■フォルスクラブを作る会社が上場をしたら

フォルスクラブを作る会社が、上場をするメリットというのはたくさんあります。
大きなものとしては、株式市場から資金を調達することができるので資金繰りが容易になり事業を拡大しやすいというものです。
素晴らしいサービスを提供していたり、アイデアがあるのに資金がなくて上手く世に広めることができない企業は多いものですから、資金調達が容易になるメリットは非常に大きなものがあります。
また、社会的な信用が高まるのもフォルスクラブを作る会社にとっては非常に大きなメリットになります。
特にフォルスクラブのようなサービスは信用が重要となりますから、社会的な信用が得られるのは資金調達の容易さよりもメリットが大きいと言えるでしょう。

■上場にはデメリットもある

フォルスクラブを作る会社だけでなく、世の中の多くの企業は上場を目指しますが、上場は必ずしもメリットだけとは限りません。
まず、株式を公開すると誰でも株を買うことができますから、敵対する企業に株式を買い取られて乗っ取られてしまったりすることがあります。
そこまで行かなくても株式会社は、株主のものであるため上場をしてしまうと株主の意向にそって経営を進めて行かなければならないため、今までのような柔軟な経営ができなくなってしまうという欠点もあります。
上場は良いことばかりと思われがちですが、デメリットも確かに存在するのです。

■従業員目線でもデメリットがある

上場のデメリットは企業目線からだけでなく、従業員目線でもあることを知っておく必要があります。
従業員目線でデメリットとなるのが、給料に関することです。
あまり知られていませんが、上場企業は勝手に従業員の給料を決めることができません。
そのため、どれだけ成果を上げていたとしても簡単に給料を上げてもらうということができないのです。
すぐに下がってしまうこともないと考えれば一概に悪いことだけとは言えませんが、フォルスクラブのように努力をすればそれだけ報われるということがなければ、モチベーションの低下につながってしまいます。
また、昇給や昇進の許可を出すのが証券会社という問題点もあります。

■フォルスクラブを作る会社は上場をしたほうが良いのか

上場をするに当たってメリットとデメリットがあるということがわかった上で、フォルスクラブを作る会社が上場をした方が良いのか悪いのかということになりますが、総合的に見れば上場したほうがメリットは大きいと言えるでしょう。
資金調達がしやすくなるというのは企業にとって大きな魅力であり、またフォルスクラブのようなサービス自体は優れていても一般的な認知が少ないものというのは、社会的な信用の有無が大きな影響を与えることになります。
上場をして社会的な信用が得られれば多くの人が安心して利用できるようになり、更に利用者の獲得に繋がりひいてはサービスの拡充につながっていくというわけです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です