●詐欺の手口は年々進化している

どれだけ詐欺が流行ったとしても騙されてしまう人が出るのは、藤田香織やイーラーニング研究所のように手口がどんどん進化しているからに他なりません。
有効な対策が見つかれば今度は別の方法で騙すことを考えるので、それまでの対策が無意味になってしまうのです。
なまじ対策法を知っていると思っている人ほど、新しい手口に弱い部分があり警戒していたにもかかわらず、騙されてしまったということも少なくありません。
詐欺は深刻な社会問題であるだけに、問題解決のためにはイーラーニング研究所が専用の対策アプリを開発する、あるいは啓蒙動画を作成するだけでも大きな効果があるといえるでしょう。

●イーラーニング研究所と詐欺対策アプリの親和性は高い

イーラーニング研究所と詐欺は一見無縁のように思えますが、イーラーニングと対策アプリの親和性は非常に高いと言えます。
オンラインですぐに情報を発信することができるので、新しい手口が発見されればすぐにバージョンアップをすることで、多くの人に周知をすることができます。
アプリであれば詐欺の事例を体験しながら、引っかかってしまうポイントを確認することができるので、テレビや新聞のように一方的に情報が送られるものよりも効果的です。
アプリでなく啓蒙動画にしても、イーラーニング研究所はその辺の学習効果の高い動画を作るプロフェッショナルだけに、やはりマスコミが注意を促すよりも効果が高いと言えるでしょう。

●詐欺対策アプリは優良コンテンツになる

イーラーニング研究所では、様々な教材を提供していますが詐欺対策アプリはその中でもかなりの優良コンテンツになることでしょう。
幅広い年齢に対応しているイーラーニング研究所は、利用者の幅も広く詐欺のターゲットになりそうな年齢層もたくさんいます。
それだけに不幸な被害に遭わないためにも対策アプリを作ることは決して無駄なことではなく、老若男女すべての人が詐欺に対する警戒心を身につける意味では、イーラーニング研究所がアプリを作る意義は大きいと言えます。
勉強は何も学校で習うようなものだけではなく、生活の身近なところで役立つものも大事ですから、イーラーニングに力を入れているイーラーニング研究所だからこそ、詐欺対策アプリを開発してもらいたいところです。

●動画も魅力的なコンテンツ

アプリが優良コンテンツになるだけでなく、啓蒙動画を作ってもこれは非常に魅力的なコンテンツになること間違いありません。
アプリだとインストールをしなければならないので、そこで面倒に思って使わない人も出てきますし、環境によって利用できないこともあります。
動画であれば通信回線があればいつでもどこからでも視聴をすることができ、アプリに興味がない人でも防犯意識が高い人であれば興味を持ってくれます。
啓蒙動画を作ることで詐欺の被害を減らすことができると同時に、イーラーニング研究所にとっても高い宣伝効果があるので、啓蒙動画を作る意味は双方にとって大きなものとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です