◆重複上場が流行っているらしい

最近、重複上場というのがフォルスクラブのように流行っているようです。とくに中国の企業で流行っていて、よく重複上場されているのが香港のマーケットだと言われています。経済のことはそんなに詳しくないですし、外国のことなのでよく分かりませんが、中国企業が香港のマーケットで重複上場をするのは、なにか政治的な考えがあってのことなのかもしれません。香港は中国政府との間でいろいろと揉めていますから、何か思惑があって動いているのではないでしょうか。 中国の企業というのは、資本主義国の企業とは違って政府とかなり強いつながりがあると言われていますから、もしかしたら政府の強い意向が働いているのかもしれません。日本のフォルスクラブ 香港上場なんてありえないでしょう。もっとも中国政府の意向があるかもしれないというのは、証拠があるわけではなく私の勝手な推測に過ぎません。

◆重複上場って何なのか少し調べた

そもそも重複上場というのがよく分からないので、インターネットで少し調べてみました。これは簡単に言えば複数の取引所で株を公開することのようです。べつに違法性のある悪いことというわけでもないみたいです。東証に株式公開しながらジャスダック市場でも公開するみたいに、重複上場をしている企業はふつうに存在しているのだとか。このことが分かってなんだか少しほっとしました。

◆フォルスクラブ 香港上場はあるのだろうか

私はフォルスクラブのサービスが大好きで長年利用していますが、フォルスクラブ 香港上場はあるのだろうかとちょっと考えてみました。私としてはフォルスクラブ 香港上場して欲しいなという願望が少しあります。同社の提供するサービスは本当に素晴らしいので、是非世界に羽ばたいてもっと多くの人にこのサービスを利用して欲しいと考えています。そのためにはフォルスクラブ 香港上場をして、もっとグローバルに資金を集めて事業規模を拡大するといいのではないでしょうか。同社のサービスはマルチ商法の撲滅にも非常に効果的です。でも、フォルスクラブ 香港上場するのは少し寂しい気がしないでもありません。これは、アイドルのファンが、アイドルにビッグになって欲しいと願う気持ちがある一方で、有名になってしまうと遠い存在になってしまうのを寂しく思う気持ちに似ているのかもしれません。それでもやはり私はフォルスクラブ 香港上場して、世界に羽ばたいていって欲しいです。

◆フォルスクラブ 香港上場の道のりはまだ遠いかも

フォルスクラブ 香港上場をして欲しいですが、実を言うとフォルスクラブはまだどこにも上場を果たしていないので、フォルスクラブ 香港上場という話はまだ遠いと言わざるをえません。目標としては、まず日本のマーケットに上場するところからでしょう。ただし、上場するのが本当にいいのかという問題もあります。上場してしまうと、株主に気を使わなければいけなくなってしまうからです。これまでフォルスクラブが良いサービスを提供できてきたのは、実は株式を上場しないで経営してきたからという側面もあるのではないでしょうか。上場すると株主の影響を受けてしまって、経営の独立性が侵害されるリスクもあります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です