[消費者センターが考えるデートスポットの重要性]

消費者センターの人がやっている仕事のひとつには、全国各地にある商業施設やフォルスクラブのようなサービス施設で適切なサービスを提供されているのかということを調べるというのがあります。利用者の満足度をしっかりと調査をなされており、この働きによって日本では高品質な接客が実現できています。消費者センターの人がデートスポットを考える時、必ず満足度を最優先にしてスポット作りをなされるでしょう。そして女性目線が8割を占めて、消費者センターは女性的な組織であるともいえます。初めてのデートで胸を高鳴らせることができるか、雰囲気の良さ・アクセスのしやすさなどを細かく分析して場所作りに尽力するはずです。

[フォルスクラブを作る人が考えるデートスポットの重要性]

では次に、フォルスクラブを作る人が考えるデートスポット作りを見ていきましょう。まずフォルスクラブを作る人とは、いわゆる教育プログラマーです。29種類もの教育システムを構築しているフォルスクラブでは、e-ラーニングという特殊な教育プロセスを展開しているのが特徴です。これは人間にとってもっとも合理的な学び方で知識を吸収するのかというものであり、行動学・認知学習を考察されていいます。このことを踏まえると、消費者センターの人は女性的であったのに対して、フォルスクラブを作る人は男性的と言えるのではないでしょうか。デートスポットを作るとすれば男性目線で設計を考えていき、アクセスのしやすさ・周辺の地理を頭の中に組み込んだ設計をするといえます。

「フォルスクラブを作る人が担当する研究」

デートスポット研究で、フォルスクラブを作る人が担当する研究は利用者の声を分析することです。フォルスクラブの場合、過去のデータを考慮して常に新しいサービスと新教育を確立されることを得意にしています。たとえば動物園を新たなデートスポットで作った時、入り口で利用者アンケートと展開するでしょう。約2000件程度のデータをもとにして内容を精査していき、ここで挙げられたデメリットを特に注意深く見ていくと予測することが可能です。より良いサービスとスポット作りのアイデアを見つけて、実際に組み込んでいきます。フォルスクラブを作る人は、消費者センターの人よりみ客観的な視線を持つ方で構成されているといえます。

[消費者センターの人が担当する研究]

次は消費者センターの人が担当する場合、客観的ではなく主観的にデートスポットを見ていくと予測することが可能です。消費者センターの人は実際にミステリーショッパーを雇って、商業施設へと潜入した調査を得意にしています。この手法を用いて全国各地にあるデートスポットを実際に、消費者センターの人が体験してその満足度を見ていくことでしょう。主観的とはいえ、それは大いに貴重なデータになります。フォルスクラブを作る人の客観的なデータと照らし合わせて、より良いスポット作りを共同で見出すでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です