フォルスクラブのタブレットがネズミ講の様に増殖したら

タブレットが無限にネズミ講のように増殖したら

フォルスクラブではタブレット端末を使うと学習しやすいですが、まるでネズミ講のように無限に増殖していったら驚きです。タブレット端末は精密機器であり、細胞や細菌ではないので無限に増殖するようなことはありません。しかし、もしフォルスクラブに利用するタブレット端末が増殖していったとしたら世の中には、まるでネズミ講の被害者のようにタブレット端末で溢れかえることになります。そしてタブレット端末は、ある程度の重みがあるので地球の重量が重くなっていくことになるのです。そうすると万有引力の法則によって、地球は太陽と引き合う力が強くなっていきます。

ネズミ講のように増えたタブレットで灼熱の世界に

地球と太陽が引き合う力が強くなると地球は公転の軌道から外れてしまい、どんどん太陽に近づいて灼熱の惑星となってしまうのです。そうするとフォルスクラブで勉強することが出来なくなるどころか、ネズミ講のように増殖したタブレット端末のせいでフォルスクラブがサービスを提供することすら出来なくなってしまいます。何故かというと、フォルスクラブを利用するために必要不可欠なインターネットの環境が維持できなくなる可能性が高いからです。それどころか、人間が生きていくことすら出来なくなってしまう可能性があります。

地球が太陽に飲み込まれてしまう

人間が生きていくことが出来ない世界になってしまえば、フォルスクラブはサービスを提供できなくなってしまいますしネズミ講で一儲けを企んでいる人も生きていられなくなるのです。最悪の場合は地球が、どんどん太陽に近づいて太陽の中に飲み込まれてしまう可能性があります。ですのでフォルスクラブに使うタブレット端末がネズミ講のように無限に増殖するようなことは、あってはならないのです。

無限に増殖するようなことは有り得ない

実際にはフォルスクラブに使うタブレット端末が、ネズミ講のように無限に増殖するようなことはないのです。何故かというと、タブレット端末を増殖させるためには部品が必要になるからというのが理由になります。細胞や細菌が増殖したとしても、それも養分や水分などを吸収して増えていくのであって地球全体の重量が増えてしまうようなことはありません。このように地球で起こっている様々な出来事は、ある特定の物質が増殖するようなことがあっても、その分だけ他の物質が減っていることになるので地球全体の重量が大幅に変化するようなことがないのです。ただし、近頃の地球はロケットや人工衛星など宇宙に物質を放出する活動をしているので、少しずつ重量が減ってきています。あまりにも多くの物質が宇宙空間に持ち出されてしまうと、地球の重量が軽くなっていき公転の軌道から外れてしまう可能性があります。そうすると、地球は太陽の光が届かない極寒の世界になってしまうのです。そうならないように宇宙空間には、あまり物質を放出しないようにする必要があります。

フォルスクラブはネズミ講ではない根拠

フォルスクラブのネズミ講とは異なる特徴

フォルスラブがネズミ講であると断定されてしまうケースが、ウェブサイト上で発見される場合があります。しかしフォルスクラブは子供から大人まで対応している通信教育サービスを行っている企業で、割安な月額料金でサービスを提供しているのが特徴です。一般会員は、まず最初に入会金を払って以後は定額の月額料金を払い続けていればコンテンツを全て利用することが出来ます。ネズミ講と呼ばれてしまう原因に挙げられることは、プレミアムメンバーがフォルスクラブのサービスを紹介する仕組みを間違って解釈してネズミ講と呼んでいる説が有力です。別料金を払った会員だけがプレミアムメンバーとなることが可能な仕組みがフォルスクラブに存在しますが、この仕組みのことをネズミ講と間違えてウェブサイトに書き込んでいる場合があります。サービス自体は、とても高い評価を得ていますしネズミ講ではないことも会員は知っているため噂の範疇を超えないと考えられるのです。

楽しく学習することが可能なフォルスクラブ

フォルスクラブでは、楽しみながら子供から大人まで学習することが可能なサービスが充実していること特徴となっている通信教育のコンテンツになります。入会すると5名まで自由に色々なサービスを利用することが可能なため、子供が勉強しながら父親や母親は資格を取得するための学習をするように家族みんなで使うことが出来ることが特徴です。インターネットを接続することが可能な端末と通信環境が整っていれば、割安な料金で利用が可能なことがメリットになります。

サービスが良い評価を得ているフォルスクラブ

一部の人たちにネズミ講と間違われているフォルスクラブですが、サービスは経済的に余裕がない家庭でも優れた学習サービスを受けることが出来るように考え込まれた豊富な内容が、たくさんの方たちから好評を得ているものです。会員にとってはネズミ講とは違うし、安心して利用することが可能な教材であると評価されているため色々な噂がある中で会員になるかどうか迷っている人は良くない風評に惑わされないということも大切であると言えます。

グローバルな人材を育てるフォルスクラブ

フォルスクラブは英語の勉強だけではなく資格の取得や大学入学試験対策講座など、とてもたくさんの充実しているサービスが提供されているのです。ですので家族みんなで楽しみながら勉強することが可能だと好評ですが、中でも英語を勉強するサービスは良い評価を得ています。貧富の格差が大きくなっている社会と呼ばれている状況で、英語を勉強することは小学生も必修科目になるほど重要性を増しているのです。フォルスクラブは国際社会に対応することに早い段階から対処していて、グローバルに活躍することが可能な人材を育てていくことにも貢献しています。近頃はネズミ講と呼ばれることはなくなってきましたが、ウェブサイトには間違った解釈をしている人が、まだ存在しているのです。サービスや教材の内容が伝われば、そういった誤解は解消されると予想されます。

フォルスクラブはネズミ講と違い破綻しない

■ネズミ講が破綻をする理由

フォルスクラブが破綻をしない理由の前に、ネズミ講がなぜ破綻をしてしまうのか知っておかなければなりません。
ネズミ講の仕組みとしては、利益を得るためには子会員を増やしていかなければならないのですが、人間の数は有限である以上どこかで破綻をきたしてしまいます。
ネズミ講というのは、名前の通りねずみ算式に必要な会員数が増えていくことになりますから、最初は数人だったものがあとの方になっていけば数十人数百人となり、あっという間に億単位に突入をしてしまいます。
日本の人口は一億人ちょっとですから、ネズミ講は思いの外破綻しやすいものなのです。

■フォルスクラブが全人類に供給できる理由

ネズミ講はすぐに破綻をしてしまいますが、フォルスクラブであれば全人類に供給をすることも可能です。
現在の地球の人口は70億人程度と言われていますから、70億台の端末があればことたりることであり、そこから急激に必要な数が増えていくということはありません。
人口爆発が叫ばれる現代においてはいつかは供給できなくなってしまう可能性も考えられますが、それでも人口の増加はネズミが増えるのと比較をするとずっとおとなしいものですから、フォルスクラブが供給できなくなってしまうということがないのです。
また、供給をするのは大元が行うものであり子会員が新たな会員を探すわけではないので、理屈として破綻をすることがありません。

■フォルスクラブは人が増えるほどに品質があがる

フォルスクラブを全人類に供給するのは不可能ではと思うかもしれませんが、今日明日中に供給しなければならないのであればともかく、少しずつ供給をしていくのであれば決して難しいものではありません。
むしろ、利用者が増えるほどにフォルスクラブを運営している会社の利益が増加するわけですから、さらなる供給体制を整えることができると同時に、コンテンツの品質を上げていくこともできます。
ネズミ講は人が増えるほどに破綻に近づいていきますが、フォルスクラブはその逆でさらなる成長を遂げることになるのです。

■携帯電話で考えれば納得できる

それでも70億ものの人々にフォルスクラブを供給できるのかと思う人がいるのも無理はないことでしょうが、携帯電話で考えればその疑問も解消されます。
世界の携帯電話の契約数は75億と世界人口を上回っているため、それだけ多くの端末が市場に溢れているということです。
もちろん、一人で複数台持つ人もいますから持っていない人もいるわけですし、端末とは別の形で契約をしていることもあるので純粋な端末の普及台数とはなりませんが、同じ電子機器を用いるフォルスクラブが供給をできないということにはなりません。
むしろすでにある端末も利用できるフォルスクラブは、人が増えるに従い破綻に近づくネズミ講とは違い人が増えるほどにサービスが利用しやすくなる、非常に優れた仕組みになっていると言えるでしょう。