フォルスクラブはねずみ講ではありません

●フォルスクラブはなぜ、ねずみ講の噂がちらほらするのだろうか
フォルスクラブはインターネットを舞台に小中高生向けの受験や学力向上を目的にした動画を中心にしたコンテンツを提供している会社です。会員になると勧誘しなければならないとの誤解が生まれてしまい、いまだにねずみ講ではないかとの根拠のない噂が流れているようです。ねずみ講とは無限連鎖講との呼び名もあり、会員を増やすことに階層上部に上納金が納入される形状の組織で、破綻が必然で上位メンバーだけが収益を集めることが出来るに過ぎないため法律上禁止されています。この点、フォルスクラブは殿年代の人々にも適合した内容をコンテンツ提供しているので家族単位で入会することが珍しくありません。もちろん実際に利用した人がメリットの高さに他の人に勧めることはありますが、別に勧誘義務を負っているわけではないのです。事実上驚異的なスペースでメンバーが増えているので、ねずみ講の噂がたちましたが、結局根拠のないことがお分かりいただけたことでしょう。


●ねずみ講とは対極の位置にあるフォルスクラブのコンテンツ
フォルスクラブを利用の中心層は、中高生などの受験勉強を控えた年代です。受験では知識を駆使して問題を解く姿勢が求められるので、暗記の重要性が高いのは事実です。現場で思考を要求される問題であっても、それを解くための基礎的知識は覚えるほか無いからです。問題を特にあたって当然の前提となっている知識は暗記するほかありません。このような時に有効なのは繰り返し学習です。フォルスクラブはいつでも苦手な科目も繰り返し学習できるので、自分のペースで理解できるまで学習することが可能です。理解できた知識は意識せずとも活用できるので、応用問題にもとり組む意欲も生まれます。この点も人気をあつめる理由と言えます。


●フォルスクラブが苦手な英語の会話やリスニングにも時間をかけることが出来る
日本人の実践的英語力の貧困さが叫ばれて久しいですが、受験面でもこの点の問題意識されていて、リスニングや英会話の問題が出題されるのがデフォルトになってきました。フォルスクラブではスマートフォンで英語のコンテンツを利用できますが、苦手意識を持ちやすいリスニングも繰り返し学習をいつでも行えます。リスニングは慣れが大事なので日常的に繰り返すことの有用性が高いのは間違いないでしょう。ねずみ講とみまがうばかりにメンバーが増えているのは、昨今の受験事情の変化を反映しているとも考えられるのです。


●ねずみ講に見間違えるほどの勢いで、普及が進むフォルスクラブの人気の理由
フォルスクラブ代表の吉田社長は、都市部と地方との教育環境の不平等を正し、教育機会の均等を実現するために、全国レベルでも先駆けてeラーニングを学習方法に導入した実績を持っています。地方在住では情報格差や交通アクセスなど個人の才能では埋められない差が存在しています。このような現在日本が抱える問題に切り込んだ教育スタイルを現実に構築したので、ねずみ講に勘違いされるほどの勢いを見せているのです。

ねずみ男がおすすめするフォルスクラブで手話を学ぼう

ねずみ男がおすすめするフォルスクラブの特徴。
わたくし、ねずみ男がおすすめするフォルスクラブは、現代社会に合った新しい教育方法を取り入れる企業です。今まで学習といえば教科書や参考書を広げて、文字を追うという方法ばかりでした。このような学習方法は飽きやすく、長続きしないケースも少なくありません。一方、ねずみ男がおすすめするフォルスクラブでは、パソコンやスマートフォン、タブレットを使った学習方法を採用しています。今は1人1台、スマートフォンやタブレットを持っている時代です。インターネットを介した学習システムですので、24時間365日時間を問わず学ぶことができます。さらに難しい教科書や参考書とにらめっこしつつ勉強するのではなく、動画で分かりやすく学べる点もポイントです。今まで、色々な教育サービスを受けてきたけれど、長続きしなかったという人でもフォルスクラブなら続けられるのではないでしょうか。

 

色々なサービスの中でも手話講座を、ねずみ男がおすすめする理由。
フォルスクラブでは幼児教育や英会話など様々なサービスを提供していますが、ねずみ男は手話講座をおすすめします。フォルスクラブの手話講座は、パソコンとタブレットで学べるのが特徴です。手話を習得する上で手や指の形を覚えることは必要不可欠です。教科書を見ながらだと、なかなかパターンを覚えることはできません。フォルスクラブの場合、講義は全て動画配信されています。講師が実際に手話をしている動画を見ながら学習することができるので、手や指の動きを覚えやすいのです。実践的な手話を身に着けたいという人に、特におすすめとなっています。講義だけでなくクイズやテストも動画で出題されます。クイズなどはゲーム感覚でできるので、飽きずに続けられるのではないでしょうか。講師の声と動画を使った講座となるので、小さい文字が読みにくくなった人でも学びやすいかと思います。

 

自分のペースで学ぶことができるから手話を習得しやすい。
他の企業も手話講座を開いていますが、何故ねずみ男がフォルスクラブをおすすめするのかというと、自分のペースで学習することができるからです。モードを切り替えて自分に合った学習ができるようになっています。『相手手話』モードの場合、左右反転した状態の動画となります。字幕のON・OFFも可能です。自分の理解度に合わせて動画を切り替えることによって、さらに効率的に学習できるようになっています。自宅学習は自分のペースで学べないと、なかなか長続きしません。学び方を自分で選択できる点も、ねずみ男がフォルスクラブをおすすめする理由の1つです。

 

手話技能検定にも対応しているので試験合格を目指せる。
ねずみ男がフォルスクラブを皆さんにおすすめするのは、動画での講義を受けられるというだけが理由ではありません。手話技能検定にも対応した内容になっているからです。フォルスクラブの手話講座では7級と6級に対応しています。指文字のイラストの読み取り、本講座の指文字の基本形がテストにでるのが7級、映像で流れる手話の読み取りを試されるのが6級の試験です。手話入門者なら取得しておきたい、手話技能検定の7級と6級をクリアできる程度の知識を得ることができます。ねずみ男もチャレンジしてみて、まずは7級クリアを目指そうと考えています。

 

ねずみ講ではないフォルスクラブのサービス

24時間いつでも好きな時に学べる教育システム
パソコンやタブレット端末を利用してインターネット上で学習できるという革新的な教育システムを提供しているのがフォルスクラブです。24時間365日、いつでも好きな時に学ぶことができ、自分のペースで進められますので、途中で嫌になったり挫折をする確率が下がります。途中で止めてしまうケースの多くは、自分のペースで続けることができなくなってスケジュールが遅れがちになったり、まとまった時間を作ることができずにそのうち興味が削がれてしまったりといったことが理由になっていますが、フォルスクラブならそのような心配もなく、自分のタイミングで学べますので着実に学力アップを図ることができます。フォルスクラブで提供されているeラーニングシステムはとても安価ですので費用的な面でもメリットがあり、人間形成のために必要な教育を誰もが公平に受けられるようにと作られたサービスです。


一部の噂で言われているようなねずみ講ではない
フォルスクラブは、一部の噂ではねずみ講なのではないかと言われることがありますが、これは事実ではありません。ねずみ講というのは、ピラミッドの一番上の方の人だけ儲かる仕組みになっており、下の方になると自分でその下を作らないと儲からない仕組みになっていますので、自分で何とか儲けを出そうと販売を試みます。これを繰り返すことで巨大なピラミッドが出来上がり、関わった人の数はねずみ算式に増えていくのですが、フォルスクラブの場合は購入手段が公式サイトとプレミア会員から購入する方法の2つが用意されていて、プレミア会員から購入してもそれを別の人に販売することはできません。仕組みを見ればねずみ講との違いは一目瞭然ですが、このプレミア会員からの販売を勘違いしている可能性もあります。


フォルスクラブがねずみ講ではないと言える理由は他にもある
販売方式以外にも、フォルスクラブがねずみ講ではないと断言できる理由が存在します。それは、きちんとした商品を売っているという点であり、本来のねずみ講では商品らしい商品は販売されていません。フォルスクラブで提供されているサービスは質が良いことで定評がありますし、実際に幅広い世代に利用されているものですので、全く実のないねずみ講とは根本的に異なるものです。


楽しく学べて早期教育も可能になるeラーニング
勉強に一度苦手意識を持つと、その後に払拭するのが大変です。覚えたり解いたりするのが大変だ、辛いと感じると勉強が嫌になってしまうものですが、フォルスクラブでは楽しく学ぶことを教えてくれますので、早期教育にも向いています。特に力を入れているコンテンツは英語であり、体験型英語学習アプリと小学生向け英語アプリのイングリッシュ・モンスターズ・コレクションがあり、ゲームのように楽しみながら学べるのが大きな特徴です。苦手意識を植え付けることなく、楽しく覚えられるサービスです。