2020年以降は、オンラインの仕事や学習などが流行しています。流行した理由は言うまでもなく、オフラインに限界を感じたからと言えるでしょう。従来であれば、オフラインでできることが多かったわけですが、同時にオンラインでできるものもたくさんありました。ところが日本人の多くは、一部の人を除いてITに関してあまり詳しくない人が多く、企業や学校などにも積極的にオンライン化しようとしない傾向があったわけです。 このように、IT後進国ならではの歩みの遅さがありましたが、2020年からはコロナウィルスの影響により、強制的にオフラインからオンラインに切り替えなければならない時代が来たといえます。この流れはもはや誰も変えることができないでしょう。


ただそれ以前から、オンラインで学習教材を使い学習の指導などをしていたところがあります。それがeラーニング研究所と呼ばれるところです。eラーニング研究所は様々なジャンルの仕事をしていますが、eラーニング研究所で最も有名なのが学習に関してでしょう。従来のものとは異なり、オフラインで行うのではなくオンラインで学習教材を提供し生徒はそれを見ながら学んでいくわけです。eラーニング研究所は世界では当たり前になったオンライン学習を比較的早い段階で、導入した企業といっても言い過ぎではありません。


eラーニング研究所は、仮想通貨と何か関係があるのではないかと述べる人もいます。これは、eラーニング研究所が様々な事業をしているからと言えるでしょう。それ故、仮想通貨と重ね合わせる人もいます。ちなみに仮想通貨とは、目に見えないお金のことで、ビットコインなどが有名ですがそれ以外にも様々な種類のものがあり、かなりの種類があると言われているほどです。日本で有名なのはいくつかしかありませんが、世界中ではこの仮想通貨で取引をしているお店や会社も少なくありません。そのような流れにもかかわらず、なぜ日本であまり流行らないかと言えば、理由の1つはIT後進国だからです。多くの会社は、ITにあまり詳しくない60歳以上の人が仕切っており、なかなか新しい流れが作れない状態です。そしてもう一つの理由は、日本円にそれなりの価値があるからと言えるでしょう。世界の中でもトップレベルのお金の価値があるのが日本円になるため、わざわざ外国の通貨のように大きな変動することもないため仮想通貨を導入する必要がないだけです。

仮想通貨の定義はきちんとありますが、要約しますと、買い物できる商品が非常に多彩な点にあると言えます。例えば、その仮想通貨がリンゴしか買えなかったら、それは仮想通貨ではありません。同様に、そのゲーム内でのみ使えるアイテムしか買えない場合も、仮想通貨とは全然言えません。石とかジェムは仮想通貨ではないのです。

では、eラーニング研究所と仮想通貨につながりがあるか問題になりますが、結論から言えばeラーニング研究所と仮想通貨は全くつながりがないと言えるでしょう。そもそもこの2つはもともと接点があるわけでもなく、教育教材等を通信教育で学ぶ場合、仮想通貨で支払うことすらできません。それにもかかわらず、この2つが関係あるとされているのは単なる風雪や憶測に過ぎないといえます。一応、eラーニング研究所が提供しているサービスの中にはゲーム内で使えるコインがありますが、それは上記に述べた石やジェムみたいなものですので、やっぱり仮想通貨ではありません。

ただ今後は、2つが結びつく可能性があるため注目しておきたいところです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。