「株」カテゴリーアーカイブ

株のためフォルスクラブで簿記3級を勉強

日商簿記3級は簡単です。
人によっては「受ける意味がない」くらい簡単
と言われています。
普通の会社でしたら、
就活する時に履歴書で「簿記3級」と書いても良いですが、
金融系の中途入社でしたら「簿記2級」
最低でも欲しいところです。

株のためフォルスクラブで簿記3級は
取っておいた方が良いかもしれません。
逆に言えば、簿記3級も取れないようでは、
株をやると大損する恐れがあります。
円安と円高の違いも分からないようでは、
株で儲けるのは不可能に近いです。
中学生も円安と円高の違いは分かりそうですが、
社会人でも分からない方はそれなりに多いです。
適当にそこら辺を歩いている社会人を捕まえて、
いきなり高校の入試問題をやらせても、
70点以上取れるのは半数も居ないでしょう。

株のためフォルスクラブで簿記3級を勉強する場合、
しっかりと集中してやりたいところです。
人によっては「1週間で余裕」と言いますが、
それは1週間集中して勉強した場合です。
大学受験並の過密スケジュールで1週間過ごせば、
行けると思います。
しかし多くの社会人がそうしたスケジュールを組めません。
普通に働いていますので、
1週間に1時間しか勉強できないかもしれません。
むしろ、そうした人たちこそ、フォルスクラブが役に立ちます。
フォルスクラブは隙間時間の勉強に最適な教材なので、
忙しい社会人がコツコツ勉強するのに向いているのです。
株のためフォルスクラブで簿記3級の勉強を
コツコツ頑張りましょう。

株のためフォルスクラブで簿記3級を勉強する前に、
まず簿記3級の難易度については知っておいた方が良いです。
簡単簡単と言われているにも関わらず、
合格率は20~60%程度なのです。
年度によってかなりムラがあります。
年度によって試験内容が難しくなるというより、
この合格率は運の要素で変動していると言えます。

むしろ、受験生の質と言った方が良いかもしれません。
というのも、受験者の40%ほどは、
嫌々受けている方とも言えます。
会社が強制的に受けさせていることもあり、
そうした方々は基本的に勉強していません。
そうした「出来ない方」のバラつきは非常に大きく、
年によって合格率がかなり変動するのです。
「真面目に勉強した方」で統計を取れば、
合格率は限りなく100%に近いと思いますよ。

さて、ここまで書きましたが、
実はフォルスクラブは簿記3級の勉強が出来ません。
今回はあくまで「出来たらいいな」として記載しました。
株のためフォルスクラブで
簿記3級を勉強できる日は来るのでしょうか?