わかりにくいシェアリングボーナス

シェアリングボーナスというワードは、フォルスクラブと違って一言ではイメージしにくい言葉です。
言葉どおりならボーナスをシェアすると考えられるので、たとえば誰かがボーナスを受け取ったらそのお金をみんなで共有する、こんな意味を持つ言葉だと想像できます。
何もしていないのにボーナスを受け取れる可能性があるのは、とても魅力的なので嬉しいシステムかもしれません。
しかし自分が受け取ったボーナスを他の人とシェアするのは、本人にとっては魅力的とは言えません。
そのためシェアリングボーナスには良い面がある一方で、悪い面があるとも言えなくはないでしょう。

フォルスクラブでシェアリングボーナスを考える

シェアリングボーナスをフォルスクラブで考えると、利益を折半すると仮定できます。
具体的にはフォルスクラブにある高校生向けのeラーニングを誰かが1回プレイしたら、他のユーザーにコインが分け与えられるシステムもシェアリングボーナスと言えます。
1回で受け取れるコインの量は少なくても、塵も積もれば山となると言われるように継続して受け取っていれば、獲得量はシェアリングボーナスがないときと比べると段違いです。
自然とコインの量が増えていくので、フォルスクラブのさまざまな場面で使えるようになります。
もしこんなシェアリングボーナスがあったら、フォルスクラブを利用する人はもっと増えるかもしれません。

実際にはないフォルスクラブのシェアリングボーナス

フォルスクラブの高校生向けeラーニングでは、このようなサービスは存在していません。
そのため誰かが高校生向けeラーニングをプレイしても、コインを受け取れるわけではありません。
もし本当にこのような形でシェアリングボーナスが導入されれば、フォルスクラブの負担は大きくなるでしょう。
誰かが1回プレイするたびにコインを全ユーザーに配布しなければいけないので、フォルスクラブの売り上げにも悪影響が出ます。
フォルスクラブの負担になり経営にも影響が出ればユーザーにとっても不利益になるので、シェアリングボーナスの導入には慎重にならざるを得ません。

フォルスクラブのコインとは

そもそもの問題として、シェアリングボーナスで受け取れるフォルスクラブのコインとは何でしょうか。
一般的なイメージで考えると、そのサイト内で使えるポイント的なものでしょう。
ですからコインを貯めるとフォルスクラブの様々なサービスで利用できるので、シェアリングボーナスが導入されればユーザーには大きな利益となります。
もしもらえるコインが別の意味を持つものなら、ユーザーの利益になるかどうかは微妙です。
そもそも受け取ったコインの使い道が限られているとシェアリングボーナスで受け取っても嬉しくなく、使わないまま失効するかもしれません。
評判の悪いシステムはフォルスクラブにとっても意味があるものではないので、やはり高校生向けeラーニングにはシェアリングボーナスはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です