eラーニングでも増えつつあるMLM

MLMという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

MLMとはMulti Level Marketing(マルチ・レベル・マーケティング)の略で、商品の購入者を“販売員” として起用し、その販売員は他の人を販売員として起用して商品を売る仕組みです。

正しい方法でやることによってお互いwin-winの商売になるのですが、強引な勧誘を行なう人も中にはいるようで、そのことが問題視されているようです。

 

フォルスクラブを運営している株式会社イーラーニング研究所といったeラーニングを取り扱っている企業(イーラーニング研究所はどうかは不明ですが)も、このMLMを採用している所もありますが、どのような方法で行なわれるのでしょうか?

 

eラーニングの場合、販売員を代理店として他の人を勧誘することになります。

契約してもらうことで料金の数パーセントをマージンとしてもらうことができ、販売員は利益を得ることができます。

MLMを採用している多くの企業は、株式会社イーラーニング研究所のフォルスクラブのように良質なサービスを提供していますが、中には粗悪なサービスを提供したり、最悪サービスそのものを提供しないという企業も残念ながらあるようです。

これを防ぐ手段としては前回に述べたことと同じく、口コミや公式HPを見て自身で信用性を判断して自分の身を守るというのが唯一の手段と言えるでしょう。

 

正しい方法かつ良質なサービスを提供することで、ネガティブなイメージが持たれやすいMLMも良いイメージとなるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です