《フォルスクラブとビットコインの関係》

フォルスクラブは、ビットコインを管理しているわけではありません。そもそも、ビットコインは実体のないものなのでフォルスクラブだけではなく。実物は世界中のどこであっても見つけることはできない現状です。ただ、ビットコインはフォルスクラブが作ったものではありませんが、購入しようと思えば世界中の誰であっても簡単に購入できるものです。そもそも、ビットコインは仮想通貨と呼ばれるものであり、現実的に存在する通貨とは違います。ネットワーク上にのみ存在する概念のようなもので、取引を行うときには同じようにネットワーク上でのやり取りになります。ブロックチェーンという匿名性が非常に高い技術を使っているため、取引をしている人のプライバシーを守れる利点があってフォルスクラブに関係なく世界中で有効活用されています。 

《現実のお金と同じように価値がある仮想通貨》

仮想通貨は、現実の通貨と同じように価値が存在します。現実の通貨と交換をする形でビットコインも入手できますので、こういった単純な知識をフォルスクラブで結果的に学ぶことはできます。しかし、フォルスクラブがビットコインを管理しているわけではありません。ビットコインのような仮想通貨は、世界中で利用されている電子マネーと同種だと考えている人もいます。しかし、これは完全な誤解でビットコインは厳密に述べると電子マネーではありません。電子マネーのシステムは、あくまでもサーバーであるコンピュータを利用しなくてはいけないからです。しかし、ネットワークさえ存在すれば利用できるビットコインには、こういったサーバーを利用したシステムそのものが必要になりません。そのネットワークに繋ぐことができるユーザー同士が、取引の証明をしてくれるからです。取引に必要な計算能力もそこに参加しているユーザーが提供してくれますので、電子マネーとは根本的に異なります。

《ビットコインの目的は世界中の決済をスムーズにすること》

ビットコインの大きな魅力は、世界中で取引ができるようになることです。現在の技術では、現実の通貨を利用して取引をしても時間がかかってしまいます。日本円やドルは銀行で管理されていますので、その銀行を通した取引しか行うことができないからです。しかし、ビットコインがあればこの問題を解決できます。世界中で1つの通貨で取引ができるようになりますし、何よりも銀行を通さずにネットワーク上で取引ができるようになります。そのため、これが実現するとフォルスクラブを含めてそれまでになかった高速な取引が可能になります。

《ビットコインの技術は通信技術の最たるもの》

フィルスクラブでは、通信技術に関連するスキルや知識を学べる機会が存在します。ビットコインは、こういった通信技術、つまりネットワークを活かした最も重要なものです。ネットワーク上のセキュリティや取引、そして通貨の価値など様々な点を学べますので、仮想通貨は世界的に見ても最も盛り上がっているテーマの1つになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です