【座作進退会でフォルスクラブをする】

座作進退会では日常から立ち振る舞いなどきれいにするために色々なことを学びます。立ち振る舞いというと厳しいイメージがありますが、サークルのような感じで楽しく学べるようになっています。座作進退会のメンバーで、いかに普段から綺麗な立ち振る舞いをするか考えています。色々なことを学べるということで、フォルスクラブをしてみることになりました。 知識を身に着けることは自分の自信にもつながります。それが立ち振る舞いに直接つながるというわけではありませんが、自分に自信がある人は堂々としています。それだけ周囲の人から良く見られることがあるからです。フォルスクラブは、幅広い知識を得るために活用できます。

【座作進退会でフォルスクラブから学んだこと】

フォルスクラブの便利な点はオンラインで学べることです。座作進退会は決して厳しくして行儀を身に着けることを目的にはしていません。人から見られて綺麗な立ち振る舞いは気持ちの良いものです。大人になるほど教養や品があるとみられて、仕事やプライベートでも役立つことは多いです。しかし厳しくしてまで身に着けるのではなく、自分たちで考えながら行動することも目的としています。そのため座作進退会は、フォルスクラブのように自分のペースで学んでいきたいのです。自分から学んでいきたいという気持ちを大切にすることで、色々な行動が前向きになれる可能性があるからです。

【座作進退会から前向きになる】

大人になるほど色々な経験をしていきます。経験が自分の成長につながるのですが、それがプラスに働くばかりではありません。嫌な経験をして、ネガティブになったり自分に自信がなくなることがあります。それでは綺麗な立ち振る舞いはできません。自分に自信を持って胸を張って生活していくことが、堂々とした立ち振る舞いにつながっていくのです。前向きになるためには、自信を持ち希望を持って生活していくことが大切です。フォルスクラブで学ぶこともそれにつながる可能性が出てきます。何か知識を身に付けてキャリアアップをしたいと考えたり、何かの役に立てるようにと未来のために投資をするのです。

【座作進退会とフォルスクラブ】

座作進退会は単純に行儀を身に付けるために始めた会ではありません。そこから自分に自信を持って前向き行動できることを目標としています。年齢を重ねると、その人が経験してきたことが顔やしぐさに出てくるようになります。周囲の人も自分の経験からその人を判断するようになります。よりよい人間関係を保つためにも自分からにじみ出てくるものは良い方がいいです。フォルスクラブで学ぶことも、その人にとって何か良いものになる可能性があります。自分に自信を持って、前向きに行動することは良い結果につながる可能性もあります。何を学ぶのかではなく、学ぼうとする姿勢が大切になってきます。知識を増やすことは良いこと多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です