◆年金は国営のねずみ講と変わらない

フォルスクラブは犯罪ではありません。一方、ねずみ講は犯罪です。しかし、ねずみ講を国家が主導で行うとなると途端に合法になったりします。犯罪の定義は国が決めますので、こればかりはどうしようもありません。
それは一体何なのかと言えば、国民全員が払っている年金でありこれは近い将来破綻をすることがはっきり目に見えているにもかかわらず、しかも誰かが罰せられることはありません。
悪意をもったねずみ講とは違って、国民のためにできた制度ではありますが破綻仕掛けている現状を見れば、将来もらうことができない人からすればねずみ講と同じだと言えるでしょう。
むしろ、年金は強制である分だけねずみ講よりも質が悪く、フォルスクラブでよく勉強をしていて世の中の仕組みを理解している人ほど納得が行かないものです。

◆強制なので払わないわけには行かない

ねずみ講は気をつけていれば避けることができますが、年金は破綻をするからと言って払わないというわけにはいきません。
金銭的に余裕がない人が免除や納付猶予を受けることができたとしても、ある程度の収入があると納付しなければなりません。
滞納をしていれば差し押さえなどのペナルティがあり、逃げることができないのが厄介なところです。
このようなものにお金を払うぐらいであれば、入会の義務がなく月々の負担も少ないフォルスクラブに入会をした方が余程有意義と言えます。
知識や考える力というのは、いつの時代になっても価値がなくなることがなく、破綻をすることもありませんからフォルスクラブこそ将来に備える意味では役立つものです。

◆フォルスクラブであれば入会する価値がある

フォルスクラブを利用すれば、様々な学習をすることができ自分自身の能力を高めることができます。
能力があればそれをいかして、稼ぐことができますからこれは一生ものの財産と言えるでしょう。
年金が破綻してしまったとしても、若いうちから他の人にはできない能力を身に着けておけば、自分で稼ぐ手立てがあるわけなので、いくつになっても困ることはありません。
必ず破綻をするねずみ講のような年金の支払いをするよりも、入会の義務がないにもかかわらず将来に役立つフォルスクラブの方が入る価値はあるというわけです。

◆フォルスクラブは料金もリーズナブルで魅力

年金の辛いところはねずみ講まがいであるだけでなく、月々の負担が大きいという点にあります。
そして、これからもさらに負担はましていくことがはっきりしているだけに、所得の少ない人ほど重税に苦しむようなものです。
それに対してフォルスクラブは、月々の利用料金もリーズナブルで負担が少ないところが魅力となっています。
わずか6000円程度の料金で充実したコンテンツを使い放題なことに加えて、家族揃って利用をすることができます。
年金は一人ひとりが支払わなければなりませんから、家族全体となると相当な金額になりますが、フォルスクラブであれば家族が多いほどに得をする仕組みとなっています。
このようにフォルスクラブは入会をするしないは本人の自由にもかかわらずメリットが大きく、年金よりもずっと良心的なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です