ねずみとフォルスクラブの人気を比較

日本人は今も昔もねずみを人気者として扱っています。
干支でもねずみは人気ナンバーワンです。
10万ボルトが得意な黄色い電気ねずみや、
千葉県にある夢の国など、ねずみの人気は留まることを知りません。
ではそうしたものはフォルスクラブよりも人気なのでしょうか。
今回はそのあたりを徹底検証したいと思います。

まず、黄色い電気ねずみの人気は世界レベルです。
8月の中旬に横浜みなとみらいエリアで、それが大量発生しました。
どれほどの人たちが集まったか分かりませんが、
昨年は142万人集まり、前年を上回る人々が集ったと言われています。
集まりすぎて、苦情も殺到したほどです。
来年は首都圏で分散して開催して欲しいという声もあります。
では、フォルスクラブの会員数はどれくらいなのでしょうか?
142万人もプレイヤーはいるのでしょうか?
このあたりの正確な情報は会社側でないと分からないでしょう。

千葉県にある夢の国の人気も見てみましょう。
ここの年間来場者数は、昨年は3000万4000人でした。
下4桁はともかく、かなりキリが良い数字ですね。
ただしこの人数にはリピーターも居る筈です。
1日あたり8万人ちょいの方がココを訪れているようです。
フォルスクラブも1日あたりの利用者数なら
8万人に手が届くと思われます。
ネットワーク上を主戦場にすれば、
フォルスクラブも夢の国に勝てるかもしれませんね。

もちろん、ほかにもねずみは到るところで人気です。
ハムスターをペットとして飼っている方はかなり居ると思われます。
流石に統計データは見つかりませんでしたが、
犬、猫、うさぎ、インコに次ぐ人気のペットの筈です。
フェレットやチンチラも人気ですよね。
ペットとして飼う事はできませんが、
ねずみ目最大の大きさを誇るカピバラも動物園で人気です。
厳密には飼えますが、飼育が大変なのでやめた方が良いです。
通販のお値段は70万円くらいになります。
日本全国にある動物園やペットショップの来場者数と比較したら、
フォルスクラブでは太刀打ちできないかもしれませんね。

フォルスクラブと福士蒼汰さんの人気を比較

フォルスクラブと福士蒼汰さんはどちらが人気なのでしょうか?
分かりきっていますが、
今回は敢えてこのテーマを追求したいと思います。

まず、フォルスクラブの会員数は、アンノウンです。
これに関しては会社側しか把握していません。
一体何十万人の方がフォルスクラブをしているのでしょうか?
しかしこの教材はネットワークからアップロードしてやるものです。
通信環境さえあれば、北海道でも沖縄でもプレイすることが可能です。
塾を開く場合は、その地域の周辺の子供たちしか集まりませんが、
フォルスクラブにはそういった土地的な制約が一切ないのです。
また、フォルスクラブの利用者数は、会員数の3~5倍になります。
それは1つの契約に対して、
5つのログインIDを支給してくれるからです。
最大で5人までプレイすることが出来ます。
そして「家族みんなで出来る」を売りにしていますので、
1~2人の世帯では、そもそも利用しない可能性が高いです。
5人まで無料なクーポンがあったとしても、
2人で利用することは少ないですよね。
家族が多い世帯にフォルスクラブは人気なのです。

福士蒼汰さんはどうでしょうか?
こちらも人気の量を測るのが難しいです。
そもそも何をもって測定すればいいのでしょうか?
CD売上数で見ればいいのでしょうか?
それとも福士蒼汰さんが主演を演じたドラマの視聴率を
参考にすべきでしょうか?
2015年には「結婚したい芸能人ランキング」で1位を飾りましたが、
2017年の「今後需要がなくなりそうな若手俳優ランキング」
でも1位を飾っています。
イケメン俳優の寿命は短いのかもしれません。

ドクターXの米倉亮子と比べると、
福士蒼汰さんの人気は大したことがないかもしれません。
最近低迷気味とも言われており、今後どうなるかとても気になります。
ただし、2018年公開予定の映画がたくさんあり、
現時点での仕事の数はかなりのものと言えます。
少なくとも、福士蒼汰さんはフォルスクラブよりも
かなり人気があると思われます。
人気俳優と勉強コンテンツを比べたら、
このような結果になるのは当然かもしれませんね。

2chで人気の通信教材とフォルスクラブを比較

2chで人気の通信教材とフォルスクラブは、
どちらが優秀なのでしょうか?
そもそもこういった教材同士は比較が出来ないかもしれません。
成績アップのポイントは目に見えるものではなく、
ダイエットのように総合的に色々なことを行うことで
成果が見えてくるものなのです。
とりあえず、性能についての比較は出来ませんので、
今回は特徴だけを比較してみたいと思います。

2chで人気の通信教材はかなりアナログです。
教科書と参考書が自宅に届き、
それをコツコツ解いていくものになります。
それに対し、フォルスクラブはとてもデジタルです。
紙も鉛筆も一切使わず、
すべて電子データ上で勉強を完了させることが可能です。
もちろん、フォルスクラブもノートを使って書き取りしてもOKですが、
紙と鉛筆の消費量に関しては、こちらの方が優秀と言えます。

ただし紙媒体も否定してはいけません。
それは今のテストの多くが、紙媒体を採用しているからです。
eラーニングばかりに慣れてしまうと、
鉛筆の握り方を忘れてしまうかもしれませんよ。
マークシートの記入に慣れていないと、
そうしたところでタイムロスしてしまうでしょう。
軽しゴムの力加減を間違えると、ビリリと破いてしまいますよ。
2chで人気の通信教材を使って、文字を書く練習をしましょう。

しかしそれも数年後には変わってしまうかもしれません。
大学入試が完全オンライン化し、
キーボードとマウスを使って入力・操作するように
なるかもしれませんよ。
現に、一部の英語技能テストは、
パソコンで受験するものが存在します。
今や字の綺麗さよりも、
タイピング速度が求められる時代なのです。
2chやチャットでも、どれだけ早く文字を書けるかが
求められると思いますよ。
チンタラ入力してたら、会話について行くことが出来ないでしょう。

そうしたパソコンを使うのが普通な世界で生きていくためにも、
フォルスクラブでしっかりと練習しましょう。
2chでも近い内にそうした未来が来ると予言されているみたいですよ。
小学校でも、タブレットを使うようになってきましたので、
その子供たちが大学受験するようになったら、
本当に紙媒体の教科書やテスト用紙は
消滅してしまうかもしれませんね。