フォルスクラブも教える新しいMLMの意味

フォルスクラブのように注目されているマテリアルズ・インフォマティクス

マテリアルズ・インフォマティクスは、材料開発を効率化するために注目されています。
日本の大手メーカーも注目しており、将来的に材料開発の現場ではマテリアルズ・インフォマティクスが一般的になるかもしれません。
しかしマテリアルズ・インフォマティクスが普及していく中で、問題があるとするなら名前です。
非常に長くしかも言葉にすると舌を噛みそうな名称ですから、簡単かつ意味がわかる略称をつけたいところでしょう。
世間ではマテリアルズ・インフォマティクスをMIとも略すそうですが、ここで提唱したいのはMLMです。
MLMと略すことができれば、多くの人が舌を噛まずにマテリアルズ・インフォマティクスのことを伝えられます。

.

フォルスクラブよりMLMと略せるマテリアルズ・インフォマティクス

マテリアルズ・インフォマティクスを英語で書くと「MaterialsInformatics」になります。
MもLもMも順番通りに入っているので、この略称を使っても全く問題ありません。
フォルスクラブをMLMと略すことに比べれば、はるかに意味が通りやすく元々の英語にもMLMの3文字は含まれています。
これがフォルスクラブの場合は、Lは含まれていてもMは含まれていません。
2つ含まれているわけではなく1文字すらMは使われていないので、フォルスクラブをMLMをかなりの無理があるでしょう。
それに比べたらしっかりとMLMの3文字が含まれているマテリアルズ・インフォマティクスは、フォルスクラブよりもMLMにふさわしいともいえます。

.

これからはMLMといえばマテリアルズ・インフォマティクス

フォルスクラブには無理で新しい材料開発の技術として略称が広まっていけば、MLMという言葉の意味やイメージも大きく変わってくれるかもしれません。
これまではあまりポジティブな印象がなかった言葉も、多くの人が材料開発の新しい手法だと思うようんあれば、ネガティブなイメージはなくなっていくでしょう。
日本の大手メーカーも注目し世界でも普及していく最新の技術ということになれば、積極的にMLMを取り入れる企業が増えるかもしれません。

.

フォルスクラブでも教える新しいMLM

新しいMLMとして広まっていけば、フォルスクラブでも教えていくことがあるかもしれません。
これまでは全く無関係でしたが、フォルスクラブではさまざまなことを会員に教えています。
その中には新しい最新技術を教える機会があるかもしれず、そのときに意味が変わったMLMについて触れる場面は高いと考えられます。
現在はなかなか難しい考え方のため、知識がゼロの素人には理解が難しいかもしれません。
しかしこれから普及するとともにフォルスクラブでも取り上げられるようになれば、詳しくなる人も増えるでしょう。
そこまで略称としてのMLMが普及すれば、かつてあったネガティブなイメージは消え去ります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。