正しくないだけで、相手に正確に情報を伝えられなくなります。

主語の捻じれも、なるべく直したいところです。

個人情報保護法を学べる教材や計数管理講座など、オフィスで役立つ講座がてんこ盛りと言えます。