マルチビジネスの手法を有効活用するフォルスクラブ

【どうすれば効率的に学習を進めることができるのか】
東京や大阪、名古屋などの大都市には大型書店予備校などが多数存在します。また日本国内で一流とされる大学の多くも大都市にあります。地方都市に住んでいると一流大学が近所にないため、自分には関係ないものと思いがちです。一流大学があまりにも遠い場所にあると、目標にしようとする気持ちすら起こらなくなります。その点大都市周辺に住んでいる学生は有利です。常に一流大学が身近にあるため、自分も頑張れば行けるかもしれないという気持ちが湧いてきます。また学生のチャレンジを後押しする環境が整っています。大都市周辺では効率的な学習を進める環境がありますが、そうでない地域では別の方法を探る必要があります。フォルスクラブはインターネットなど最新の情報技術を活用する新しい方法を提案しています。

 
【フォルスクラブが日本の教育環境に大きな変化をもたらす】
フォルスクラブにはスタンダードメンバーとプレミアムメンバーが存在します。会員になるとフォルスクラブが提供する様々な学習コンテンツを利用できます。プレミアムメンバーは他の会員を勧誘することでバックマージンを貰えます。この仕組みはマルチビジネスの手法を採用したものです。エステとかでよく「友達を紹介したら5000円分の商品券プレゼント」というのをやっていますが、それと全く同じです。マルチビジネスはネズミ講と混同されることがありますが、実際は全く異なります。合法的な販売網拡大のための手法の1つです。フォルスクラブは最新の情報技術を活用して、様々な地域に住む人々に最高の学習コンテンツを提供しています。日本の教育環境に大きな変化をもたらす存在です。現在では日本中の様々な地域に住む人々が、フォルスクラブのサービスを活用して学習を行っています。

 
【マルチビジネスのメリットを最大限活用する】
マルチビジネスは魅力のある商品やサービスを効率的に販売するための手法の1つです。フォルスクラブでもマルチビジネスの手法を採り入れ、多くの人々にサービスを届けています。マルチビジネスがネズミ講と混同されるケースも多く見られます。しかしネズミ講は会員を勧誘してバックマージンをもらうだけです。また特定の人たちだけが得をする仕組みなため違法とされています。マルチビジネスは商品やサービスを販売するための方法なので違法ではありません。フォルスクラブの会員の多くはスタンダードメンバーですが、マルチビジネスの手法も有効活用することで効率的に会員を増やしています。マルチビジネスの手法には効率的に会員を増やし、安定して商品やサービスを提供できるというメリットがあります。

 
【合法的なビジネスモデルとして認められているマルチビジネス】
フォルスクラブが採用しているマルチビジネスの手法は、会員の獲得とサービスの提供を効率的に行える点に特徴があります。バックマージンを得ることが目的となるネズミ講とは異なり合法なビジネス活動です。フォルスクラブはマルチビジネスの手法も有効活用して活動の幅を広げ、優れたサービスを提供することで社会に貢献しています。

 

フォルスクラブとマルチとでは何が違うのか

フォルスクラブは何をしているところなのか?
フォルスクラブはインターネットを利用して資格の教材などのサービスを提供している会社です。ですから、最近のビジネススタイルになっているという事が言えるのかもしれません。既存の書籍などによる教材販売では無いので、ネット配信というようなサービスをイメージすると分かりやすいかもしれません。資格だけではなく、様々な教育関係の情報も発信しているので、これからさらに成長していく事も考えられる会社という事になるでしょう。

 

 

マルチはどんな事をするのか?
その一方でマルチと言うのは、特に決まった商品やサービスがあるわけではなく、連鎖販売で商品やサービスを売りつけるという事をマルチと呼んでいる事が多いという事が言えます。マルチというと違法な販売行為と考えている人も少なくはありませんが、マルチそのものは違法でも何でもありません。連鎖販売というような言葉もありますが、別に組織で連鎖させて商品やサービスを販売するという事は日本は元より世界中で行われている一般的な販売方法といって良いでしょう。ほとんどの人がイメージしているマルチは会員が自分の下に会員を作って無理やりノルマなどを作って強制的に販売させているというような事をイメージしていますが、そのような事をいうわけではありません。

 

 

フォルスクラブはマルチ商法なのか?
フォルスクラブはマルチ商法はしていません。マルチというものとは全く違う普通のビジネススタイルだといってもいいかもしれません。インターネットでサービスを利用する会員を募集して、サービスを利用する場合には会員になってから利用するというだけの事ですから、至極全うで最近ではよくある方法という事も言えるでしょう。マルチは会員が会員を勧誘するという事が行われることが多いので、こうしたものとは違うという事が言えます。

 

 

フォルスクラブは何故マルチと間違われることが多いのか?
これは勘違いをしている人が多いからという事が考えられる。日本はマルチと言うと悪いビジネスだというイメージが出来上がっていて、これはマルチ商法で過去にとんでもない詐欺を働いた会社があったという過去があるからだと考えられます。この場合でも詐欺が一番問題なのですが、その時の報道でマルチ商法が悪徳商法のような言い方がなされてたので、これが違法でとんでもないビジネスだという認識が出来てしまったという事が考えられます。フォルスクラブは会員制をとっているので、この会員制という言葉を聞いた瞬間にマルチをイメージしてしまうという事があるのかもしれません。ですから、フォルスクラブは過去の悪い会社せいでこうした悪徳商法と間違えられやすいという事になっていると考えられます。フォルスクラブ自体のビジネスは特に何も問題はなくて、むしろこれからのスタンダードになるかもしれない新しいビジネススタイルだという事が言えるのかもしれません。

マルチ商法ではないフォルスクラブが選ばれる理由

 

●フォルスクラブは幼児から社会人まで、誰でも利用できるコンテンツ形式の教育システムです
パソコンやタブレットなどの各種端末を用いて、インターネットをプラットフォームに楽手できるシステムを提供してるのがフォルスクラブになります。学習の方法には幾つかのスタイルがあります。学校での授業に復習だけでも高い実力を自ずと身につける方もいますが、むしろ例外的といえるでしょう。そこで分かりやすい講義を実施できる講師が在籍している各種の塾や予備校に人気が集まるわけですが、そのような人材が集まるのは都市圏などに限られるのが現実です。そこでインターネット上で優れた講義をコンテンツとして提供し、反復学習を可能にしたのが、フォルスクラブのeラーニング学習です。ネット接続環境さえあれば24時間365日、どこでも理解できるまで自主学習を実践することが出来ます。使い勝手の良さや、小学生向け英語学習アプリなどの独自のコンテンツが高い人気を集め会員数は増加を続けています。他方でマルチ商法の疑いをかけられている程の人気です。

 

●フォルスクラブがマルチ商法に間違えられる理由と、マルチ商法ではない理由
それではフォルスクラブはマルチ商法にあたるのでしょうか。マルチ商法とは利用者が何らかの物品やサービスを販売すればいくばくかの報酬が構成員に分配され、販売数に比例して報酬も増加することになります。マルチ商法では誰もが販売を担当しており、物品やサービスなどを介在させてはいるものの、その実態はネズミ講に近いものです。これに対してフォルスクラブではコンテンツの販売をすることで報酬を得ることが出来るのは、入会金を支払った上で推薦を受けた一部の会員に限定されます。マルチ商法では誰でも顧客獲得のために、誰でも販売者になることが出来ます。しかるにフォルスクラブでは販売に関与できるのは一部会員に限定され、報酬も副次的に得られるに過ぎません。

 

●フォルスクラブなら苦手意識を持つことなく、何回でも繰り返して理解する喜びを知ることができる
勉強では一度苦手意識を持ってしまうと、その後に払拭するのは大変です。覚えたり解いたりする成功体験を獲得するには、フォルスクラブの分かりやすいコンテンツで理解できる喜びを得るのが一番の近道です。フォルスクラブでは楽しく学ぶことを大切にしており、一回では理解できない問題も繰り返し視聴することで、自然と理解に導いてくれます。苦手意識にとらわれずに、学習に望めるメリットを有することからも、マルチ商法とは無縁と言うことが出来ます。

 

 

 

●マルチ商法ではないフォルスクラブの魅力の一つは、コストがかからず継続しやすい点にもある
フォルスクラブが高い人気を集めるポイントの一つは、低コストな点でしょう。月当たり6000円の会費を支払うことで最大1家族で最大5人まで利用することが可能です。このように利益追求に走らない事実を見てもフォルスクラブはマルチ商法とは無縁と結論付けることができるのです。