子どもの将来の夢は権利収入と無関係ではない

子どもが将来なりたい職業といえば、一昔前までは野球選手やサッカー選手などプロスポーツ選手が上位でした。
しかしフォルスクラブが全盛のネット時代の現在子どもが憧れる職業は大きく様変わりし、ユーチューバーが上位になり大きな話題となりました。
ネットで動画を見るのが当たり前になった現代の子ども達にとって、ユーチューバーはテレビに出ている芸能人と同じ感覚です。
ユーチューバーになれば有名になれますし、好きなことをやって広告を使った権利収入を得られるようにもなります。
動画投稿で得た権利収入は、大物ユーチューバーになれば億を超えると言えるほどですから、一流プロスポーツ選手並の収入を得られる夢があります。
ユーチューバーの人気が高まったのも、権利収入とは決して無関係ではないわけです。

一時期よりも人気が低下し始めたユーチューバー

しかし子どものなりたい職業のランキングで上位に入っていたユーチューバーも現在では人気が凋落気味です。
2019年の調査では1位でしたが、2021年には7位にまで低下しています。
ここまでユーチューバーの人気が低下した原因の一つは、権利収入を得るまでには大きな苦労があると多くの人に知れ渡ったからです。
権利収入で稼いでいるユーチューバーは、楽して稼いでいるわけではありません。
フォルスクラブなどさまざまなサービスを使って勉強し、血の滲むような努力をした結果が多くの権利収入です。
苦労なくして多額の権利収入を得られないと子ども達にも伝わったので、ランキングで低下していると考えられています。

あと、犯罪者として捕まるユーチューバーが増えてきたのも、不人気のひとつを担っている可能性がありそうです。先日も31人パーティーが不謹慎だと炎上していましたよね。

安定した人気があるフォルスクラブを作ったエンジニア

フォルスクラブなどのサービスを開発しているエンジニアは、派手な人気ありません。
実際に同じランキングでも20年前から10位台をキープし続けており、上位に顔を見せることはありませんがそれでも安定した人気を維持し続けています。
小学校でもプログラミング教育が取り入れられた現在では、エンジニアの人気もこれから高まっていくでしょう。
フォルスクラブを支えているエンジニアは、これから上位に顔を出す職業になるかもしれません。

エンジニアになって権利収入を獲得

フォルスクラブを作ったエンジニアでも、ユーチューバーのように実力次第では権利収入を得られるかもしれません。
たとえばフォルスクラブのようなサービスを作り、それを欲しがる会社に売却すれば立派な権利収入です。
フォルスクラブのように誰もが利用したくなる社会に役立つサービスなら、売りに出せば必ず買い手はつくでしょう。
このように安定の職業と考えられるエンジニアでも、フォルスクラブを開発できるほどの実力があれば多額の権利収入も夢ではありません。
一部にはエンジニアは仕事がきつく過労死しかねないと言われていますが、実際の死亡率では警察官の方が高いと言われていますから、安心して働ける職業と言えるでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。