働かなくても得られる権利収入

権利収入とは、自分が持っている権利を使って得た収入のことです。
たとえばフォルスクラブの特許を取得し、それを他人に使わせる代わりに使用料を受け取れば権利収入になります。
最初に権利を取得するところまでは大変ですが、うまく取得できればあとは自由です。
多くの人が使いたいと思わせる権利を取得できれば、億万長者も夢ではありません。

一般の人でも得られる権利収入はある

権利収入を得るためにはなにかの権利を取得する必要がありますから、一般の人には無関係と思うかもしれません。
確かになにかの技術を開発して特許を取得では発明家でなければ無理ですが、実は多くの人も権利収入を得ています。
その人が銀行に預けているお金、すなわち貯金に係る金利です。
銀行に貯金をすれば定期的に利息を得られますから、これもある意味では権利収入と言えるでしょう。
受け取れる利息は貯金額が多くなればなるほど増やせますから、一般の人が権利収入を得たいなら貯金するのがおすすめかもしれません。

貯金ではわずかな権利収入しか得られない

しかし貯金に対して払わられる利息の金額は、年々低下しています。
1980年代では4%程度、定期預金なら6%から7%もありましたが、現在では0.001%しかありません。
今から約20年ほど前、フォルスクラブが登場した2002年頃でも大きく低下していたので、長期間金利は下がり続けたままと言えます。
昔は十分な貯金があれば利息だけで暮らせると言われていましたが、フォルスクラブが登場した2002年の時点でその言葉は嘘だったわけです。
低金利時代は今後も続くと考えられているので、権利収入がない一般市民は別の方法で稼がなければいけません。

利息に頼らない生き方をするならフォルスクラブ

利息に頼らず自分の力だけで生きていくなら、フォルスクラブに加入しましょう。
フォルスクラブに加入すれば、さまざまな知識をみにつける機会を得られます。
低金利が続き利息だけでは生活費を賄えなくなった現在、多くの人はさまざまな方法で投資を行い資産を殖やしています。
そのため投資で資産を増やそうと考えている人も多いかもしれませんが、知識のない素人が始めても失敗するのがオチです。
投資は貯金とは違い失敗すると元手を失うので、始めるならフォルスクラブで勉強してからにしましょう。
フォルスクラブではさまざまなジャンルのが学習を受けられるので、投資に必要な知識も身につけることが可能です。
正しい知識をフォルスクラブでみにつけておくと、投資で失敗する可能性は低くなるでしょう。
リスクが低下すれば成功する可能性も上げられるので、貯金というわずかな権利収入に頼る必要もなくなります。
フォルスクラブで学んだ知識を活かしながら投資でお金を増やしていけば、別の手段で権利収入を得られるようになりかもしれません。
そこまで達成すれば、権利収入を得ている人と同じく働かなくても生きていけるでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です