「フォルスクラブ」カテゴリーアーカイブ

フォルスクラブのタブレットがネズミ講の様に増殖したら

タブレットが無限にネズミ講のように増殖したら

フォルスクラブではタブレット端末を使うと学習しやすいですが、まるでネズミ講のように無限に増殖していったら驚きです。タブレット端末は精密機器であり、細胞や細菌ではないので無限に増殖するようなことはありません。しかし、もしフォルスクラブに利用するタブレット端末が増殖していったとしたら世の中には、まるでネズミ講の被害者のようにタブレット端末で溢れかえることになります。そしてタブレット端末は、ある程度の重みがあるので地球の重量が重くなっていくことになるのです。そうすると万有引力の法則によって、地球は太陽と引き合う力が強くなっていきます。

ネズミ講のように増えたタブレットで灼熱の世界に

地球と太陽が引き合う力が強くなると地球は公転の軌道から外れてしまい、どんどん太陽に近づいて灼熱の惑星となってしまうのです。そうするとフォルスクラブで勉強することが出来なくなるどころか、ネズミ講のように増殖したタブレット端末のせいでフォルスクラブがサービスを提供することすら出来なくなってしまいます。何故かというと、フォルスクラブを利用するために必要不可欠なインターネットの環境が維持できなくなる可能性が高いからです。それどころか、人間が生きていくことすら出来なくなってしまう可能性があります。

地球が太陽に飲み込まれてしまう

人間が生きていくことが出来ない世界になってしまえば、フォルスクラブはサービスを提供できなくなってしまいますしネズミ講で一儲けを企んでいる人も生きていられなくなるのです。最悪の場合は地球が、どんどん太陽に近づいて太陽の中に飲み込まれてしまう可能性があります。ですのでフォルスクラブに使うタブレット端末がネズミ講のように無限に増殖するようなことは、あってはならないのです。

無限に増殖するようなことは有り得ない

実際にはフォルスクラブに使うタブレット端末が、ネズミ講のように無限に増殖するようなことはないのです。何故かというと、タブレット端末を増殖させるためには部品が必要になるからというのが理由になります。細胞や細菌が増殖したとしても、それも養分や水分などを吸収して増えていくのであって地球全体の重量が増えてしまうようなことはありません。このように地球で起こっている様々な出来事は、ある特定の物質が増殖するようなことがあっても、その分だけ他の物質が減っていることになるので地球全体の重量が大幅に変化するようなことがないのです。ただし、近頃の地球はロケットや人工衛星など宇宙に物質を放出する活動をしているので、少しずつ重量が減ってきています。あまりにも多くの物質が宇宙空間に持ち出されてしまうと、地球の重量が軽くなっていき公転の軌道から外れてしまう可能性があります。そうすると、地球は太陽の光が届かない極寒の世界になってしまうのです。そうならないように宇宙空間には、あまり物質を放出しないようにする必要があります。

フォルスクラブはネズミ講ではない根拠

フォルスクラブのネズミ講とは異なる特徴

フォルスラブがネズミ講であると断定されてしまうケースが、ウェブサイト上で発見される場合があります。しかしフォルスクラブは子供から大人まで対応している通信教育サービスを行っている企業で、割安な月額料金でサービスを提供しているのが特徴です。一般会員は、まず最初に入会金を払って以後は定額の月額料金を払い続けていればコンテンツを全て利用することが出来ます。ネズミ講と呼ばれてしまう原因に挙げられることは、プレミアムメンバーがフォルスクラブのサービスを紹介する仕組みを間違って解釈してネズミ講と呼んでいる説が有力です。別料金を払った会員だけがプレミアムメンバーとなることが可能な仕組みがフォルスクラブに存在しますが、この仕組みのことをネズミ講と間違えてウェブサイトに書き込んでいる場合があります。サービス自体は、とても高い評価を得ていますしネズミ講ではないことも会員は知っているため噂の範疇を超えないと考えられるのです。

楽しく学習することが可能なフォルスクラブ

フォルスクラブでは、楽しみながら子供から大人まで学習することが可能なサービスが充実していること特徴となっている通信教育のコンテンツになります。入会すると5名まで自由に色々なサービスを利用することが可能なため、子供が勉強しながら父親や母親は資格を取得するための学習をするように家族みんなで使うことが出来ることが特徴です。インターネットを接続することが可能な端末と通信環境が整っていれば、割安な料金で利用が可能なことがメリットになります。

サービスが良い評価を得ているフォルスクラブ

一部の人たちにネズミ講と間違われているフォルスクラブですが、サービスは経済的に余裕がない家庭でも優れた学習サービスを受けることが出来るように考え込まれた豊富な内容が、たくさんの方たちから好評を得ているものです。会員にとってはネズミ講とは違うし、安心して利用することが可能な教材であると評価されているため色々な噂がある中で会員になるかどうか迷っている人は良くない風評に惑わされないということも大切であると言えます。

グローバルな人材を育てるフォルスクラブ

フォルスクラブは英語の勉強だけではなく資格の取得や大学入学試験対策講座など、とてもたくさんの充実しているサービスが提供されているのです。ですので家族みんなで楽しみながら勉強することが可能だと好評ですが、中でも英語を勉強するサービスは良い評価を得ています。貧富の格差が大きくなっている社会と呼ばれている状況で、英語を勉強することは小学生も必修科目になるほど重要性を増しているのです。フォルスクラブは国際社会に対応することに早い段階から対処していて、グローバルに活躍することが可能な人材を育てていくことにも貢献しています。近頃はネズミ講と呼ばれることはなくなってきましたが、ウェブサイトには間違った解釈をしている人が、まだ存在しているのです。サービスや教材の内容が伝われば、そういった誤解は解消されると予想されます。

フォルスクラブはネズミ講と違い破綻しない

■ネズミ講が破綻をする理由

フォルスクラブが破綻をしない理由の前に、ネズミ講がなぜ破綻をしてしまうのか知っておかなければなりません。
ネズミ講の仕組みとしては、利益を得るためには子会員を増やしていかなければならないのですが、人間の数は有限である以上どこかで破綻をきたしてしまいます。
ネズミ講というのは、名前の通りねずみ算式に必要な会員数が増えていくことになりますから、最初は数人だったものがあとの方になっていけば数十人数百人となり、あっという間に億単位に突入をしてしまいます。
日本の人口は一億人ちょっとですから、ネズミ講は思いの外破綻しやすいものなのです。

■フォルスクラブが全人類に供給できる理由

ネズミ講はすぐに破綻をしてしまいますが、フォルスクラブであれば全人類に供給をすることも可能です。
現在の地球の人口は70億人程度と言われていますから、70億台の端末があればことたりることであり、そこから急激に必要な数が増えていくということはありません。
人口爆発が叫ばれる現代においてはいつかは供給できなくなってしまう可能性も考えられますが、それでも人口の増加はネズミが増えるのと比較をするとずっとおとなしいものですから、フォルスクラブが供給できなくなってしまうということがないのです。
また、供給をするのは大元が行うものであり子会員が新たな会員を探すわけではないので、理屈として破綻をすることがありません。

■フォルスクラブは人が増えるほどに品質があがる

フォルスクラブを全人類に供給するのは不可能ではと思うかもしれませんが、今日明日中に供給しなければならないのであればともかく、少しずつ供給をしていくのであれば決して難しいものではありません。
むしろ、利用者が増えるほどにフォルスクラブを運営している会社の利益が増加するわけですから、さらなる供給体制を整えることができると同時に、コンテンツの品質を上げていくこともできます。
ネズミ講は人が増えるほどに破綻に近づいていきますが、フォルスクラブはその逆でさらなる成長を遂げることになるのです。

■携帯電話で考えれば納得できる

それでも70億ものの人々にフォルスクラブを供給できるのかと思う人がいるのも無理はないことでしょうが、携帯電話で考えればその疑問も解消されます。
世界の携帯電話の契約数は75億と世界人口を上回っているため、それだけ多くの端末が市場に溢れているということです。
もちろん、一人で複数台持つ人もいますから持っていない人もいるわけですし、端末とは別の形で契約をしていることもあるので純粋な端末の普及台数とはなりませんが、同じ電子機器を用いるフォルスクラブが供給をできないということにはなりません。
むしろすでにある端末も利用できるフォルスクラブは、人が増えるに従い破綻に近づくネズミ講とは違い人が増えるほどにサービスが利用しやすくなる、非常に優れた仕組みになっていると言えるでしょう。

フォルスクラブで株の相続の知識を勉強する

【株を相続するためには】

株を相続するためには、さまざまな書類を揃えて手続きが必要です。一般の人で相続になれている人は少ないです。手続きのこと以外にも、遺産をどのように分けるのか、トラブルになったらどうしたら良いかなどさまざまな悩みがあります。また、株のことが分からない人からすると遺産をどのように分けてよいか分かりません。預金と違って株価は日々刻々と変動するため、均等に分けることができなかったります。均等に分けられない上に、相続したあとに株価の上昇によって資産が増える可能性もあります。誰が得したとか損したとかで親族で揉めたくはありません。遺産分割や手続きに悩んだら専門家に相談するのも一つの方法です。

【自分で相続について勉強をする】

自分である程度知識があれば、適切な行動を取れる可能性があるためトラブルも回避できたりします。勉強方法の一つにフォルスクラブの利用があります。フォルスクラブは、経済格差や地域格差によって教育格差をなくすことを目指して、24時間365日いつでも都合の良いときに学べる環境を提供しています。フォルスクラブは大人から子供まで、さまざまな内容が学べます。その中に資格に対策したものがあり、株の相続について学べるのが相続診断士の資格取得を目指すものです。フォルスクラブを利用しなくても勉強できるのではと考える人もいますが、ただ勉強ができるだけでなく、合格保証制度も付いてるのが特徴です。万が一不合格になった場合は受験料が返金されます。

【相続診断士について】

相続診断士は、株だけでなく相続に関して広く多岐にわたる問題を理解して、一般の人へ啓蒙活動を行います。相続に関して基本的な知識を身につけて相続診断ができる資格です。トラブルが発生しそうな場合は、できるだけ事前にさまざまな士業の専門家と一緒になって解決していきます。フォルスクラブで勉強をしても実際に活動する必要はありません。自分や周囲の人に相談されたときに役立てるだけでも大丈夫です。相続はお金持ちだけの問題ではありません。株を保有している人は多く、自分の身内が知らないうちに取引していることも珍しくありません。

【フォルスクラブの他の活用法】

フォルスクラブで入会して、相続診断士の資格を取るために勉強するだけではもったないです。フォルスクラブのスタンダードプランに入会すると、全てのサービスを利用できるようになります。他の勉強もできるようになるため、せっかくお金を払うなら色々なサービスを利用した方が良いです。さらに入会すると家族5名まで利用できます。フォルスクラブは、子供から大人まで学べるコンテンツがあるため家族も一緒に学べます。子供がいる家庭は塾などに通うよりも手頃な価格です。自分が学ぶついでに子供に勉強してもらえばコストパフォーマンスはとても良いです。また勉強ができるだけでなく、日常生活で困ったことがあったときのサポートサービスもあります。

フォルスクラブで株の通信講座ができたら、基本から

【株は何かから教えてくれる】

フォルスクラブは基本を大事にしているだけに、株の通信講座ができたときには、そもそも株というのはどのようなものなのかというところから教えてくれることでしょう。
この手の通信講座では利益を出すことばかりを重視しすぎて、株が何なのかどのような存在意義があるのか、歴史背景はといったところを無視して取引の方法ばかりを解説しがちですが、フォルスクラブであれば実際に取引に関係のないところからしっかり教えてもらえること間違いありません。
基本から覚えることができるだけに、それが将来的に必ず役に立つ場面が出てくるため、結果的には取引ばかりに着目をした講座よりも成果が出ることになります。

【ファンダメンタルズ分析から始まる】

株の取引をする場合には、やはり企業の業績や将来性というのが一番の基本となります。
取引の仕方は様々で分析法も多岐にわたりますが、フォルスクラブが通信講座をするのであれば、まず最初にファンダメンタルズ分析から始まることでしょう。
企業のことや業績の分析をなくして効率のよい取引をすることは不可欠ですから、様々な分析法があるにしても、最初は最も基本となるファンダメンタルズ分析ということになります。
そして、フォルスクラブであれば初心者でもわかりやすいように業績の見方から、将来性の判断の仕方などを指導してもらえることが期待できます。

【テクニカル分析も身につく】

株の基本は最初にファンダメンタルズ分析がありますが、テクニカル分析も無視をすることはできません。
理論的な根拠はないともされていますが、実際に過去の値動きを見て取引をする投資家が世の中にはたくさんいる以上無視をすることができない分析法の一つと言えます。
フォルスクラブであれば、ファンダメンタルズ分析を基本としながらも、それを補う形であるいは取引をする機会を判断するひとつの基準としてテクニカル分析もしっかりと教えてくれることは間違いないでしょう。
ポイントになるのは、あくまでも参考としつつも取引の指標となるという部分を丁寧に解説してくれるので、テクニカル分析に傾倒しすぎず有効活用ができるようになるという部分です。

【無理のない投資を教えてもらえる】

フォルスクラブで株の通信講座があれば、無理なく取引をすることが大事だということを教えてもらうことができます。
株はリスクがあるものだということを前提として、フォルスクラブは損をしないことを重視して、その中で無理のない取引をしていくことの重要性を説いてくれるはずです。
フォルスクラブはあくまでも学習をするためのシステムであることから、株においても同様に経済の勉強をしながら、勉強をして身についた努力の見返りとして利益が出るというスタンスを取ることになります。
それだけに世にありがちなハイリスクハイリターンなものと違い、大きな利益は出なくても確実に利益が期待できる投資を教えてくれるに違いありません。

フォルスクラブの株を買うことができない理由

【フォルスクラブはそもそもサービスの名前】

フォルスクラブの株を買いたいと思っても、これは無理なことです。
なぜ、無理なのかというとフォルスクラブはそもそも会社組織ではなくサービス名ですから、株の概念が存在しないのです。
サービスを提供している会社の株を買うことはできたとしても、サービス自体には株も何も存在をしていないのでフォルスクラブの株を買うことはできません。
フォルスクラブという名前を聞くと、サッカークラブのように何かしらの組織のように思えますからそのような名前の会社が存在をしていて株を買うことができるのではと思ってしまうものですが、あくまでもサービスの名前であり会社のような組織はないので買うことができないのです。

【運営している会社の株は買えるか】

フォルスクラブの株を買うことはできなくても、運営をしている会社の株であれば買うことができるのかと考える人もいるのではないでしょうか。
しかし、これも現実的には難しいものとなってしまいます。
なぜなら、フォルスクラブを運営しているイーラーニング研究所は株式市場で取引をされていないので、気軽に購入をすることができません。“株”式会社イーラーニング研究所ですが、その株は未公開株なのです。
市場で公開をされている銘柄は、売り手も買い手も簡単に見つけることができるので自由に売買をすることができますが、 イーラーニング研究所のように公開されていない銘柄ではそれができません。
それでも欲しければ売ってくれる人を探して、直接売ってもらうしか方法はないのです。

【売ってくれる人を見つけるのは難しい】

フォルスクラブの仕組みに興味を持った資本家が運営である、イーラーニング研究所に投資をしたいと持ちかければそれはそこまで話が難しくないと言えます。
ところが一般人が投資をしたいと思ったからといって、株を売ってくれる可能性は極めて低いと考えられます。
個人であってもある程度まとまった金額を投資するのであればともかくとして、会社の経営に影響が出ない程度の金額であればまず売ってもらうことはできないでしょう。
また、影響が出るほどの金額だとそれはそれで経営に支障が出るので、やはり売ってもらうことができない可能性が高く、イーラーニング研究所の株を買うのは売ってくれる人を見つけることが極めて困難であるため非現実的なことになります。

【買うことができても売れない】

フォルスクラブに魅力を感じてイーラーニング研究所の株を買いたいと思い、買うことができるところまで行ったとしても、次の問題は売ることができないところです。
市場で公開をされていない銘柄は売りたいと思っても、買ってくれる人を自ら探して見つけて売るしかありません。
簡単に売買をすることができない株を欲しい人を探すのは売ってくれる人を見つけることぐらいに難しいものですから、買うことができても今度は売るのに苦労をしてしまうことになります。
一生持ち続けるつもりであればともかく、いざとなった時に換金ができない株の価値は低いので、そのような面からもフォルスクラブの株は買えないと言えるでしょう。

マルチ商法とフォルスクラブについて

これを読めばフォルスクラブやマルチ商法やねずみ講に詳しくなれます。

そんなコンセプトで文字を埋めてみました。。

【マルチ商法とねずみ講に関する勘違いについて】

多くの人がマルチ商法とねずみ講を同じものと勘違いしています。

確かにマルチ商法とねずみ講はよく似た構造をしていますが、両者の間には決定的な違いが存在します。

例えるなら、国語と現代文くらい違います。

ほぼ同じですね。

マルチ商法の中にねずみ講があると思ってください。

もう少し詳しく解説します。

まずねずみ講は一部の人間だけが得をして大勢の会員が損失を被る仕組みになっています。

しかもねずみ講では権利のやり取りのみが行われ商品が存在しません。

一方マルチ商法には商品が存在しており、販売経路の拡大を主な目的としています。

ねずみ講もマルチ商法も他の会員を入会させると報酬をもらえる仕組みがあるという点では共通です。

しかしマルチ商法はあくまでも優れた商品を効率的に販売するための経路確保を目的としています。

権利のやり取りのみが行われるのではなく商品の販売が主な目的です。

フォルスクラブはビジネスモデルの一部にマルチ商法の手法を採用していますが、ねずみ講のように大勢の人が損失を被るわけではありません。

合法の範囲内で活動が行われており、優れた学習コンテンツを提供することで社会に貢献しています。

【フォルスクラブのビジネスモデルとは】

フォルスクラブはインターネットなどの情報技術を有効活用して優れた学習コンテンツを提供する企業です。

日本国内には地域によって学習環境に格差が存在します。

しかしフォルスクラブのように情報技術を有効活用すれば、地域間の格差を解消することができます。

確かにフォルスクラブはビジネスモデルの一部にマルチ商法の手法を採用していますが、合法的な活動を通して社会に貢献する企業です。

実際に多くの利用者がフォルスクラブの提供する学習コンテンツを利用しています。

パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットからもサービスを利用できるので人気があります。

フォルスクラブには一般会員とプレミアム会員が存在します。

プレミアム会員になるには他の会員からの推薦が必要なので、誰でもなれるわけではありません。

フォルスクラブが提供するサービスの利用者の多くは一般会員です。

公式サイトにアクセスすれば誰でも簡単に会員登録することができます。

【フォルスクラブは合法的に優れたコンテンツを提供しています】

フォルスクラブは合法的に優れた学習コンテンツを提供しています。

幼児向けの音感教育や小学生向けの英語アプリの他にも高校生向けの大学入試講座や資格対策講座、手話講座など様々なコンテンツが存在します。

フォルスクラブの一般会員になれば誰でもこれらの優れたコンテンツを自由に利用できます。

学校の成績もまず間違いなくアップすることでしょう。

【誰でも気軽にフォルスクラブのサービスを利用できます】

フォルスクラブには一般会員とプレミアム会員が存在しますが、学習コンテンツを利用するには一般会員に登録するだけで十分です。

公式サイトにアクセスすれば誰でも簡単に登録し、優れた学習コンテツを自由に利用できます。

インターネットを活用するので時間や場所に拘束される心配はありません。

自分の都合に合わせて学びたい分野について学習を進めることができます。

マルチ商法を行っている透とフォルスクラブは無関係 

話題を集めているフォルスクラブ

今多くの人から注目を集めているフォルスクラブはマルチ商法とは違って、ネットワークを通じて通信教育サービスを提供しています。

フォルスクラブが大きな話題となっている理由は、その優れたシステムと質の高いサービス内容にあるでしょう。

パソコンやスマートフォンを通して時間を問わずに通信教育講座を受けることができるため、効率よく時間を使って教養を高めたいという方に人気です。

マルチ商法を行う透と、フォルスクラブは無関係とされています。フォルスクラブは会員制のサービスとなっているため、マルチ商法と混同されてしまうこともあるようです。

マルチ商法とはどういったものか

マルチ商法とはネットワークビジネスとも呼ばれる方式であり、特定の商品を登録会員が紹介するという仕組みになっています。

人と人とのコミュニケーションを通じて販売の輪を広げていく、という通常の商品販売とは少し異なるシステムです。

海外にはマルチ商法が広く展開している国もありますが、日本国内ではそれほど人気を集めていません。

透もかなり苦戦しているようです。

扱われている商品の傾向やジャンル等が、あまり日本のニーズに合っていない可能性もあるでしょう。

フォルスクラブは商品を販売しているわけではなく、通信教育サービスを提供している会社ですので、マルチ商法とは関連性がないといえます。

フォルスクラブが人気な理由を紐解く

フォルスクラブが人気となっている理由の一つとして、利用者による評価や口コミの影響が挙げられるでしょう。

多くの人が集まる人気のサービスには、評判を聞きつけた人が集まってくるものです。

気軽に登録をして様々なサービスを体験できるというのも、フォルスクラブの人気が向上した理由だといえます。

誰でも気軽に質の高い通信教育サービスを受けることができる、そんなアイテムとして愛されているのです。透とは大違いです。

口コミでの評価が高いサービスは、マルチ商法と関連しているのではないか、と見られる事も増えていきます。

良い評判を耳にするととりあえず一度は疑ってみる、という考え方の人も多いものです。

しかし実際にフォルスクラブのサービスを体験した人は、その質の高さに納得しているといいます。

画期的な通信教育サービス

英会話を学びたい、成績を向上したいといった目標を現実にするためには、ただ努力をするだけでなく効率の良い学び方を選ぶ必要があります。

誰しも学習に利用できる時間を無限に持っているわけではなく、限られた時間内で効果をあげなければならないためです。

フォルスクラブはネットワーク通信の利点を活かした、画期的な教育システムを作り上げました。

通信環境さえあれば誰でも、場所や時間を選ぶことなくマイペースに学びを得ることができるのです。

フォルスクラブが提供する新しい時代の学習システムは、今多くの人に選ばれ支持されています。

マルチ商法行う透とは関連性がないため、安心して利用できるというのもフォルスクラブの大きな魅力だといえます。

誤解されがちだけどマルチ商法ではないフォルスクラブ

「今注目のフォルスクラブで英会話を習得」

英会話ができるというのは、今とても重要視されていることです。

マルチ商法ではないフォルスクラブの英会話教材はとても優れた教材であると高評価されていますし、理想的な学習が出来るという事で満足度も高いです。

もちろん利用された方の口コミを見てもそれがわかりますし、試してみる価値が有ります。

マルチ商法ではないかと疑いを持たれているのも事実としてありますが、そんなことはまったくありませんし、安心してフォルスクラブの英会話教材を利用する事をお勧めします。

マルチ商法ですと不安も有るかもしれませんが、そんなことはないので大丈夫です。

「なぜフォルスクラブはマルチ商法と疑われているのか」

フォルスクラブはマルチ商法では全くないにもかかわらず、そういった事を言われていたりしますが、マルチ商法ではありませんし安心して利用することができます。

英会話を取得している事で、今は社会進出しやすくなりますしスキルアップとしても続けていけば将来的なメリットも確実に出てくると言えるでしょう。

色々な英会話教材がある中で、やはりフォルスクラブを選んでいる方は多いですしその理由も明確です。

それは口コミ評判で実際に効果があってここを選んでよかったという声が非常に多く寄せられているからです。

色々な英会話教材の中でも、人気が高い所や口コミ評価が高い所はそれだけ理由があるという事になりますので、まずははじめてみる事をお勧めします。

きっと満足いく結果となるでしょう。

「ネットを利用してできる英会話が人気」

フォルスクラブの英会話と言えば、ネットを利用して行う事が出来る英会話教材です。

ネットを利用して学習するタイプの教材はいま色々な会社が出していますが、その中でも特にフォルスクラブの者は人気が高いです。

マルチ商法ではないかという噂がされていたりもしますが、全くそのような事は有りませんので安心して利用することが出来ます。

マルチ商法というのは全くフォルスクラブが行っている内容とは違うものですし、教材自体も信頼されていてかなりこだわって作られていますので試してみる価値が有ります。

ネットを利用して学習が出来る教材は自宅など好きな場所でとりくむ事が出来るというのも魅力的な一面です。

塾などで通わなければならない方は大変ですし、仕事が終わってからでは時間的に遅くて開いていないという場合でもこちらの教材であれば問題ありません。

「まずは試してみる事をお勧めします」

フォルスクラブの教材は、多くの口コミ評価でも高評価されていますし、教材がとてもこだわって作られているので英会話を習得しやすくもちろん利用した方の満足度も高いです。

今は企業でも公用語として英語を使っているところも増えていますし、英会話が出来る事は色々なメリットも有ります。

資格を取得するのと同じ感覚で学習すると良いでしょう。

マルチ商法ではないかと言われている一面もありますが安心してください。

フォルスクラブを運営している会社の株を買う

●フォルスクラブの株は存在しない
便利な学習システムであるフォルスクラブですが、株があったら購入をしたいと考える人もいるのではないでしょうか。
しかし、フォルスクラブの株というのは存在せず購入をすることはできません。
フォルスクラブという名前を聞くと、そのようなクラブがあって組織があるような気がしますから、ついでに株もあるのではないかと思ってしまうものですが、これはあくまでもサービスの名前でしかありませんから、株を買いたいと思っても買うことはできないのです。
素晴らしいサービスだけに投資先としては魅力なので、投資をする方法があるのであれば投資をしたいと考えたときには、運営している会社に投資をする手があります。

 

●投資をするのであればイーラーニング研究所に
フォルスクラブに直接投資をすることができないのであれば、その場合には運営をしている企業に投資をするのが一番の近道ということになります。
フォルスクラブ運営しているのは、イーラーニング研究所と呼ばれる企業であり、研究所にと名前がついているので営利企業ではないと思ってしまいがちですが、これはれっきとした一企業であるのでイーラーニングのことをしっかりと研究しながらも営利活動にも励んでいます。
株式会社であるためイーラーニング研究所の株を購入することができるのであれば、フォルスクラブに投資をするのと同じことになるのです。

 

●イーラーニング研究所は株は公開されていない
イーラーニング研究所に投資をしようとした時に問題となるのが、株式市場に公開をされている企業ではないので、買いたいとなった時には直接売ってくれる人を探さなければなりません。
あるいはその逆に売りたいとなったときにも市場を通じで売買をすることができるわけではないので、買いたい人を自ら探して売らなければならないので非常に手間がかかってしまいます。
この時点でフォルスクラブに気軽に投資をするということは難しくなってしまうのですが、それでも投資をするだけの価値は十分にあるといえるでしょう。
それは何故かと言うとこの先いつまでも市場に公開されないとは限らず、市場で取引できるようになった時には巨万の富を得られる可能性があるためです。

 

●公開されると高値がつくことも
人気の企業であっても株式が公開されていない企業は少なくありませんが、そのような企業が自由に売買できるようになった時には、たちまち株価がうなぎのぼりになるケースはすくなくありません。
それに目をつけているのがベンチャーキャピタルという存在で、将来性のある企業に先行投資して株式を公開した後に換金をしているというわけです。
もしも、イーラーニング研究所の株を未公開の時点で購入をすることができたとしたら、株式市場で取引できるようになった暁には大きく値上がりをすることができる期待大であるだけに、今から手間を掛けて株を買って見る価値は十分にあるのです。