フォルスクラブの眠気対策を考える

フォルスクラブに必要な機能は睡眠対策かもしれません。
大学入試対策やTOEIC対策よりも、
そっちの方がよっぽど重要と言えます。

人間の眠気のメカニズムの説明は割愛しますが、
勉強しているととにかく眠くなることがあります。
眠くなったらフォルスクラブで勉強することが出来なくなります。
ウトウトしている状態で起動しても、
ロクに頭の中に入ってこないでしょう。
脳トレのように何かしらの対策を講じる必要があります。

眠気対策の手段はいくつかあります。
一つ目は「諦めて寝る」です。
これが最も有用であり、
スペインではシエスタの文化がある程です
(最近はやっていないそうです)。
眠くなったら諦めて寝ることで、頭をリフレッシュ出来ますよ。
他の手段としては、刺激を与えるのがいいでしょう。
指で頬をつねれば、痛みで脳が起きるかもしれませんよ。
もしくは息を止めるのも有効です。
苦しいですが、
それが刺激になって脳を叩き起こすことが出来るのです。
食後の眠気は、脳に酸素が行き届いていない状態ですが、
敢えて酸欠状態を作り出すことで、脳を起こすことが可能なのです。
ただし、意識を失うほど息を止めるのはやめましょう。

嗅覚に訴える手段も有用です。
ミント系のハーブは集中力を高めるのに有用なので、
そうしたアロマをフォルスクラブの隣に設置するのはいかがでしょうか。
最近ではそうしたリフレッシュジュースもあるみたいですよ。
栄養ドリンクと違ってカフェインが含まれていませんので、
肝臓にも優しいです。
味覚からも刺激を与えるのも有用ですね。

音楽を聴くのも良いでしょう。
ただし、フォルスクラブの幼児向け育脳アプリにあるようなものでは、
逆に眠くなってしまうかもしれません。
アゲアゲの曲はいくつかありますので、
そうしたものを聞きながら勉強するのは有用と言えます。
ただし、あまり音量を大きくすると、
フォルスクラブから流れる英語の発音を聞き逃すことになりますので、
何事もほどほどにすることをお忘れずに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です