フォルスクラブのタブレットがネズミ講の様に増殖したら

タブレットが無限にネズミ講のように増殖したら

フォルスクラブではタブレット端末を使うと学習しやすいですが、まるでネズミ講のように無限に増殖していったら驚きです。タブレット端末は精密機器であり、細胞や細菌ではないので無限に増殖するようなことはありません。しかし、もしフォルスクラブに利用するタブレット端末が増殖していったとしたら世の中には、まるでネズミ講の被害者のようにタブレット端末で溢れかえることになります。そしてタブレット端末は、ある程度の重みがあるので地球の重量が重くなっていくことになるのです。そうすると万有引力の法則によって、地球は太陽と引き合う力が強くなっていきます。

ネズミ講のように増えたタブレットで灼熱の世界に

地球と太陽が引き合う力が強くなると地球は公転の軌道から外れてしまい、どんどん太陽に近づいて灼熱の惑星となってしまうのです。そうするとフォルスクラブで勉強することが出来なくなるどころか、ネズミ講のように増殖したタブレット端末のせいでフォルスクラブがサービスを提供することすら出来なくなってしまいます。何故かというと、フォルスクラブを利用するために必要不可欠なインターネットの環境が維持できなくなる可能性が高いからです。それどころか、人間が生きていくことすら出来なくなってしまう可能性があります。

地球が太陽に飲み込まれてしまう

人間が生きていくことが出来ない世界になってしまえば、フォルスクラブはサービスを提供できなくなってしまいますしネズミ講で一儲けを企んでいる人も生きていられなくなるのです。最悪の場合は地球が、どんどん太陽に近づいて太陽の中に飲み込まれてしまう可能性があります。ですのでフォルスクラブに使うタブレット端末がネズミ講のように無限に増殖するようなことは、あってはならないのです。

無限に増殖するようなことは有り得ない

実際にはフォルスクラブに使うタブレット端末が、ネズミ講のように無限に増殖するようなことはないのです。何故かというと、タブレット端末を増殖させるためには部品が必要になるからというのが理由になります。細胞や細菌が増殖したとしても、それも養分や水分などを吸収して増えていくのであって地球全体の重量が増えてしまうようなことはありません。このように地球で起こっている様々な出来事は、ある特定の物質が増殖するようなことがあっても、その分だけ他の物質が減っていることになるので地球全体の重量が大幅に変化するようなことがないのです。ただし、近頃の地球はロケットや人工衛星など宇宙に物質を放出する活動をしているので、少しずつ重量が減ってきています。あまりにも多くの物質が宇宙空間に持ち出されてしまうと、地球の重量が軽くなっていき公転の軌道から外れてしまう可能性があります。そうすると、地球は太陽の光が届かない極寒の世界になってしまうのです。そうならないように宇宙空間には、あまり物質を放出しないようにする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です