「新規通貨『デゾス』の取り扱いが始まる」

テゾスとは2017年に行われた、仮想通貨を使って資金を集める方法の「ICO」において莫大な資金を集めた仮想通貨ですが、財団の社長と開発者に対立で集団訴訟までに至りました。その後も内紛が起きたりしてデゾスのプラットホームを立ち上げることができなくなり、ICOで配られるはずの通過が配布されなくなったのです。しかし2018年に支払い請求が正式に却下されたことでデゾスが再び開発されるようになったという経緯があります。 その後独立したブロックチェーンを立ち上げ、デゾスの価格は大きく上回ってきました。デゾスの取引は海外でのみしかできませんでしたが、2020年末に日本で初めて取引されるようになったのです。それを取り扱う会社では新しい通貨を日本で初めて取り扱うこと江を記念して、購入者の中から抽選で15名に最大5万円が当たるというキャンペーンも行われています。

「仮想通貨のメリット・デメリット」

一番初めに誕生した仮想通貨は、2008年にサトシナカモトという人の論文から生まれた「ビットコイン」です。一つ一つのコンピューター「ノード」に取引データを記録したブロック単位でリンクするブロックチェーンという仕組みが基本となって、どのノードも同じ情報を共有して平等につながっているため改ざんの心配がなく、データが失われることもありません。実際にある国ごとの通過ではないので不況などに左右されることがないことや、海外でも送金時のコストや時間がかからないことがメリットです。また仮想通貨は所持する人が多くなるほど価値が上がるので、はじめのころに安く購入できた人は大きく儲かる可能性もあります。デメリットとしては誕生して間がないので価格が不安定で変動しやすいことと、インターネットを使って取り引きが行われるのでハッキングに遭う可能性があるということです。

「イーラーニング研究所における仮想通貨」

イーラーニング研究所でも仮想通貨を取り扱っていますが、ビットコインやデゾスなどのような一般的な仮想通貨ではありません。イーラーニング研究所が行っているスクール内で使えるもので、そのコインを使って教材を購入するときに使用できます。そのコインといわれる仮想通貨を購入する方法は保護者のアカウントからで、現金と引き換えで購入をします。コインは購入しなくてもスクールTVを利用することはできますが、コインで教材を購入すればもっと効率よく勉強ができるのです。

「イーラーニング研究所ではキャンペーンをしないのか」

ある仮想通貨を取り扱う会社が日本で初めてデゾスを取り扱うことを記念して、最大5万円が当たるというキャンペーンが行われるように、イーラーニング研究所でもコインを購入すれば、子供たちが好きなものや多くの人がもらってうれしい何かが抽選で当たる、などというキャンペーンを行えば、もっとイーラーニング研究所を利用して勉強をしたいという会員が増える可能性もあります。イーラーニング研究所では小さい子どもから大人まで英語や資格取得など様々な分野の学習ができます。イーラーニング研究所独自の仮想通貨を使って家族みんなで学習する機会を増やすためにも、そのようなキャンペーンが行われることが期待されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です