増え続けているマルチ商品

フォルスクラブのように、現在発売されている商品やサービスの多くは、マルチ商品です。
たとえば一人で遊ぶものと言われてきたテレビゲームは、ネットを介して離れた場所にいる友だちと対戦できます。
見ず知らずの海外のプレイヤーとも対戦や協力ができますから、一人で遊ぶものとは言えないでしょう。
マルチ商品はテレビゲームの他にも多数あって、たとえば家庭にあるラジオもCDが聴けたりします。
スマートフォンも電話を掛けるだけではなく、ネットを使ったりアプリでいろいろなことができますから、立派なマルチ商品です。
このように世の中のあらゆるものはマルチ商品、いわゆるマルチメディア化していますから、シングルメディアを探すのは非常に難しい状況です。

衰退しているマルチ商品になれないシングルメディア

現在もシングルメディアを貫く代表的なものと言えば、新聞です。
新聞は紙で発行されるだけなので、購読率はかなり低下しています。
特に若い世代では新聞を契約していない家庭は多く、メインターゲットである高齢者ですら購読率は低下していると言われるほどです。
ここまで購読率が下がったのは、新聞がシングルメディアだからです。
フォルスクラブのようにマルチ商品化することができなかったので、購読率が下がり新聞業界は衰退しています。
購読率の低下に歯止めがかからなくなり、ようやく新聞業界もマルチ商品化に舵を切り始めました。
これまで紙面でしか読めなかった新聞の電子版を発行し、ネットでも読めるようにしてようやくマルチ商品になりつつあります。
しかしそれでも購読率の抜本的な改善に繋がっていないので、今後の行方には注意が必要です。無料ニュースが非常に多いので、誰も有料ニュースに見向きもしません。

マルチ商品化で人気を集めているフォルスクラブ

フォルスクラブは、早くからマルチ商品化しています。
たとえばパソコンだけではなくスマートフォンやタブレット端末にもフォルスクラブは対応しており、自宅以外でもスムーズに利用可能です。
若い人ほどパソコンの所有率は低くスマートフォンなら必ず持っていると言っても良いほど普及しているので、利用デバイスのマルチ商品化はフォルスクラブの普及に大きく貢献したでしょう。
学生が通学の途中に、フォルスクラブで勉強する光景を見たことがある人もいるかもしれません。

利用アカウントもマルチ商品化しているフォルスクラブ

フォルスクラブでは、利用デバイスだけではなくアカウントもマルチメディアです。
一般的にサービスを契約したら、同時にリオ湯できるのは1人か多くても2人ぐらいです。
そのためフォルスクラブのような学習サービスを家族全員で使おうとすると、人数分契約しなければいけないので金銭的な負担は増します。
しかしフォルスクラブでは、1アカウントで同居する家族5人まで利用可能です。
つまり兄弟みんなが同時にフォルスクラブを使える可能性は高く、パパやママも勉強できます。
このようにさまざまな部分でマルチ商品化しているからこそ、フォルスクラブは人気があるのでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です