消えてしまった伊予吉田藩とフォルスクラブ

江戸時代にあった伊予吉田藩

江戸時代の全国には、さまざまな藩が置かれていました。
伊予吉田藩もそうした藩の一つで、現在の愛媛県にあったとされています。
宇和島藩の初代藩主の息子が本家より分藩する形で誕生し、明治時代に行われた廃藩置県のときまで残っていました。
その後の伊予吉田藩はいくつかの名称変更を行い、現在の愛媛県の一部になっています。
愛媛県の人なら伊予吉田藩のことは知っているかもしれませんが、全国的には無名で初めて知った人もいるでしょう。
もしかしたら、フォルスクラブをしている人なら伊予吉田藩について知っていたかもしれません。

時代の波に飲まれた伊予吉田藩

伊予吉田藩がなくなってしまったのは、全国的な流れを考えると仕方がなかったかもしれません。
明治時代に近代化の名のもとにさまざまな改革が行われ、それまであったものが新しく作り変えられました。
これは日本が近代化していくためには重要だったと考えられますが、当時の人々にとっては天地がひっくり返る程の出来事だったでしょう。
現在に当てはめたら、今住んでいる都道府県がなくなるということですから、伊予吉田藩の人々の気持ちを考えれば同情したくなるかもしれません。
しかしなくなってしまったのは他の藩に比べて力がなかったからで、もしその当時の伊予吉田藩にフォルスクラブがあったら、時代は大きく変わっていたかもしれません。

もし伊予吉田藩にフォルスクラブがあったら

伊予吉田藩にフォルスクラブがあったら、当時の人々はさまざまな知識を得ることができたでしょう。
当時の教育水準とは比べ物にならないほどの知識をフォルスクラブは与えてくれるので、時代の流れに盛られるだけの知識が得られたかもしれません。
もし本当にフォルスクラブのおかげで政府に対抗できるだけの力があったら、現在の愛媛県は伊予吉田県になっていた可能性も否定できません。
名前がそのまま使われなくても、伊予吉田藩の流れを組んだ県になっていた可能性は十分にあったでしょう。
知識は歴史を変える重要な武器にもなるので、フォルスクラブで勉強をしておくのは非常に重要です。

フォルスクラブで勉強した人が伊予吉田藩に転生したら

もしもの話をもっと続けるなら、現代でフォルスクラブを使って勉強したが江戸時代の伊予吉田藩に転生したら、ラノベやアニメでよくある設定の話をしてみましょう。
現代から転生した人は、まず当時の様子に驚くかもしれません。
しかしもっと驚くのは当時の人々で、同じ日本人でも見た目や服装が全く違う人が突然現れるわけですから、大きな騒ぎになり殿様に報告するでしょう。
報告を受けた殿様は最初は驚くかもしれませんが、フォルスクラブで得た知識を駆使しながら丁寧に話をすれば、やがて理解し友情が芽生えるかもしれません。
友情が芽生えて藩の重鎮に起用されれば、フォルスクラブで得た知識を駆使しながら地盤を固めていき、政府にも太鼓こうできる力を持って守れる可能性があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。