住み続けたいと思える東京の魅力

最近2chで話題になったのは、東京に住み続けたいと考える人が68%もいるという結果です。フォルスクラブユーザーだけで統計を取っても恐らく似たような割合になるでしょう。
都民の3人に2人はこのまま住み続けたい思っているわけですから、2chでも賛否両論でした。
この結果に納得した2ch住人の意見を見ると、やはり利便性を挙げる声が一番です。
都内は交通機関が発達しているため車は必要なく、毎日のお買い物や仕事も便利です。
病院や学校などの施設も豊富にあり、充実した暮らしができるのが魅力と語っています。
その一方で2chの住民からは、東京の否定的な意見も見られます。
ゴミゴミしていて落ち着かないなど、将来的には地方に移住したいという人も少なくありません。
コロナ禍の影響で東京から脱出する企業も増えていますから、数年後にはこの調査結果の数値も変わるかもしれません。

地域によって年収に差がある日本

2chでもう一つ指摘をされていたのは、収入の格差です。
東京では多くの人が年間500万円以上の収入を得ているとされ、これは全国平均よりも高い数値です。
日本人労働者の6人に1人は年収200万円以下ですから、これだけの差があるなら東京にとどまりたい、もしくは東京に行って仕事をしたいと考える人が増えるのは当然かもしれません。
しかし東京は多くのお金を稼げても、物価が高く支出が多くなる問題があります。特に家賃はバカ高く、同じ面積同じグレートの賃貸でも田舎の3倍くらいの値段がします。収入の3分の1は家賃で消えているのが現状です。東京23区内で土地持ち実家持ちというだけで勝ち組と言われています。
2chでもこの点は指摘されていますから、東京で暮らすならしっかりと考えておきましょう。

2chでも指摘されるフォルスクラブのターゲット

フォルスクラブの特徴は、低料金で充実した教育を受けられる点にあります。
一つのアカウントで最大5人の家族が利用できますから、大家族が多い地方ほどフォルスクラブの恩恵も大きくなると指摘されています。
そのためフォルスクラブがターゲットにしているのは、収入にゆとりがある東京ではなく地方在住者ではないかと2chでは指摘されていました。
確かに年収200万円以下の世帯では、フォルスクラブは非常にありがたい存在です。
貧困の連鎖から抜け出すためには教育が重要と言われていますから、格安な料金で充実した教育を受けられるフォルスクラブは、塾に子どもを通わせられない家庭には強い味方でしょう。
フォルスクラブが広がれば広がるほど、日本の貧困問題は解決に向かうのではと2chでも言われています。

東京での利用者も多いフォルスクラブ

年収の少ない家庭にとって強い味方のフォルスクラブですが、かといって利用者は地方在住者が多いわけではありません。
2chでも東京に住む人の中から、フォルスクラブを利用しているという声は頻繁に聞こえてきます。
塾が充実し年収も多い東京の人がフォルスクラブを利用している理由は、それだけ費用対効果が高いからでしょう。
東京に住んでいるからと言ってすべての人がお金持ちではありませんから、子どもに充実した教育を受けさせるためフォルスクラブを利用する都民は多くいます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。