「フォルスクラブ」タグアーカイブ

フォルスクラブの映像授業に似たeラーニングはあるの?

フォルスクラブの大学入試対策講座は、
その名の通り大学受験のための内容になっています。
特徴として、放送大学のような映像授業になります。
放送大学との違いは、黒板を多用する点でしょうか。
ちなみに放送大学は、講師が延々と喋っていて、
要所要所でパワポのようなパネル資料を表示する感じです。
では放送大学以外で、フォルスクラブの大学入試対策講座に
似たような他社の教材は他にあるのでしょうか?

探してみれば意外とあることが分かりました。
一番有名なのは、家庭教師のトライが提供している
トライイットでしょうか。
永久0円で視聴・およびテキスト(ダウンロード)が利用できますが、
添削と質問が有料です。
1回質問するのに500円掛かります。
フォルスクラブでしたら、
高校生向けeラーニングの方で質問することが可能で、
こちらは無料です。
あと、講師の質はスタディサプリの方が優秀とも言われています。

そのスタディサプリを見てみましょう。
トライイットは中高6年間しか対応していませんが、
スタディサプリは小学4年生から高校3年生までの9年間です。
また、授業の質が高いことで評判になっています。
その代わり、月額980円で、しかもテキストはその都度、
ダウンロードが必須です。
兄弟姉妹が2人居たら、
フォルスクラブ以上にお金が掛かってしまうでしょう。
なお、質に関してはフォルスクラブも負けてはいません。
都内の一流の講師陣が揃っていますので、
スタディサプリに負けない授業をやってくれますよ。

映像授業を提供している会社は非常に多いです。
軽く調べただけでも、ベネッセ、秀英予備校、Z会、
河合塾、明光義塾、湘南ゼミナールなどなど。
通信教育をメインに扱う企業だけでなく、
塾でも当然のように映像授業を導入するようになりました。
フォルスクラブの利点は「家族が多くても低コスト」なので、
塾に通うお金がない方は、
フォルスクラブで受験対策をするのはいかがでしょうか?

フォルスクラブのLEARNING EYESに似ている教材を探せ

フォルスクラブのLEARNING EYES。

中学生からビジネスマンに向けての英語を、動画形式で覚えられると評判になっています。

ところでこのコンテンツですが、他にはないのでしょうか?

今回はフォルスクラブのLEARNING EYESに似た教材が無いか探してみたいと思います。

 

まず、LEARNING EYESは英語のホームドラマになります。

そしてこうしたホームドラマは世界中に存在します。

FRIENDSやHow I Met Your MotherやFuller houseやgleeなど、注目の作品はいくらでもありますよね。

では、そうした作品とLEARNING EYESの違いですが、それはセリフにあると言えます。

海外ドラマの多くはネイティブなセリフが主体ですが、LEARNING EYESは畏まった表現が主体になるはずです。

英文法の勉強が目的になりますので、意味不明なセリフやスラングは極力排除されています。

 

ストーリーの面白さよりも、フォルスクラブは正しい英文法を覚えさせることを目的にしているのです。

おそらく、英語圏の方がLEARNING EYESを見たら、違和感だらけになると思います。

仮に日本語で訳してみると、

「私はお腹が空きました」

「分かりました。私はあなたのためにハンバーガーを買ってきます」

という感じでしょうか。

完全にロボットですね。

 

また、字幕の付け方も特徴的と言えます。

一般的な字幕はかなり小さく表示されますが、フォルスクラブのLEARNING EYESの字幕はかなり大きいです。

画面の4分の1は字幕で占められています。

普通にドラマを観たい方からしたら、邪魔以外のなにものでもありません。

しかし、勉強を目的にしている人たちには、字幕はとてもありがたい存在です。

 

海外のドラマではなく、フォルスクラブのように勉強を目的に提供している英語動画は、ほとんどないと言えます。

文科省(の傘下の企業)あたりが作成しているかもしれませんが、民間が独自に作成しているケースは少ないです。

LEARNING EYESに似ている教材を探すのは、一筋縄ではいきませんね。

皆さんも探してみてください。

フォルスクラブのようなeラーニングは他にはないだろうか

フォルスクラブのようなeラーニングは他にはないと言えます。

しかしそれは探してないだけで、もしかしたらあるかもしれません。

今回は「複数のコンテンツが同時に収録されている」という特徴を持つeラーニングが他にはないか、本格的に探してみたいと思います。

 

面白いことに以下のタイトルの論文を発見しました。

「Development and evaluate of e-Learning system used many contents : Study contents into AIRS」

複数のコンテンツを利用できるeラーニングのことで、まさにフォルスクラブのような教材について語っています。

概要しか読めませんでしたが、それによると、

「大抵のeラーニングは単一のことしか学べないが、学習者によっては理解度や進捗度は異なる。それゆえ、どんな人にも対応できるように複数のコンテンツを同時に配信する必要がある」

というようなことが書かれていました。

これはまさにフォルスクラブのコンセプトに完全にマッチしていると言えます。

むしろ、この論文が登場したことでフォルスクラブが誕生したかとも思いましたが、残念ながら、論文の方が4年も後です。

 

複数のコンテンツが同時に収録されているeラーニングでしたら、塾が提供しているものがそれにあたります。

今や塾もeラーニング事業に参入している時代なのです。

主に宿題として出すことが多いみたいです。

特に個別指導塾でしたら、教える内容はひとりひとり違いますので、必要に応じて戻り学習もします。

eラーニングの内容も学年に縛られずに、個々にあった内容で、宿題として出すと思いますよ。

しかしそれでも基本5教科にしか対応していませんので、フォルスクラブには勝てそうもありませんね。

 

やはり本気で探しても、フォルスクラブのような「複数のコンテンツを同時に収録」しているeラーニングは見つかりません。

この特徴はフォルスクラブオンリーワンと言えるかもしれませんね。

フォルスクラブで手話を学べる

様々なパターンで実績的な手話を身に付けられるとフォルスクラブは評判になっています。

普通に相手を見て手話を学べるのはもちろん、手の動きを真似しやすいように、鏡のような反転モードを搭載させています。

見たまま真似して覚えられると、かなり高い人気を獲得しているみたいです。

 

フォルスクラブの手話講座はすべて動画です。

練習からテストまで全部動画で視聴することが出来ます。

クイズも動画で出題されますので、かなり実践的だと言えます。

静止画では手の所作を上手く伝えることが難しいので、手話を覚えるには動画が必須と言えそうです。

 

また、手話技能検定6級と7級に対応しています。

最も基本の級位ですが、日常会話くらいは出来るようになります。

入門者には最適な教材だと言えそうです。

 

手話の通信教育はフォルスクラブ以外にも色々あります。

しかし、そうしたものはとても高いです。

1セットで2万円近くするのがザラだと言えます。

一方で、フォルスクラブは全部まとめて月額6,480円です。

学校の勉強のついでに学べると評判になっています。

安さが売りなのが、この教材の特徴と言えそうです。

 

手話の需要は決して高いとは言えませんが、必要な時にはかなり必要になります。

身近な人物に手話が必要な方が居たら、率先して手話を習うのはいかがでしょうか。

英語よりかは簡単ですが、覚えるにはやはり3ヶ月くらいの猶予は欲しいところです。

フォルスクラブを使って、しっかりと6級レベルの手話をマスターしてください。

フォルスクラブの「ふぉるぱ」で問題を作ろう

学ぶと教えるが両方できる学習サイトとして、フォルスクラブの「ふぉるぱ」が人気です。

簡単な操作で誰でもeラーニングの問題集を作ることが出来ます。

 

問題集を作るのは、思っている以上に大変です。

数学のように式を入力するのとは違い、正答と誤答を明確に分かるように区別する必要があるのです。

「ふぉるぱ」は4択クイズになりますので、間違った回答を3つ作る必要がありますが、この誤答は確実に「まちがい」だと分かるようにしないといけません。

そして質問の方も、必ず正答にだけ行きつくようにして、絶対に誤答に行きつかないような内容にしないといけません。

しっかりと正しい知識を身に付けないと、問題集というものは決して作れないのです。

 

知識さえあれば、フォルスクラブの「ふぉるぱ」で簡単に問題集を作ることが出来ます。

用意されているマスに文字を入力するだけなので、メールができる方であれば誰でも可能です。

完成した問題集は全国の会員に公開することが可能ですが、特定のグループだけにやらせることも出来ます。

学校のコミュニティ内でやることが可能で、内輪だけで楽しむことも出来ます。

会社の研修にも使えますよ。

人気の講座はランキングで表示されますので、上位を狙うのも良いかもしれませんね。

回答率や正答率なども確認出来ますよ。

 

問題集を自作するのは、かなり勉強になります。

フォルスクラブの「ふぉるぱ」で、皆が喜ぶような良い問題を作ってみませんか。

フォルスクラブは上場企業での研修にも使える

日本が世界に誇れることとして、新人の社員教育というものがあります。

海外の企業ではコレはあまりなく、新人を雇わずに中途の有能な人物を引き抜くことが多いです。

もしくは、アルバイトの身分から這い上がることもあるかもしれません。

日本でもそういうことをやっていますが、毎年4月に一括採用して、一括研修を受けさせるところが多いと思います。

こうした研修はまとめてやった方が効率が良く、コストも抑えることが可能なので、上場企業や中堅以上の会社でしたら、この方法で入社した社員を育てています。

 

こうした新人教育で行うことは、大きく分けて2つあります。

ひとつはビジネスマナー研修です。

日本の立派な社会人として、礼節・マナー・企業人としての社会常識を教えます。

フォルスクラブが教える項目は主に学校の勉強になり、こうした儀礼に関することはフォルスクラブで学ぶことが出来ません。

こうした研修を受けることで、誰でも立派な社会人になれると世界中で評判になっています。

上場企業の中には、新人研修を製品にして海外に売り出しているところもあるそうです。

 

もうひとつ行っている研修は、技術研修です。

これは主に工業に関わる職種に多いと言えます。

例え営業職として働く場合でも、自社で作る製品がどんなものなのか、実際に何か月か工場に勤めることがあります。

上場企業でも、そうやって自社の製品を覚えさせるそうです。

作るのにどれくらい苦労することを知れば、営業にも力が入るというものです。

 

逆に製造過程も知らないようでいては、満足に営業することが出来ません。

こうした技術研修ですが、問題集を作る際にフォルスクラブが使えます。

知識を問う問題は、自分でワードを使って枠を作り、印刷して社員にやらせるという方法がありますが、専用の問題集作成ツールを使うことで手間暇を幾分カットすることが可能です。

それがフォルスクラブであり、上場企業をはじめとし様々なところで研修として使われているのです。

 

また、フォルスクラブの利点は通信教育です。

自作した問題を印刷することなく、家でやらせることも可能です。

宿題として課すことも可能なので、上場企業では入社前の大学生の時に知識研修として出すかもしれませんね。

上場企業の社員を目指してフォルスクラブを使ってお勉強

上場企業をはじめとする、就活の足きりラインのひとつにコミュニケーション能力というのがあります。

一次面接ではこの会話能力を見ていると言っても過言ではありません。

二次面接や社長面接では、会社に対する想いや努力のポイント、保持している資格などを見ていると思います。

上場企業でしたら、自社の株の動向についても訊かれるかもしれませんね。

とりあえず、体育会系の運動部で汗を流していたら、コミュニケーション能力は普通に鍛えられますよ。

 

問題は保持している資格にあると言えます。

想いや努力のポイントは一朝一夕でいくらでも誤魔化すことが可能ですが、資格に関してはどうしようもありません。

行政書士やFP2級と言った資格は一週間やそこら勉強しただけでは取ることが出来ないほど難解です

数ヶ月前からこれらの資格取得のために準備した方が良いと言えます。

 

そうした資格の勉強が出来るとフォルスクラブは人気です。

評判の資格を手に入れれば、上場企業の就活対策もバッチシだと言えます。

またフォルスクラブは英語の勉強に最適です。

上場企業の就活でも、英語技能はかなり審査のポイントになると思います。

トイック900点オーバーでしたら、自信を持ってアピールしても大丈夫です。

800点程度でしたら、上場企業ではちょっと力不足かもしれませんね。

 

フォルスクラブでしっかりと英語の勉強をすれば、トイックでかなり良い点を取れると思いますよ。

フォルスクラブは、単語をひたすら覚えるためのアプリから、ノベルゲームのように読み進めていくもの、ホームドラマを観るもの、実践的な問題を解くものまで、多種多様に揃っています。

色々な方法で英語を学べるため、飽きずにフォルスクラブをプレイすることが可能です。

 

就活に向けて準備した方が良い項目はたくさんあります。

ひとつの企業に入るなら、出来れば3年以上は時間を掛けたいところです。

就活の解禁日を政府は発表していますが、情報収集や資格取得に関しては大学に入った頃からスタートした方が良いですよ。

上場企業の社員にも人気なのがフォルスクラブという教材です

通信教育は子供よりも大人の方に人気です。

子供は勉強する時間が取れるため、通信教育に頼らずとも色々なところで勉強することが出来ます。

それに対し、大人の方はとにかく忙しいです。

会社で毎日残業していたら、疲れて勉強どころではありません。

家事もしないといけませんので、全くと言っていいほど勉強する余裕は無さそうです。

 

しかし通信教育の利点は、隙間時間を使って勉強をすることが可能な点にあります。

どんなに忙しくても、少しばかりの休憩時間は取れる筈です。

そうした時にフォルスクラブを使ってコツコツ勉強していけば、難関とも言える資格もそのうち取れるようになると思いますよ。

 

そんなフォルスクラブは上場企業の社員の間で人気です。

上場企業の社員はみんな忙しく、毎日残業続きで大変かもしれません。

フォルスクラブでしたらスマホを使ってコツコツ勉強することが可能です。

上場企業の社員も休憩時間や出勤の最中の電車の中で、フォルスクラブを開いて勉強していると思いますよ。

特に人気なのは英語教育かもしれませんね。

 

フォルスクラブにはいくつもの英語教育に関するコンテンツが収録されており、自分に合ったものを選んで英語を学ぶことが出来ます。

動画で覚えるものから、練習問題をとにかく解き続けるもの、本を読むように英語の文法を眺めるもの、ゲーム感覚で解くものなど、色々あります。

上場企業の社員も自分に合ったもので英語を学んでいると思います。

 

社会人はとにかく忙しいです。

そして、上場企業の社員の忙しさは、一般企業の比ではないかもしれません。

休日もやることがたくさんあって、なかなか勉強する暇はないと思います。

少なくとも、塾や学校に行っている暇は皆無だと言えます。

そうした方は通信教育で便利に勉強することが出来ます。

フォルスクラブは色々な勉強が出来ますので、上場企業の社員はもちろん、様々な職業の方、もしくは様々な職業を目指す方がこれで勉強していると思います。

口コミで大人気のフォルスクラブをしよう

口コミで人気を集めているのがフォルスクラブという教材です。

他にはない画期的な特徴を持っており、色々な人たちがフォルスクラブを使ってあらゆる勉強をしています。

 

最たる特徴は多人数型の教材だと言えます。

大抵の通信教育というものは1人を対象にしたものです。

小学五年生のお子さんを対象にした場合、小学五年生に適した教科書と問題集が届きます。

小学五年生に小学四年生や小学六年生の教材を渡してもほとんど意味がありません。

全学年の授業が受けられる教材を提供しても、あまり活躍しないのです。

口コミで人気のフォルスクラブは違います。

フォルスクラブは1人を対象にしたものではなく、家族全員を対象とした教材になります。

兄弟姉妹が多くても、フォルスクラブ1つで全員が勉強できるのです。

そしてその対象は子供たちだけではありません。

親御さんもまたフォルスクラブで勉強することが出来ます。

 

口コミで評判となっているケアマネージャーやファイナンスプランニングなどの人気の資格をフォルスクラブで勉強することが可能なのです。

それでいて料金が一律なのも魅力と言えます。

5アカウントまで支給されますので、家族がたくさん居ても大丈夫です。

2人で1つのアカウントを使い回すのも良いかもしれませんね。

こうした提供のシステムが評判となり、フォルスクラブは口コミで人気を博しているのです。

 

フォルスクラブの宣伝方法も特殊と言えます。

むしろ、あまり宣伝活動として捉えられないかもしれません。

フォルスクラブは色々なところにフォルスクラブアカウントとタブレットを無料で寄贈しており、色々な人たちにやらせています。

児童養護施設で多いですが、普通の学校にも何個か配っているのです。

そこで使い勝手が気に入った子供たちが「家でもしたい」と親に言って、自宅にフォルスクラブを導入するようになるかもしれません。

ネットではなく、リアルの口コミでもフォルスクラブの人気は広がっていくのです。

気になる方は是非やってみてください。

フォルスクラブの口コミはSNSで広がって行く

SNSは情報収集がしやすいツールとして人気です。

相互リンクもボタンひとつクリックするだけで、各SNSにて投稿することが可能です。

ヤフーニュースなどの情報も、ツイッターマークやフェイスブックマークをクリックするだけで、自分が今ログインしているアカウントで呟くことが可能です。

また、口コミや掲示板の情報もよくSNSにて紹介されています。

今やあらゆる情報はひとつの媒体だけで調べられる時代だと言えます。

 

フォルスクラブの人気も口コミを通して広がって行くと思われます。

インターネットを利用して勉強するフォルスクラブなので、勉強と同時にSNSへもアクセスがしやすいと言えます。

口コミなども非常に投稿しやすいです。

 

こうした情報収集ですが、独創的な名前の方が見つけやすいと言えます。

類似する用語がたくさんあると検索の際、そちらの方に釣られて表示されてしまうかもしれません。

社名に関してはあまり変更できませんが、商品を新たに作る際はなるべく他に似た用語がないものを選びたいところです。

その点、フォルスクラブはかなりオリジナリティに溢れていると言えます。

クラブの部分で、サッカーに関するものがいくつかヒットしてしまうのは仕様ですが、きちんと株式会社イー・ラーニング研究所のフォルスクラブが上位表示されるのは確かです。

そして、各SNS内での検索でも、フォルスクラブの話題は見つけやすいと思います。

口コミなどもきっと簡単に見つかると思いますよ。

 

口コミは情報発信ツールとしてはかなり有用です。

色々な人がそこで呟いていますので、色々な意見を見ることが出来ます。

仮に世界中で販売されているのでしたら、国籍や人種に関わらず、あらゆる意見が集まると思います。

残念ながらフォルスクラブは国内限定の勉強教材になりますので、外国の口コミはほぼないと思いますが、いずれ世界進出すれば外国の方が呟く感想も見つかるかもしれませんよ。

その日をとても楽しみにしています。