MLMというのはネットワークビジネスで、150年ほど前のアメリカで誕生したビジネス手法です。小さな香水屋としてスタートした会社やサプリメントを手掛けるカルフォルニアビタミン社、1959年に世界最大のネットワークビジネス会社となったアムウェイ社が誕生しMLMが広まっていきました。要するにこれは、様々な商品においてリピートが起こる商品のことで化粧品サプリメント調味料といったことを扱いながら芋づる式に顧客を増やしていくという手法ではあります。

一般的にMLMとフォルスクラブと何か関係があるかのように言われてる場合もあるのですが、これは全く関連性がありません。このような誤解を受けてしまっている理由は、もしかするとそのフォルスクラブという名前で利用目的の組織のように捉えられネットワークビジネスが広まった起源である一番元々の商品と繋がりがあるかのような印象を与え、そのような間違った考え方がSNSを通じて広まってしまったせいなのかもしれません。

ちなみに小顔にするための治療としても「MLM」という言葉を使い専用の脂肪溶解注射を行うことによって、小顔を完成させるというものがあります。顔が大きいことにコンプレックスを抱いている人が小顔になるために考える方法で、気軽に安全性の高い手法としてMLMが登場しました。手頃でしかも効果が高いといわれ一躍注目を集めたのですが、そのような流れの中でフォルスクラブも関係してしまうというような間違った認識が生まれてしまったのかもしれません。フォルスクラブはあくまで学習システムのことであり、イー・ラーニングといってオンラインを通じて学習できるシステムのことです。英語を勉強したいと考える子どもたちや、受験生、それから社会人の人たちに好評を得ています。特に地方出身者の場合は学習環境が整っていないようなこともあるので、フォルスクラブの学習教材を用いて効果的に英語力を向上している人が多いのです。ことが露見し営業を続けることが難しくなるでしょう。それでいながらして、フォルスクラブはずっと営業を続けているというようなことからも、その安全性の高さ、そして効果の高さは実績によって、証明されているのです。

せいぜいMLMとして共通点を無理に見つけ出すとすれば、MLMのMである「マルチ」という部分かもしれません。マルチなコンテンツを提供し様々なニーズに合った英語学習教材を生み出しているからです。MLMの問題点としては家族や親戚友達関係に広まってしまいますが、フォルスクラブの場合では不要なら明確にNOを言えば全く問題も起こりません。そもそもそのようなことで友情が壊れてしまうようならばこれまでの関係も問題だったのであって、いつかしらは崩壊してしまう関係だったということが間違いないでしょう。英語をしっかりと身につけたいと考えている人にはフォルスクラブは最適なものですので、利用することを考えてみる必要があるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です