フォルスクラブとオンライン家庭教師を比較

オンライン家庭教師というのが存在します。
実際に家に赴く必要がありませんので、
講師の拘束時間を減らすことが出来ます。
それにより、通常の家庭教師よりも
安く済ませられるケースが多いのです。
通常の家庭教師の相場が1回60分1万円なら、
オンライン家庭教師は1回60分5,000円程度で
利用できるかもしれません。
特に、離島や地方ではオンライン家庭教師の方が、
需要が高いのではないでしょうか。

さて、フォルスクラブとオンライン家庭教師ですが、
どちらの方が良いのでしょうか?
それぞれ特徴が大きく異なりますので、比較するのに苦労しそうです。

まず、対応する科目ですが、フォルスクラブは小1~高3までの英語、
および、高1~高3までの国数英理社情です。
それに対し、オンライン家庭教師は
全科目に対応できることが多いです。
流石に「情報」の科目は難しいですが、
大抵の科目には対応できると思います。

料金に関してはフォルスクラブが文句なしに安いです。
月額6480円で利用することが出来ます。
上記で紹介した通り、
オンライン家庭教師は1回60分5,000円程度掛かります。
週1でしたら月に2万円も掛かってしまいます。
また、この価格は学年が上がるごとに上昇するとも言えます。
受験シーズンでしたら、
1回60分1万円までアップしてしまうかもしれませんよ。
家庭教師はとても有用ですが、
やはり費用がネックになってしまうでしょう。
安価に勉強するなら、フォルスクラブが最良と言えます。

利用環境に関しては、
フォルスクラブもオンライン家庭教師もほとんど一緒です。
どちらもパソコンを用意しないといけません。
そしてリアルで会わないので、頭をポンポンされることもありません。
ただし、オンライン家庭教師の場合は、
オンラインチャット機能を使いますので、
スカイプくらいは使いこなせるようになっておきましょう。

フォルスクラブとJASRACについて

フォルスクラブの幼児向け音感育脳シリーズには、
プロコフィエフ、チャイコフスキー、ヴィバルディ、
サン=サーンス、ヨハン・シュトラウス2世の楽曲が収録されています。
そしてこれらの曲ですが、JASRACに申請していません。
著作権には保護期間というものが存在し、
一定の期間(国によって延長されることもある)過ぎたら、
誰でも自由に使うことが出来るのです。
一般的には、著作者の死後50年までです。
上記の5人はいずれも100~200年前の方々になりますので、
著作権は普通に切れています。

フォルスクラブの幼児向け音感育脳シリーズは
現代音楽に対応していませんので、
JASRACとは無縁と言えそうです。
現代音楽よりも、歴史上の偉人たちによる音楽の方が
勉強になることが多いのです。
ただし注意点として、
フォルスクラブのふぉるぱはJASRACに絡む危険性があります。
と言うのも、ふぉるぱは自分で自由に
eラーニングを作れるコンテンツですが、
それで歌詞の一部を記載すると、
著作権が発生する恐れがあるのです。
しかもその場合の請求先は個人ではなく、
運営側(フォルスクラブ側)になります。
かなり迷惑を与えることになりますので、
現代音楽をテーマにふぉるぱで
eラーニングを作成するのは控えましょう。

JASRACは色々なところで目を光らせています。
ツイッターで歌詞を呟いただけで、
利用料を請求されることもあるのです。
音楽は自由な文化に見えますが、
意外と窮屈なシステムになっているのです。
創作者の知的財産を守るためにも、
JASRACはしっかりと使用者から徴収しているのです。
フォルスクラブを普通にやるだけでしたら、
著作権法に触れることは一切ありませんが、
ふぉるぱやブログを自作する際は、
歌詞を呟かないように気を付けましょう。
そして、知らないところでその文章が
歌詞になっている可能性はかなり高いので、
まずは現代音楽のすべての歌詞(約130万曲)を
覚えた方が良いですよ。
7文字程度のコピーでもアウトになる恐れがありますので。

イーラーニング研究所の教材で保育士になれるが、それ以外の方法には何がある?

イーラーニング研究所のスマホアプリを使えば
保育士の勉強が出来ます。
学校に行く暇がない方は、
イーラーニング研究所の教材を使うのが良いでしょう。
では時間とお金のある方はどうするのでしょうか?
普通に学校に通うのでしょうか?
その場合は、どういった学校があって、
どれくらいお金が掛かるものなのでしょうか?

保育士になるための学校は多いです。
専門学校、または短大に2年通って保育士免許を取得します。
保育士試験を受けずに卒業だけで取得できますが、
普通に卒業試験や実習もありますので、
難易度としては保育士試験とそう変わらないと言えます。
なお、4年制大学に通っても保育士免許を取得することが出来ますが、
こちらは幼稚園の免許のついでで取ることが多そうです。

4年制大学は、プラスアルファを求めて
通うことが多いと言われています。
2年で保育士になれるのに、
+2年人生を無駄に過ごすのはちょっと勿体ないですよね。
モラトリアムを楽しみたいのなら、
それに見合った何かしらの成果を手に入れましょう。
臨床心理士を同時に目指すのも良いかもしれませんね。
イーラーニング研究所も
この資格試験に対応してくれると便利なのですが、
更新の予定はないのでしょうか?

値段について見てみましょう。
総額は、指定校の2年制で200万円、併修校の2年制で250万円、
併修校の3年制で350万円のところが多いです。
4年制大学と比べるとかなり安いですが、
それでも安い買い物ではありません。
ちなみにイーラーニング研究所のスマホアプリは0円です。
通信教育を使って保育士試験を受験する方が多い気持ちも、
何となく分かりますね。

保育士になるのに、
時間とお金がある方は学校に通うのが一番ですが、
そうでない方は独力で勉強して、
保育士試験に挑戦するのが良いかもしれませんよ。