アメリカのeラーニングの評判とフォルスクラブの有用性

eラーニングという概念が登場したのは1892年まで遡ります。

当時はコンピューターなどの電子機器はなく、郵便を使った通信教育でした。

こうしたアナログな方法ですが、当時の人達からしたら、かなり評判だったみたいです。

コンピューターを使うようになったのは1960年代になります。

衛星通信を使って、遠くの地に情報を発信することができるようになりました。

そして、1980年代にパソコンとインターネットが普及し始め、現在のeラーニングのようなことが行われるようになりました。

 

eラーニングが本格的に普及し始めたのは2000年頃のアメリカの高等教育(日本の大学に相当)です。

フォルスクラブの活動もそれぐらいの年代になります。

eラーニングの利点はいくつかありますが、その一つが通学の省略です。

日本の学生は大学から徒歩圏内のアパートを借りたり、実家から電車に2時間乗って毎日通学していますが、アメリカの学生の中には毎日通学することが出来ない人も居ます。

アメリカの国土は日本の約25倍もあり、交通費の方も大きくなると思います。

そもそも、学割という概念があるのかどうかも分かりません。

特に、アメリカの学生の半数は有職者です。

働きながら大学に通っています。

毎日8時間働いて、その後大学に行くことになっても、往復の通学時間が4時間も掛かるようではヘトヘトになってしまいます。

それ以前に講義の時間に間に合うとも限りません。

交通費と移動時間を節約することが出来るとしてeラーニングは評判を呼び、多くの方が使うようになりました。

 

そんなeラーニングですが、最初は失敗続きでした。

営利団体が作るeラーニングは成功しましたが、大学などの非営利団体が手掛けるeラーニングは当時、上手くいかなかったそうです。

評判が芳しくなく、利用者が集まりませんでした。

単純に利益を上げることができず、結局、2年程度で取りやめました。

今はその失敗を糧に様々な対策を講じ、実に95%もの人たちが何かしらの形でeラーニングのお世話になっています。

実際、修士課程の3分の1はeラーニングの講義とも言われています。

学生の人たちの意識も変わり、当初は半数の人がeラーニングに否定的でしたが、今ではほぼ全ての方が肯定的に捉えています。

 

日本の大学も非営利団体になりますので、当時のアメリカの様にあまりeラーニングは乗り気ではありません。

しかし、そうした傾向も少しずつ変わりつつあります。

web配信の講義資料やメールを使った学生間の討論など、eラーニングを使った教育は少しずつ増えています。

 

一方で、フォルスクラブのような営利団体のeラーニングは高い評判を得ています。

使用者の意識の問題かもしれませんが、対面型の授業よりもフォルスクラブは利用しやすいそうです。

それはやはり交通費や移動コストが理由かもしれませんね。

ついでに言うと日本では、中年の方は大学に行くことを恥ずかしがるそうです。

英会話塾でも「この歳で・・・」という意見が多いとのこと。

相手に見られることなく、気兼ねなく学習できるフォルスクラブが多くの方に評判なのも、納得と言えます。

口コミに挙がっているeラーニングの問題点をフォルスクラブは改善しないといけない

今、eラーニングを手掛ける企業の多くが、社会人を対象にサービスを展開しています。

その理由は、社会人は時間に追われているため、塾に通うことが難しいからです。

毎日、就業時間に仕事が終わるとは限らず、休日に仕事が急にやってくることもあります。

仮に、塾や電車が24時間利用できるのでしたら、大人も塾に通って勉強することが可能ですが、塾や交通機関の経営的にそれは無理な相談だと言えます。

 

eラーニングはいつでもどこでも出来るものとして人気を得ていますが、そのメリットが逆にデメリットになることもあります。

時間が自由になりすぎると、「明日でいいや」とサボる方がいるため、効率良く学ぶことが出来ないとされています。

口コミによると、8割の方がeラーニングで勉強できなかったと言われています。

口コミによる統計なので、日本国全体の統計ではありませんが、eラーニングは今の日本人には合わない勉強スタイルなのかもしれません。

 

eラーニングを手掛ける多くの企業が社会人を対象としている中、株式会社イー・ラーニング研究所が提供しているフォルスクラブは、児童や学生も対象にしています。

その理由はいくつかありますが、ひとつは教育費用にあると言えます。

少子化が進んでいるとはいえ、兄弟姉妹が多い家庭は決して少なくありません。

それぞれに平等に教育を課すとなると、教育費は非常に膨大な額になります。

塾に行かせたり、家庭教師を雇うとなると尚更です。

口コミでも、大変だという意見を多数目にします。

それに対し、フォルスクラブは家族が多くても、均一の料金で全員利用することが出来ます。

最大で5人までですが、兄弟姉妹の多い家庭には、フォルスクラブは最適だと思います。

 

ただし、どんなに安かろうとも、本人にやる気が無ければ意味はありません。

子供に勉強道具を与えても、それで勉強するかは本人次第です。

家族全員に提供するフォルスクラブですが、今後の課題は、それで全員がきちんとやってくれるような仕組みを考えることかもしれませんね。