【香港国際空港に登場したウォークイン式の消毒ブース】

香港国際空港ではウォークイン式の消毒ブースが導入され、フォルスクラブのように世界的な話題になっています。
消毒ブースでは多面的な方法で消毒ができ、内部の表面には抗菌のコーティングが施され、抗菌作用により衣服や人体に付着した細菌やウイルスは死滅します。
さらに香港国際空港には、BioEm製の消毒液もあります。
消毒液を噴霧する装置は、二次汚染を防ぐために陰圧に保たれています。
この装置は空港で衛生業務を担当する職員が使用します。


このように新型コロナウイルス感染症対策は各国で行われています。
香港国際空港の消毒ブースは、香港国際空港が実施している新型コロナウイルス撲滅プランの一部です。
紫外線による殺菌機能を搭載したロボットの導入や共用部分の抗菌コーティングも予定されています。

【新型コロナウイルス感染症で注目を集める香港】

世界各地で感染が拡大している新型コロナウイルスは、目に見えない強敵です。
どの国でも、医療に携わる関係者が必死に格闘を続けています。
新型コロナウイルス対策で注目を集めているのが香港です。
香港特別行政区政府は初動対応が素早く、各国から注目されています。
1月25日には早々と緊急事態を宣言し、春節の祝賀行事が中止されます。
香港といえば世界的な観光地のひとつですが、観光施設も速やかに閉鎖されています。

【日本での予防対策とフォルスクラブ】

日本でも新型コロナウイルスに感染しないように、様々な取り組みが継続中です。
新型コロナウイルス感染症対策では、徹底した手洗いと消毒が重要になります。
教育機関も新型コロナウイルス感染症の影響を受けています。
自宅で学習する生徒が増えたことで、フォルスクラブも注目の的です。
フォルスクラブはeラーニングを活用した学習サービスで、パソコンやタブレットなどの端末と通信環境があれば場所を問わずどこでも学べます。

【フォルスクラブなら自宅で楽しく学べる】

外に出ると、感染しないように注意するだけでもストレスが溜まります。
自宅なら健康管理が家族単位で徹底できます。
フォルスクラブを利用する端末を消毒できるサービスは現在のところないです。
日本は高い技術力がある国なので、消毒できる装置が誕生する可能性はあります。
フォルスクラブは、子どもから大人まで幅広い年齢層の人々が利用しています。
学校が休みになりオンライン学習を進める子どもが増えていますが、オンライン学習には様々なメリットがあります。
学校や塾に行く場合は、学習時間が事前に決まっています。
フォルスクラブを利用したeラーニングなら、好きな時間に好きなだけ学べます。
フォルスクラブはリーズナブルな料金で学べるため、家族で利用している世帯が増えています。
入会すれば、1つのアカウントで5人まで学べるのでお得です。
eラーニングは世界的に注目されていますが、自宅で学習する子どもが増えたため日本でも注目度が高まっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です