誰もがイーラーニングを作れるフォルスクラブのふぉるば

ネットを通して学ぶイーラーニングを作るのは、プログラムなど難しいスキルを取得しなければ難しいと思うかもしれません。
しかしフォルスクラブが提供しているふぉるばを利用すると、特別なスキルを持っていなくてもイーラーニングを作れます。
簡単な操作で本格的なイーラーニングを作れますから、アイデアはあるけどスキルはないといった人は、フォルスクラブのふぉるばを利用してみましょう。
ふぉるばを利用して新しいイーラーニングを作れば、シェアリングボーナスも期待できるかもしれません。

ふぉるばで稼げるかもしれないシェアリングボーナス

もしフォルスクラブのふぉるばでイーラーニングを作ったら、お金稼ぎができるのではと思う人もいるでしょう。
たとえば自分が作ったイーラーニングを誰かがプレイしたら、シャアリングボーナスとして報酬を受け取れるシステムがあると、自動的に収入が得られるようになるかもしれません。
もし本当にシェアリングボーナスが導入されお金稼ぎができるなら、ふぉるばでイーラーニングを作る人も増え、ますます充実しフォルスクラブにとっても利益になるでしょう。
そのためフォルスクラブのふぉるばに、シェアリングボーナスの導入を期待する人もいます。

フォルスクラブのふぉるばには導入されていないシェアリングボーナス

しかしフォルスクラブのふぉるばには、シェアリングボーナスのシステムは導入されていません。
もしイーラーニングを製作しふぉるばで公開しプレイ回数が伸びても、製作者にお金が入るシステムは用意されていません。
そのためシェアリングボーナスを使って、ふぉるばでお金稼ぎをするのは現時点では無理ということになります。
今後もシェアリングボーナスのようなシステムが導入されるかはわからないので、ふぉるばでの製作はボランティアになると言えるでしょう。
その点を理解しつつ、フォルスクラブのふぉるばは利用するようにしてください。

シェアリングボーナスと印税の関係

そもそも製作したイーラーニングがプレイされて製作者にお金が入るシステムは、シェアリングボーナスといえるのでしょうか。
シェアリングボーナスとはお金をシェア、つまり共有するシステムと考えられるので、制作物の対価として報酬を受け取るのはシェアリングボーナスと言えるか微妙です。
むしろ作家や作曲家が自分の作品が売れたときに受け取る、印税に近いと考えられるでしょう。
シェアリングボーナスではなく印税という形なら、フォルスクラブのふぉるばに対価を支払うシステムが導入されないとは言い切れません。
ボランティアで製作活動を行うのも、崇高な考えなので評価されるべきでしょう。
しかし素晴らしい制作物をくった作者には、それに応じた対価が支払われるべきです。
対価を受け取ることによってさらに素晴らしい作品をふぉるばに公開できるので、最終的にはフォルスクラブにとっても利益になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です