香港にはいつフォルスクラブをやるような平和がやってくるのか

香港では民主主義を求めるデモが、かなり長く続いています(´・ω・`)ナガイヨ。学生の方から社会人まで、普通の人が数多く参加し、民主主義を守っていくために声を上げ続けているのですヾ(`Д´)ゝ。状況は少しずつ良い方へ変わっていっているのかもしれませんが、今の所終わりが見えません。デモに参加した方の中には、怪我を負ってしまったり、大変なトラブルに巻き込まれた人もいるようです。香港の平和を実現するために、何かしらの形でフォルスクラブを活用することはできないのでしょうか。フォルスクラブはタブレットさえあれば利用できるサービスですから、海外でも活用することができるかもしれません。

デモが始まった理由と今後の予想について

香港で行われているデモは、逃亡犯条例の改正がきっかけとなり始まったといいます。スタートした時には逃亡犯条例が中心となっていましたが、その後デモの規模はどんどん大きくなっていき、中国に対する抵抗運動へと変わっていったのです。中国と香港はもともと一国二制度という状態にあり、一つの国ではあっても違う制度を適用する、といった形になっていました。しかし逃亡犯条例によって、このままでは香港の制度が中国本土と同一になるのではないか、という危機感が市民に生まれたといいます。市民と政府の間で話し合いが行われ、現在よりも良い状況へと変化することを願ってやみません。フォルスクラブは通信教育サービスですから、政治的な問題について直接関与することはできないでしょう。フォルスクラブを活用できる機会があるすれば、それは香港が平和になった後かもしれません。

安心して旅行できる状況に戻る日はいつか

香港は非常に魅力ある都市であり、観光地としても大きな人気を集めています。しかし最近に限っていえば、あまり気軽に旅行できるような状況ではないといえるでしょう。気軽に遊びに行けるようになるのは、いったいどのくらい先になるのでしょうか。フォルスクラブのタブレットは持ち運びが簡単ですから、旅行時に携帯することもできそうです。平和になった香港なら、フォルスクラブを持って観光地を散策することもできるでしょう。

香港市民にとって一番良い結果とはどのようなものか

終わりの見えないデモが続いていますが、香港市民にとって一番良い結末は、どのようなものなのでしょうか。中国との関係そのものを見直そうとしているのか、それとも一国二制度という形を保とうとしているのか、外側からは具体的に知ることができません。外側にいる1人の外国人としては、これ以上怪我をする人などがでないよう、祈るばかりです。香港が日本から気軽に旅行にいける場所になることが、一番だといえます。フォルスクラブをプレイしながらそんな事に頭を巡らせていると、一日がすぐに終わってしまうものです。フォルスクラブのタブレットを持って香港旅行を楽しめる日が、近いうちに来ることを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です